2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« スプリングSはオルフェーヴル | メイン | レーヴディソール骨折 »

2011年3月30日 (水)

フラワーCはトレンドハンター

土曜阪神12RのフラワーC(G3・芝1800m)は、初芝のトレンドハンター(5番人気)が豪快に抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=4imvFCR7GBc

同コースで行われた11RのスプリングSは、5ハロン通過が59秒5。対してフラワーCは59秒0で、レースの上がりは35秒9。ゆるみのない厳しい流れだったことがわかります。切れ味よりも持続力や底力が問われるレースでした。

勝ったトレンドハンターはここまで〔2・1・0・0〕という成績。そのすべてがダート戦でした。母ロイヤルペルラは「ブライアンズタイム×Storm Cat」というダート色の強い組み合わせで、2代母スターマイライフは Lady's Secret(米年度代表馬に輝いた女傑)の半妹にあたるパワータイプ。父がマンハッタンカフェといっても、芝替わりで買いたくなる配合ではありません。予想は無印でした。この鮮やかな勝ちっぷりにはビックリです。持続力や底力が問われるレースになったのも幸いしたのでしょう。桜花賞よりもオークス向きですね。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008100618/

マンハッタンカフェと Storm Cat の組み合わせは悪くなく、ほかにマッハヴェロシティ、アンシェルブルー、ツルマルジャパンといった活躍馬が出ています。

2着▲ハブルバブル(1番人気)は連闘でしたが頑張りました。やはり最低でもこれぐらいの距離があったほうがいいと思います。リスポリ騎手は最後の直線の不利を訴えており、勝ちに等しい内容といえるでしょう。

◎マイネイサベル(2番人気)は4着。前崩れの流れで3番手から粘ったのですから力は示しました。オークスが楽しみです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26224833

フラワーCはトレンドハンターを参照しているブログ:

コメント

こんにちは
残念な事に牝馬の主役、レーヴディソールが骨折により牝馬クラシックから離脱するようですね。

これでホエールキャプチャが主役候補に躍り出た感じでしょうか。

逆に牡馬陣は、万が一実績一番の馬が怪我で離脱したとしても相変わらず混戦になるような雰囲気です。

栗山さんは今年の3歳の牡馬戦線のレベルはどう捕らえているでしょうか?

レベルの低い混戦なのか?それともレベルが高い混戦なのか?

正直、古馬と戦うまではレベルの高低は推し量ることは出来ませんが、レースタイムでおおよその判断は可能だと思います。

今年の3歳牡馬、オープン以上の主要レースでは昨年の世代と比べてもそうですが
ここ5年、10年のサイクルで比較しても好タイムで走破してるレースが異常に多い気がします。

馬場差などの問題もあるとは思いますが
流石にどのコースでもここ数年より全部時計の出る馬場だとは考え難いんですよね。

好タイムで決着するレースが大半ですが、数馬身千切って勝つような馬は殆ど居ません。

個人的には好タイムでも離脱する事無く、最後まで付いていける能力の高い世代だと感じていますが。

こんにちは。

レーヴディソールの骨折は残念ですね~。現時点のトップランナーは戦績的にホエールキャプチャだとは思いますが、押し出されてのものですから分からないところがあります。風雲急を告げる展開となってきました。

世代レベルは、他世代との対決によって明らかになるものですが、現時点の感触として、今年の3歳牡馬は少なくとも平年以上だと感じています。根拠はABCさんがおっしゃるようにタイムです。馬場状態は年によって異なるので、タイムが速いといっても、同コースの古馬1000万条件、1600万条件との相対比較で、平年レベルよりも劣っているならば評価できません。今年はそんなこともなく、わりあい優秀だと思います。明らかにハイレベルだった昨年ほどではないにしろ、平年以上ではないでしょうか。

確たる軸馬がいる年は高レベルで、混戦の年は低レベル、とジャッジされがちですが、現実はその逆のケースが多いのではないかと考えます。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!