2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

天皇賞・秋はトーセンジョーダン

レース前半、かなりのペースでレースが展開していることは分かりましたが、1000m通過が「56秒5」とターフビジョンに表示されると場内がドッと湧きました。逃げたシルポートが残り300mで馬群に飲み込まれたあともペースは落ちることなく、馬場中央を突き抜けた△トーセンジョーダン(7番人気)が1分56秒1の日本レコードで快勝しました。
http://www.youtube.com/watch?v=wbCnkopLCkk

1800mの通過1分44秒3は、同距離のコースレコード(1分44秒2=チョウサン)と0秒1しか違いません。2000mの旧レコード(1分57秒2=ウオッカ)が樹立された3年前の当レースは、この距離を1分44秒6で通過したものの、最後の1ハロンで12秒6とラップを落としました。今回は11秒8で締めくくったので大レコードとなりました。

◎ペルーサ(6番人気)は好スタートを決め、後方で折り合いがつきました。個人的には超ハイペースの展開に内心しめしめ……という気分で、直線で大外に持ち出したときには差し切れると思いましたが、惜しくも届かず3着。思いのほか前がしぶとかったですね。

『netkeiba.ocm』の「No.1予想」、『ウマニティ』に提供した予想は△○◎で3連単21万4010円的中。連単系マルチに買い目を設定していたので高配当が的中しました。予想文を転載します。

「◎ペルーサは『ゼンノロブロイ×キャンディストライプス』という組み合わせで、母アルゼンチンスターの全姉に亜チャンピオン牝馬で米G1も制したディフェレントがいる良血。昨年5月の青葉賞(G2)を勝った際は、いずれ日本を背負って立つ名馬になるだろうとの期待感があったが、それを最後に勝ち星がなく現在7連敗中。しかし、たそがれたイメージとは裏腹に今回の休養中にガラリ一変。稽古で抜群の時計を連発している。思えば父ゼンノロブロイも4歳秋に一変し、天皇賞・秋→ジャパンC→有馬記念とG1を3連勝した。ここにきての急上昇は父の軌跡と重なって見える。ゼンノロブロイ産駒は東京芝2000mで連対率48%(23戦11連対)と驚異的な成績を挙げており、ペルーサ自身、昨年の天皇賞・秋でブエナビスタの2着と好走している。この条件はベストに近く、休み明けだからこそ配当面の妙味もある。」

馬体重はプラス14キロ(520キロ)。太いというよりも筋肉の盛り上がりが目立ち、明らかにスケールアップしていました。反動が出なければジャパンCでも勝ち負けに持ち込めそうです。

2着○ダーウシャドウ(2番人気)は直線半ばで前が開かず、外側に進路を変えた不利が痛かったですね。あれがなければ……と惜しまれます。大阪杯でG1馬に伍して2着、前走の毎日王冠では安田記念馬リアルインパクトに先着しているのですから、今回のメンバーに交じっても格下ということはありません。ゴール前の追い比べでは、尾を振って内にモタれ、苦しがっていました。最後の一滴までガソリンを使い切ったような走りだったので、反動がやや心配です。

勝ったトーセンジョーダンはジャングルポケット産駒。スパッと切れるタイプではないだけに瞬発力勝負になるとやや劣勢では、という気がしていました。スピードの持続力が要求される超ハイペースになったことが幸いしました。とはいえ、トップレベルのG1をレコードで制したわけですから、もちろん展開が向いたことだけが勝因ではありません。この馬自身、厳しい流れを追走しながら上がり3ハロンはメンバー中2位の34秒2。地力強化は明らかです。晩成型の血がようやく開花してきたのでしょう。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2006103169/

当ブログで再三示しているとおり、配合構成は2年前の天皇賞・秋、マイルCSを制したカンパニーに酷似しています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2001103435/

            ┌ トニービン
          ┌○┤ ┌ Nureyev(≒Sadler's Wells)
トーセンジョーダン ┤ └○┘
          └ エヴリウィスパー(=ブリリアントベリー)

            ┌ トニービン
          ┌○┤ ┌ Sadler's Wells(≒Nureyev)
カンパニー ――――┤ └○┘
          └ ブリリアントベリー(=エヴリウィスパー)

カンパニーは長らくG2大将というポジションでしたが、8歳にして本格化し、G1を勝ちました。配合がよく似たトーセンジョーダンもこれから旬を迎えるのではないでしょうか。フロックではないでしょう。

両馬の2代母クラフティワイフの牝系は、トニービン系と絶好の相性を示しており、トーセンジョーダンとカンパニーのほかにも、レニングラード、バトルバニヤンといった活躍馬が出ています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1999107047/
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2004102878/

          ┌ トニービン
レニングラード ――┤
          └ ブリリアントベリー(=エヴリウィスパー)

            ┌ トニービン
          ┌○┘
バトルバニヤン ――┤
          └ クラフティワイフ

非常に分かりやすいニックスなので、トーセンジョーダンは以前POGで指名していました。個人的にも思い入れのある馬です。この秋、ジャングルポケット産駒はアヴェンチュラ(秋華賞)に次いで2頭目のG1制覇となりました。

もともとトニービンとノーザンテーストの組み合わせは東京コースのG1に強く、90年代にはサクラチトセオーとエアグルーヴが天皇賞・秋を勝っています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1990108898/
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1993109154/

          ┌ トニービン
サクラチトセオー ―┤ ┌ ノーザンテースト
          └○┘

          ┌ トニービン
エアグルーヴ ―――┤ ┌ ノーザンテースト
          └○┘

これらに加え、トーセンジョーダン、カンパニーを含めてあらためて思うのは、“Hyperion の勝利”である、ということ。トニービンもノーザンテーストも Hyperion が主要な構成要素です。府中の長い直線で底力勝負になったとき、この血は頼りになります。Hyperion については以下のエントリーご参照ください。

★Hyperion 没後50年(前)
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/12/hyperion-a60d.html
★Hyperion 没後50年(後)
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/12/hyperion-4e5d.html
★Hyperion とウォルター・オルストン(1)
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/12/hyperion-7206.html
★Hyperion とウォルター・オルストン(2)
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/12/hyperion-5de0.html
★Hyperion とウォルター・オルストン(3)
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/12/hyperion-58a6.html

周知のとおり、トーセンジョーダンがここに至るまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。裂蹄により二度の長期休養を余儀なくされ、クラシックも棒に振りました。ここまでよく這い上がったものです。サンデーサイレンスを含まない血統なのでいずれ種牡馬となったときに重宝されるでしょう。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

2011年10月30日 (日)

ドクタースパート死す

88年の3歳世代は、オグリキャップ、サッカーボーイ、スーパークリークなど競馬史に名を刻むスターホースが目白押し。2つ下の90年世代も、メジロマックイーン、メジロライアン、メジロパーマーのメジロ三銃士が現れて賑やかでした。しかし、その間に挟まれた89年世代はひたすら地味で、結果的に最も目立った馬は15歳まで走ったミスタートウジンだったような気がします。

ドクタースパートはあまり強いとはいえない世代の皐月賞馬。道営競馬の出身です。地方競馬でデビューした馬が牡馬クラシックを勝ったのは、いまのところこの馬が最後です(牝馬はオグリローマンが94年の桜花賞を勝っています)。地方出身の皐月賞制覇はその16年前にハイセイコーが成し遂げていますが、ドクタースパートとハイセイコーは同じダルモーガンの牝系から誕生しているという共通点があります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1986101204/

ダルモーガンは大井競馬場がオーストラリアから輸入した牝馬で、俗にいう「豪サラ」。ハイセイコーはチャイナロックの子、ドクタースパートの母の父タケシバオーもチャイナロックの子なので、両者は牝系が同じというだけでなくチャイナロックが入る点も同じです。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a000b7f/

ドクタースパートは新冠の須崎光治さんが生産しました。須崎光治さんといえばスズユウ(東京ダービー、帝王賞、東京大賞典)の生産者としても知られています。スズユウはドクタースパートの2代母の半弟。ややこしいので牝系図に示します。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1978103154/

 ダルモーガン(f.1950.Beau Son)
  ロンジー(f.1954.ビッグヴイ)
  │パルスター(f.1966.シプリアニ)
  │ ロダンエーコ(f1.1972.ロダン)
  │ │ドクターノーブル(f.1980.タケシバオー)
  │ │ ドクタースパート(c.1986.ホスピタリテイ)
  │ スズユウ(c.1978.トラフィック)
  ハイユウ(f.1961.カリム)
   ハイセイコー(c.1970.チャイナロック)

ドクタースパートの父ホスピタリテイは、大井競馬で羽田盃を含め8戦全勝、中央移籍後もセントライト記念を制した名馬です。つまり、ドクタースパートは父も牝系も大井競馬と深いつながりがあります。パワー満点の配合(母は Rockefella 3×5)なので、不良馬場を泥だらけになって抜け出してきた皐月賞は、この馬に最も合った舞台だったといえるでしょう。

あらためて血統表を眺めると時代を感じさせます。父ホスピタリテイ、母の父タケシバオーはいずれも Hyperion 系。ちなみに、翌年の皐月賞を制したハクタイセイはハイセイコー産駒で、これまた Hyperion 系でした。トニービン、ブライアンズタイム、サンデーサイレンスが相次いでデビューを果たした90年代前半に、日本血統は大きく転換していきます。ドクタースパートやハクタイセイは、前時代の末尾に現れた活躍馬です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1987104019/

ドクタースパートについて印象に残っているのは、皐月賞を除けば中央転入初戦の京成杯3歳S(G2)ですね。当時は笠松出身のオグリキャップが競馬ブームを盛り上げ始めたころでした。ドクタースパートも「道営の北海道3歳優駿をレコード勝ちした大物」という触れ込みだったので、どんなものだろうかと観戦に出掛けたのを覚えています。パドックでは決して見栄えはしないものの、キャリアがある強みなのか、ほかの7頭とは完成度が違っていました。それが強く印象に残りました。レースでは後方待機策から追い込んで前をキッチリとらえました。

ちなみに、そのレースにはエレクトロアートという牝馬が出走していました(6着)。しかし、どう記憶をまさぐっても当時の姿が思い出せません。オルフェーヴルとドリームジャーニーの2代母です。

2011年10月29日 (土)

「“ドナー150”を探して ~精子提供者と子どもたち~」

10月25日深夜にNHK・BS1で放送された『BS世界のドキュメンタリー』は、そのスリリングな内容に思わず惹き込まれました。タイトルは「“ドナー150”を探して ~精子提供者と子どもたち~」。アメリカを舞台に制作されたイギリスの作品です。

“ドナー150”とは精子提供者を示す番号のこと。アメリカには精子バンクという商売があり、主に伴侶のいない女性の希望によって、知能、外見、人種など、さまざまな条件に合致した精子が販売されています。アメリカではこれまで100万人以上が人工授精により生を享けたと言われています。

主人公の女子大生ジョーエレンもそのひとりで、自らのルーツを探るために、同じ精子提供者の子を探すことができるサイトに登録します。すると、異母姉ダニエルからメールが届き、やがて対面を果たします。そのストーリーが新聞に紹介されると、“ドナー150”の子供たちが次々と名乗りをあげ、全米中に異母きょうだいが少なくとも14人いることが判明しました。

それまで自らのルーツに不安を抱きながら生きてきたところに、いきなりビッグダディ家のような大家族が目の前に立ち現われ、自分がその一員であると知らされるのですから、アイデンティティの混乱はかなりのものであると想像します。しかし、アメリカ人の気質なのか、みな屈託なく明るいですね。

映像に登場する何人かは顔の造作が似ています。父親が同じなので当然といえば当然です。そして、14人のきょうだいたちが一堂に会したとき、バラバラに育ったはずの彼らが持つそれ以外の共通点に驚きの声が挙がりました。

・フォークの持ち方
・髪をかきあげる仕草
・笑いのツボ
・ストレートな物言い
・動物好き
・成績優秀
・ピアノが弾ける
・論理的
・リーダーシップ
・哲学好き
・自立心旺盛
・社交的
・飽きっぽい
・すぐ道に迷う

フォークの持ち方の遺伝子や、髪をかきあげる仕草の遺伝子は、もちろん存在しません。しかしながら、何らかの遺伝的な影響によって、別々に育ったきょうだいたちに同じ特徴が表れているのです。このあたりは神秘的としか言いようがありません。

サラブレッドの遺伝はまさにこれと同じですね。同じ種牡馬の子は程度の差こそあれ似たような特徴を持っています。育成の方のお話をうかがうと「○○の子はみんなうるさくてね」「××の子はまじめですよ」という話が出てきます。複雑な精神領域を伴った人間という生き物でさえ、父が同じというだけでさまざまな共通点があるのですから、走ることに特化したサラブレッドはもっとダイレクトに共通点が表れてくるように思います。

ある日、ジョーエレンのもとに“ドナー150”からメールが届きます。彼女は、それを頼りに彼の住むカリフォルニアへ向かいます。長年探し求めていた“ドナー150”、すなわち実の父は、海岸沿いのキャンピングカーをねぐらとし、たったひとりで犬や鳩と気ままなヒッピー風の生活を営んでいました。初めて対面した父と娘は喜びを分かち合います。やはりジョーエレンの顔は父の特徴を受け継いでいました。

その後、ほかのきょうだいも合流し、西海岸の陽光のもとで“ドナー150”と子供たちは自転車遊びに興じます。たしかに遺伝的には親子でありきょうだいではありますが、どことなくぎこちない集団。そのシーンは、明るさのなかに胸が締め付けられるような重さを孕んでいて、なんともいえない余韻を残しました。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

2011年10月28日 (金)

オルフェーヴル有馬記念へ

1970年に英三冠を達成した Nijinsky は、三冠目の英セントレジャーを勝ったあと、フランスの凱旋門賞に出走しました。当然のように大本命に推されたものの、伏兵 Sassafras の2着に敗れ、デビュー以来12戦目にして初の敗北を喫しました。

『新・世界の名馬』(原田俊治著・サラブレッド血統センター)に収められたニジンスキーの物語のなかで、同馬の馬主チャールズ・エンゲルハード氏は、「セントレジャーのあの距離がニジンスキーの精力を予想以上に奪いとってしまった」と、凱旋門賞の敗因について語っています。同馬は凱旋門賞のあとに出走したチャンピオンSでも Lorenzaccio の2着と敗れ、調子を戻すことなくターフを去りました。競馬史に残る偉大な名馬にしては少々寂しい幕切れだったといえるでしょう。

先日、菊花賞を勝ち史上7頭目の三冠馬となったオルフェーヴルは、ジャパンCを回避し、暮れの有馬記念に直行することが決定しました。

ジャパンC(G1)も使おうと思えば使えないことはないでしょう。出れば勝つ可能性もそれなりにあると思います。ただ、陣営も明言しているとおり、この馬の最大目標は来年秋の凱旋門賞(仏G1)です。三冠達成→ジャパンCというキツいローテーションによって、かつての Nijinsky のように調子を狂わせてしまったり、さらには闘志や活力を消耗して競走生命を縮めてしまっては元も子もありません。

池江泰寿調教師の父池江泰郎調教師が管理したディープインパクトは、7戦全勝で迎えた05年の有馬記念で、単勝1.3倍の1番人気に推されながらハーツクライの2着に敗れました。レース後、手綱を取った武豊騎手は「今日は飛ばなかった」と語りました。目に見えない菊花賞の反動があったのかもしれません。大きな目標を達成したあとのレースはとかく仕上げが難しいものです。

日本を代表するスーパーホースが、国名を冠したビッグレースをスキップすることに関しては批判があるかもしれませんが、馬のコンディションを第一に考えた末の結論だと思うので、わたしは支持します。今年の有馬記念は12月25日。例年とは盛り上がりが違うでしょう。楽しみです。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

2011年10月27日 (木)

『馬券師倶楽部2』再放送決定!

  栗山求(前編)
   10/28 (金) 06:30 ~ 07:00
   10/28 (金) 18:30 ~ 19:00
  栗山求(後編)
   10/31 (月) 06:30 ~ 07:00
   10/31 (月) 18:30 ~ 19:00

CS放送の“MONDO TV”で視聴することができます。よろしかったらどうぞ。

中山芝1200mで見たいダイワパッション

■日曜東京3Rの新馬戦(ダ1600m)は、2番手追走の◎ミリオンヴォルツ(1番人気)が直線で早め先頭に立ち、後続の追撃をぎりぎりしのぎました。
http://www.youtube.com/watch?v=l3ORF7t--Nw

予想は◎★○で馬単3990円、3連単48790円的中。『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』に提供した予想文を転載します。

「◎ミリオンヴォルツは『ブルーグラスキャット×ディストーテッドヒューマー』という組み合わせの外国産馬。アメリカの調教セール出身馬だけあって稽古でバリバリ時計を出しており、初戦から動けそうな点は魅力。父ブルーグラスキャットは現役時代にハスケル招待H(米G1・ダ9f)を勝った一流馬で、種牡馬としても現3歳の初年度産駒からG2、G3勝ち馬を1頭ずつ出しており悪くない。ストームキャット系が最も得意とする東京ダ1600mなので力を発揮できるだろう。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009110089/

近い世代に Storm Cat、A.P.Indy、フォーティナイナー、Danzig を持ち、Mr.Prospector 4×4があるので、いかにも脚抜きのいいダートの新馬戦に強いタイプです。仕上がりも万全でした。今回は行きたがるのを必死になだめながらの追走だったので、ラストの弾け方がイマイチでしたが、距離を短縮するなどしてもっとペースが速くなれば、折り合いがついて持ち味をさらに発揮できるでしょう。

■日曜東京5Rの新馬戦(芝1400m)は、好スタートからハナに立った◎ダイワインスパイア(2番人気)が危なげなく逃げ切りました。
http://www.youtube.com/watch?v=ph_DCl5l6Ag

予想は◎△△で馬単1950円、3連単19410円的中。『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』に提供した予想文を転載します。

「◎ダイワインスパイアは『ダイワメジャー×フォーティナイナー』という組み合わせ。母ダイワパッションはその父フォーティナイナーの影響が強かったようで、フィリーズレビュー(G2)とフェアリーS(G3)を制した早熟のスピード馬だった。このあたりの特徴が産駒に伝わっているのか稽古で好時計をマークしている。仕上がりが早そうなので初戦から走れるだろう。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009101602/

母ダイワパッションは現役時代、デビュー4戦目に初勝利を挙げると、そこからフェアリーS(G3)、フィリーズレビュー(G2)を含めて4連勝しました。しかし、それから先は10戦して最高着順が8着と、ほとんどが二桁着順の惨敗でした。精神的に燃え尽きてしまったのか、肉体的に苦しい面があったのか、そのあたりは分かりません。ただ、早い時期に強かったのは事実なので、息子もこの時期の競馬に適性があるのでしょう。

直線で蛇行したように精神的にはまだ幼いですね。抑えたり小細工をしなくて済むこのぐらいの距離が合っていると思います。「ダイワメジャー×フィーティナイナー」ですから追って味のあるタイプとは思えません。同じ「ダイワメジャー×Mr.Prospector 系」のビウイッチアスのように、中山芝1200mに向きそうです。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

2011年10月26日 (水)

満点のレースぶりで初戦突破レッドエクスプレス

■土曜京都5Rの新馬戦(芝1400m)は、中団追走の△タガノグーフォ(1番人気)が直線で大外を突き抜けました。
http://www.youtube.com/watch?v=1aP7ypvfxxA

ネオユニヴァース産駒は素軽いスピードタイプではないので、芝の新馬戦では1800~2000mなら買えるのですが、マイル以下では人気を鵜呑みにしないようにしています。とくに芝1400mではこのレースの前まで連対率6%。

シルシを△に落としたのですが、アッサリ勝たれました。このメンバーのなかでは抜けた能力の持ち主でしたね。サンデー系と相性抜群のダンシングブレーヴが母の父に入り、Halo≒Drone 3×4というニックスがあります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009104946/

「ネオユニヴァース×ダンシングブレーヴ」は、インペリアルマーチ、グレヴィテーションなどダートに強い傾向が見られるのですが、前者にはブレイヴェストローマン、後者にはミルジョージが入るので、この組み合わせ自体が力馬的な特徴を醸し出すというものではないでしょう。本馬は2代母の父が Caerleon ですから、今回の走りっぷりが示すとおり芝でも問題なくやれるはずです。距離は2000m前後がよく、高い素質が感じられるので昇級戦でも要注意です。

■日曜京都5Rの新馬戦(芝1800m)は、2番手追走の◎レッドエクスプレス(2番人気)が逃げ馬を交わして抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=wYhmNe7j_H4

予想は◎★△で馬単3380円、3連単44100円的中。『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』に提供した予想文を転載します。

「◎レッドエクスプレスは『ディープインパクト×シーキングザゴールド』という組み合わせ。アメリカの名門フィップス家が育てた名牝系に属し、2代母ディスピュートはケンタッキーオークス(米G1)、ベルデイムS(米G1)など米G1を4勝した。母アドヴァーシティはブロードウェイ3×4という名牝のクロスを持っているので繁殖牝馬として期待できる。やや硬めのアメリカ血統で構成されているが、父ディープインパクトはダート色の強い繁殖牝馬を料理するのが得意なので、芝適性に関しては問題ないだろう。2代母の父ダンジグはディープインパクトと相性良好。京都芝1800mの新馬戦はディープインパクト産駒が連対率55.6%と得意にしている。」
http://www.youtube.com/watch?v=PnYB4m4x32w

『競馬王のPOG本』の「栗山ノート」で指名した馬で、血統屋の電子書籍『種牡馬別好配合馬リスト ディープインパクト編』では○評価。ソツのないクレバーなレースぶりでした。初戦としては満点でしょう。

母アドヴァーシティが3×4で持っている Broadway は、繁殖牝馬として稀な成功を収めた名牝です。Queen of the Stage(米最優秀2歳牝馬)、Reviewer(悲劇の名牝 Ruffian の父)、Stage Director(フィラデルフィアH)、グレートホワイトウェー(本邦輸入種牡馬)などを産み、孫の代から名種牡馬 Seeking the Gold が誕生しています。
http://www.pedigreequery.com/broadway

グレートホワイトウェーは大井競馬場のレコードホルダーを2頭出しました。ダ1600mのカツスイセー(1分37秒5=79年8月3日)、ダ1200mのカオルダケ(1分10秒2=80年9月18日)です。前者のレコードは06年のマイルグランプリでアジュディミツオーが1分37秒2を出して27年ぶりに更新されましたが、後者は30年以上経った現在も破られていません。ちなみに、カツスイセーの記録を破ったアジュディミツオーはアジュディケーティング産駒で、アジュディケーティングの母の父はグレートホワイトウェーの半弟 Reviewer です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2001104554/

こうした血統的なアウトラインからも分かるように、Broadway はパワーを兼ね備えた抜群のスピードを伝える一方、やや一本調子なところがあります。それを3×4でクロスさせた母アドヴァーシティは柔軟さや瞬発力を伝えるタイプではありません。レッドエクスプレスの2代母 Dispute は、予想文に記したとおりケンタッキーオークス(米G1)、ベルデイムS(米G1)など米G1を4勝した名牝で、前出のアジュディケーティングの全妹にあたります。この点からもアドヴァーシティの個性を類推できることと思います。

レッドエクスプレスは、母が硬質なアメリカ血統で固められているので、距離適性がやや長めのリアルインパクト、といったイメージです。POGで期待できる完成の早いディープインパクト産駒はこのパターンが手堅いといえるでしょう。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

2011年10月25日 (火)

ダイワメジャー産駒の砂系の大物? メジャーアスリート

■土曜東京1Rの未勝利戦(ダ1600m)は、逃げたメジャーアスリート(1番人気)が直線で後続を突き放し4馬身差で快勝しました。タイムの1分36秒9はレコード。
http://www.youtube.com/watch?v=pV1PV7qxjZg

ここまでの3戦は芝を走って2、2、7着。ダート替わりの今回、見違えるような走りを見せました。

ダイワメジャー産駒は、幼駒時代からガッシリとしたパワフルな馬体が印象的で、セールで見るたびに「ひょっとしたらダート向きの種牡馬として大成する可能性もあるなぁ~」と考えていたのですが、デビューしてみると芝の好成績に比べダートはイマイチ。ただ、素軽いスピードタイプかといえばそうではなく、芝では切れ負けして2着が多く、馬場が荒れたり渋ったりしたほうが持ち味が活きます。

まだサンプルが少ないので、現状の傾向が絶対というわけではなく、メジャーアスリートのようなダートホースもこれからぼちぼち現れてくると思います。

メジャーアスリートは、テンザンデザート(ファンタジーS-2着)、スマートブレード(クラスターC-4着)、タガノラフレシア(アイビーS)などの半弟ですから、まずまずの良血ですね。母の父 Storm Cat は、ダイワメジャーの母スカーレットブーケと構成が似ており、ゆるい見立てでは「スカーレットブーケ≒Storm Cat 2×2」と言えないこともありません。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009100746/

Storm Cat は米リーディングサイアーに輝いたパワー型のスピード血統です。ダートは得意で、ピリッとした切れ味はないもののスピードの持続力には優れています。スカーレットブーケが産んだ2頭の傑作ダイワメジャーとダイワスカーレットも、ダート適性はともかく Storm Cat と同じように、切れ味はないもののスピードの持続力には優れている、というタイプでした。Storm Cat とスカーレットブーケが出会うことで、このあたりの共通項が強化されて伝わったものと考えられます。

すでにデビューしたダイワメジャー産駒のなかで、Storm Cat を抱えたものはほかにドリームリーグのみ。同馬は現在、芝で3戦して未勝利ですが、ダートに替わったところが馬券の買いどころでしょう。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009100492/

■土曜東京4Rの新馬戦(芝1800m)は、後方追走の△シルバーウエイブ(5番人気)が大外を突き抜けました。
http://www.youtube.com/watch?v=zt_61Ej0XFw

正直なところ、予想の段階ではこれほどの道悪(不良馬場)になるとは想定していませんでした。「ジャングルポケット×フレンチデピュティ」という堅めの配合が道悪で活きました。走りっぷりを見ても掻き込みが強くパワフルです。外伸びの馬場も幸いしました。2代母の父サンデーサイレンスは、父ジャングルポケットとも母の父フレンチデピュティとも相性が抜群なので、この位置に入るだけで配合の安定感が違ってきます。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009105983/

母の父フレンチデピュティは Deputy Minister の子。Deputy Minister 系の牝馬にジャングルポケット、という配合はオウケンブルースリ(菊花賞、京都新聞杯)と同じです。Deputy Minister 系は母の父として総じて優秀ですが、ジャングルポケットとの組み合わせでも悪くない結果を残しています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2005102548/

良馬場のスピード勝負になったときにどう対処するか、という点が今後の課題です。距離は伸びても問題ありません。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

2011年10月24日 (月)

オルフェーヴル三冠達成

日曜日の午前、新幹線で京都に向かう道中、周りの席に座っていた方々がずっと菊花賞の話題で盛り上がっていました。こういう雰囲気はいいですね。自然に耳に入ってくる会話はオルフェーヴルが中心でした。

レースは、そんなファンの期待に応える横綱相撲。最終コーナーの手前で馬なりのまま先頭に接近した時点で勝負は決しました。着差は2馬身半ですが、ゴール前で手綱を抑えなければ4~5馬身差はつけていたでしょう。ふと17年前のナリタブライアンの圧勝劇が脳裏に甦りました。勝ちタイムの3分02秒8はコースレコードにコンマ1秒差です。
http://www.youtube.com/watch?v=gKY_XWhuv0o

1ハロン13秒台のラップが一度もない、という過去に例がない引き締まったペース。しかも、馬群が縦長にならなかったため、実力が如実に表れるレースとなりました。1着◎オルフェーヴル(1番人気)、2着▲ウインバリアシオン(2番人気)、3着○トーセンラー(3番人気)というガチガチの決着です。穴馬に出番はありませんでした。

予想は◎▲○で馬単400円、3連単2190円的中。各媒体に提供した予想文(一部)を転載します。

「◎オルフェーヴルは『ステイゴールド×メジロマックイーン』という有名なニックス配合で、ドリームジャーニー(有馬記念、宝塚記念、朝日杯フューチュリティS)の全弟にあたる良血。二冠を制した春の時点でも抜きん出た実力を誇っていたが、夏を越して心身の成長ぶりが著しく、もはや同世代には負けようがないレベルに達している。前走の神戸新聞杯はテンションが上がりやすい休み明けで、なおかつ例年の菊花賞よりも遅いペースで展開したにもかかわらず折り合いがついた。引っ掛かって自滅するシーンは想像しづらい。淀みない流れで展開した場合は、折り合いを欠く心配がなくなり、この馬の底力が活きる競馬となる。いずれにしても死角は小さく三冠達成は濃厚。2着探しのレースだ。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008102636/

スタート後の3コーナーの下りで、ハミを噛んで行きたがる仕草をみせましたが、折り合いがついてからはスムーズでした。ここまで上手にレースができるようになったのは、スタッフの創意工夫や並々ならぬ忍耐の賜物でしょう。もし2歳時に見せた気性難が治らなかったら、三冠どころか一冠もなかったはずです。入線後、止め際で池添騎手を振り落したシーンに、いまだ潜在する気性難を感じました。この悍性こそが父ステイゴールドから受け継いだ最大の武器であり、またアキレス腱でもあります。

ダービーを勝って二冠を制したあと、オルフェーヴルはノーザンファームしがらき(滋賀県甲賀市)で夏を過ごしました。管理する池江泰寿調教師は毎週見に行っていたそうで、「いい夏を越せたのが三冠達成の大きなファクターでした。遅生まれだったので成長も大きかった」と語っています。前走16キロ増だった馬体が、今回さらに6キロ増えていました。全兄ドリームジャーニーもそうでしたが、ステイゴールド産駒は古馬になって完成する晩成型が多いので、まだまだ成長していくでしょう。

レース後の記者会見で、池江調教師は「来年の目標は凱旋門賞制覇。そのプランについてはこれから練っていきたい」と語りました。気負いのない自信に満ちた口ぶりに、ひょっとしたら「まともに走れば勝てる」と考えているのではないか――と、軽い戦慄を覚えつつその胸中を想像しました。5年前のディープインパクトのフランス遠征に池江調教師は付き添いました。その経験は大きな財産となっているはずです。今後のレースについては馬の状態を見て決めるそうなので未定です。回復が早いようならジャパンC、疲れが抜けないようなら有馬記念でしょう。

2着ウインバリアシオンは、世代ナンバー2の実力を証明しました。レース後、安藤勝己騎手はサバサバとした表情で「馬がようやく良くなってきたところだから。これから楽しみがありますよ」と、馬の成長力に期待を寄せていました。松永昌博調教師は次走について「相手(オルフェーヴル)次第やね」と語りました。ライバルが出ないレースに出す、ということなのでしょう。オルフェーヴル以外なら勝てる、という自信の表れとも取れます。

3着トーセンラーは、管理する藤原英昭調教師がオルフェーヴルの強さにショックを受けた様子で、「あそこまで強いとは思わへんかったなぁ~」と、苦笑まじりに社台ファーム代表の吉田照哉氏に語っていました。「三冠馬誕生かぁ~」とつぶやいて溜息をついたのが印象的でした。

10月24日(月)の午後10時55分から、NHK総合テレビ『アスリートの魂』で、「人馬ひとつになって 三冠馬・オルフェーヴルと池添謙一」が放送されます。検量室前にNHK大阪のスタッフの姿がやけに目についたのですが、三冠達成へ向けての密着取材をしていたようです。10月26日(水)の午前2時00分(25日深夜)に再放送があります。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

2011年10月23日 (日)

菊花賞の穴馬2011

単なる血統診断とは違い、予想は「格」と「適性」の見極めがテーマですから、そこがおもしろいところです。

「格」というのは総合能力と言い換えてもかまいません。先日死んだシンボリルドルフは現役時代2000m前後がベストの中距離馬で、能力がズバ抜けていたため菊花賞を勝って三冠を達成しました。出走馬のなかには高い長距離適性を秘めた馬もいましたが、中距離馬シンボリルドルフの総合能力の前に敗れ去りました。

3000mはどの馬も走ったことがない未知の距離です。しかし、人気は2000~2400mあたりの実績で形成されます。人気馬が格の高さでそのまま押し切ることもありますが、それまで注目されていなかった人気薄が突っ込んでくることも少なくありません。そうした馬はほぼ例外なく長距離レースに対する「適性」を持った馬です。

00年以降、7番人気以下で連対した馬が9頭います。うち4頭がダンスインザダーク産駒で、残り5頭はそれぞれリアルシャダイ、サッカーボーイ、Sadler's Wells、ペンタイア、バゴを持っていました。

それまでは平凡な成績で人気に推されることもなく、3000mという距離で変わり身を見せるわけですから、激走の原因は“高い長距離適性”以外に考えられません。

昨年の菊花賞直前のエントリーで、菊花賞の穴馬として挙げた5頭のなかから、1着ビッグウィーク(7番人気)、3着ビートブラック(13番人気)が出ました。それまでの競走実績を考えると買いづらい馬ではありましたが、菊花賞で穴を狙うときは成績面を極力無視し、血統だけで買うほうがいい結果を生む、というのがこれまでの経験則です。
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/10/post-fa2e.html

今年も、人気薄ながら長距離適性が高そうな馬を5頭挙げてみます。

2番ルイーザシアター(母が Kingmambo×Quest for Fame)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008102824/
6番シゲルリジチョウ(母が Sadler's Wells×Darshaan)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008103874/
7番ゴットマスタング(母の父 Sadler's Wells)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008101715/
8番ダノンミル(父ジャングルポケット)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008102875/
16番ダノンマックイン(2代母リアルシャダイ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008103259/

ゴットマスタングなどは500万下を勝ったばかりですから、常識的に考えて苦しいとは思います。でも、ここに挙げた5頭のような、多少の無理筋を狙っていかないと大穴は取れません。とりあえずプライベートの馬券では目をつぶってこの5頭は押さえたいと思います。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!