2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« フラワーCはトレンドハンター | メイン | 毎日杯はレッドデイヴィス »

2011年3月30日 (水)

レーヴディソール骨折

やはり……という言葉が脳裏をよぎった方も多かったのではないかと思います。周知のとおり、父アグネスタキオン、母レーヴドスカーはいずれも体質的に丈夫とはいえない血統。シーズン開幕前からこうした懸念はささやかれていました。今年のアグネスタキオン産駒の有力馬は、途中でリタイアする馬が見当たらず、どれもこれも順調でした。レーヴディソールにしても、潜在的な不安があることを忘れそうなくらい、これまでは何事もなかったのですが……。本当に残念というほかありません。屈腱炎などと異なり骨折は元通りに治ります。そこは不幸中の幸いでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26227219

レーヴディソール骨折を参照しているブログ:

コメント

POなんで残念です…。

悲願のGIを取ってくれて、上もナイアガラ除いて3歳走りきった馬もいないので6ヶ月以上休養するのであれば思いきって繁殖入りもありかなと。ここには牝系を繋げてもらいたいですから。

心中お察しします。桜花賞まで2週間を切った時点でこれはキツイですね。いますぐかどうかは別として、歴史的名牝に遜色のない能力の持ち主なので、なんとか無事に繁殖入りしてほしいと思います。

以前から栗山さんが心配されていてレース当日より翌日にこういう記事が出ない事でホッとしていたのですが…やっぱりと言いますか、ここでもやはり血の繋がりを感じずにはいられません。
ダービー、凱旋門と夢の途中でしたがそれはまた次の世代に繋がるもので、最低ではありますが最悪な結果でなかった事がせめてもの救いです。

いいところも悪いところも伝わるのが遺伝であり、あの素晴らしい能力も、今回の骨折も、まさに血統の成せる業です。ウエスタンビーナスのようなことにならなかったのは不幸中の幸いです。これだけの名牝ですから無理はしてほしくないですね。じっくり治してほしいです。

レーヴディソール残念ですね。血統的にこういった事態も予測していましたが、現実に故障するとやはりショックですね。クラシックの楽しみが一つ消えてしまいました。この後、無事に復帰できるか分かりませんがファンの一人として信じたいですね。例えそうならなくても繁殖牝馬として頑張ってほしいです。素晴らしい能力を持った牝馬であり牝系ですから。

今年中に復帰できるのか、それとも来年から始動なのか、そのあたりはわかりませんが、体質の強いタイプではなさそうなので、じっくり急がずやってほしいですし、わずかでも不安な点があれば繁殖に上げてほしいなぁと、無責任な外野としてはそう思います。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!