2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« レーヴディソール骨折 | メイン | ディープインパクト産駒の Barocci がフランスで勝利 »

2011年3月31日 (木)

毎日杯はレッドデイヴィス

日曜阪神12Rの毎日杯(G3・芝1800m)は、○レッドデイヴィス(2番人気)が最内から抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=VIXMlQcqCvI

1月のシンザン記念(G3)に次ぐ重賞制覇。力量どおり走った結果ですね。配合については1月10日のエントリー「シンザン記念はレッドデイヴィス」をご参照ください。3歳世代のアグネスタキオン産駒は、残念ながら骨折休養となった牝馬のレーヴディソールに加え、牡馬のレッドデイヴィス、ノーザンリバーと3頭の重賞勝ち馬が出ています。
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2011/01/post-1c12.html

2着△コティリオン(4番人気)は高い素質を秘めた馬ですが、周知のとおり折り合い面に弱点があります。今回は後方のインに馬を入れてなんとか折り合いをつけ、直線で弾けました。レースに注文がつくだけに計算の立ちづらい馬です。あの位置取りでは幸運が重ならないとなかなか前が開きません。

◎トーセンレーヴ(1番人気)は3着。リスポリ騎手によれば引っ掛かったとのこと。1、2戦目の超スローペースに比べれば流れてはいましたが、デビュー戦から中2週、中2週という押せ押せのローテーションで、馬のテンションが上がっていたのかもしれません。前走、アルメリア賞の回顧で、次走は「並の馬なら十中八九消えるパターン」と記しましたが、これまでより格段に強い相手にしっかり競馬になっていますし、この内容なら上出来でしょう。悲観することはないと思います。

2、3着はディープインパクト産駒。今回、コティリオンはうまくレースを運ぶことができましたが、トーセンレーヴは思わぬ弱みを見せました。当ブログでも何度か触れたように、気性面に由来する自爆傾向はディープインパクト産駒にしばしば見られます。それまで兆候を見せなかったのに、競馬に行ってスイッチが入ってしまうケースが目に付きます。このあたりをどう克服するかということは、馬を管理する側の大きな課題となりそうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26229857

毎日杯はレッドデイヴィスを参照しているブログ:

コメント

牡馬はやはりサダムパテックが一歩リードしてるんでしょうかね?
私的には絞りに絞っても7頭が残ってしまいます
ところでコティリオンは抽選待ちなんですかね?
出てくると外せない1頭になり、買い目が増えるので困るんですが
とにかく物凄く難解な皐月賞になりそうです
栗山さんがどの馬に印を打つのか?楽しみにしております!

クラシック関係では
フランスに渡ってデビュー戦2着したBarocci(父Deepimpact・母Bastet・母の父Giant's Causeway)
という馬が海の向うでもクラシック戦のトライアルに出走するみたいですね
海外は良くわかりませんが1勝もしてなくてもトライアルに出られるんですね
こちらも日本のクラシック同様に楽しみにしたいです

今年は“東京競馬場で行われる”というのがポイントになりそうですね。前哨戦の成績がアテにならない可能性もあるので、慎重に推理したいと思います。

Barocci はオムニウムII賞(芝1600m)を見事制しましたね! これで本番の仏2000ギニー(G1・芝1600m)も楽しみになりました。騎手はクリストフ・スミヨン、調教師はエリー・ルルーシュです。
http://www.pedigreequery.com/barocci2

本当に勝ったみたいですね!
これで日仏でレースが楽しめそうです
楽しみは多いほうがいいですからね
ピサのドバイに続き嬉しいニュースでした

着差はわずかですし、まだ始動していない有力馬もいますから、これで仏3歳牡馬のトップに立ったとはいえませんが、トップ集団の1頭ではあるでしょうね。おっしゃるとおり今年は海外競馬が楽しめそうです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!