2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« フロックではないダノンミル | メイン | ドバイワールドCは日本馬のワン・ツー・フィニッシュ! »

2011年3月26日 (土)

今週は阪神芝1800mで3つの3歳重賞

皐月賞を見据えたふたつの重賞が、同一週に同コースで行われるというのは記憶にありません。土曜阪神11RのスプリングS(芝1800m)は、G2の馬齢重量戦で、3着以内に皐月賞出走権が与えられます。日曜阪神12Rの毎日杯(芝1800m)は、G3の別定戦。

競馬場と距離が同じといっても、それ以外の条件を考えると実績馬はスプリングSに出てくるでしょう。毎日杯を選ぶと、場合によっては負担重量が増え、得られる賞金が減り、本番の優先出走権もありません(2着までに入ればだいたい出られますが)。

ただ、だからといって、スプリングS組のほうが皐月賞で好走するかといえば、そうは限らないと思います。この時期の3歳馬は1戦ごとに力量の変動がありますし、今年の皐月賞は東京競馬場で行われますから、左回りで順当に能力を発揮できるかどうかはわかりません。

一方、桜花賞を見据えたフラワーC(G3・芝1800m)は、中山から阪神に場所を移したことで、桜花賞と条件が近くなりました。ここをステップに本番に挑んだ馬は例年よりも信頼できるでしょう。といってもレーヴディソールの牙城を崩すのは並大抵ではありませんが……。

阪神芝1800mの種牡馬別連対率を、06年12月の馬場改修後の成績から並べてみます(最少レース機会数=10)。

1位 ハーツクライ    50.0%
2位 ディープインパクト 27.3%
3位 ロージズインメイ  25.0%
4位 ゼンノロブロイ   23.5%
5位 マンハッタンカフェ 22.4%
6位 ステイゴールド   22.1%
7位 グラスワンダー   21.7%
8位 キングカメハメハ  21.6%
9位 フレンチデピュティ 21.6%
10位 フジキセキ     21.3%

以上、ご参考までに。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26205057

今週は阪神芝1800mで3つの3歳重賞を参照しているブログ:

コメント

スプリングS撃沈。でも今日はドバイワールドカップがあります!楽しみです。
栗山さんの目から見て日本馬のライバルはどの馬でしょうか?
ブエナビスタ&ムーア騎手で2000m、かなり期待してしまいます^^もちろん他の日本馬も。今日は眠れません。

わたしもスプリングSはダメでした。AWは合う合わないがあるので、実績のみでは判断がつかないのですが、実績から判断すれば Twice Over が有力でしょうね。日本馬で十分いけると思っています。今晩は気合いが入ります。

最高です!!
かっこよすぎました!しかもワンツーなんて。
有馬と同じようにあがっていって押し切ってしまうとは^^トランセンドもしぶとかったですね~。
ゴールした時は言葉にならなかったです。
挑戦し続けることと競馬は素晴らしいと感じました!

ヴィクトワールピサ、やりました世界一!!!

常に挑戦し続けた角居師、市川オーナーだからこそ、この栄冠がもたらされたんですよね。

デムーロ騎手も、この大舞台でも臆することない、強気の競馬。ヴィクトワールピサに一番合う騎手、騎乗でした。

あと一時間で仕事行くんですが、興奮して眠れない…(笑)。

>たくぼん様

言葉にならないというのは同感で、レース後2時間ほど経ってようやく文字が打てるようになりました。PCの前に座っても言葉が出てこず、頭に浮かぶのは「凄い」とか「感動」とかそんなのばかりで……^^

>ダンディ“ゲッツ”さっさん様

デムーロ騎手とヴィクトワールピサはホントに手が合いますね~。道中のラップは分かりませんが、おそらくスロー気味だったので途中から上がっていき、それがどんぴしゃり決まったと。最高でした。大震災の被災者を気遣うレース後のコメントもレースに劣らず感動的でした。

ステラロッサについて教えて頂きたいのですが栗山さん&亀谷さんの血統本でSSとストームキャットの相性は良くないと書かれていました。
読んだのがPOGでこの馬を選んだ後だったので期待もしていなかったのですがレースを見る度に期待は膨らんでいます!
血統背景でこの馬が走る根拠はあるんでしょうか?お時間があれば解説お願いします。

ステラロッサはとてもいい馬ですね。おめでとうございます。サンデーサイレンスやアグネスタキオンは Storm Cat との相性がイマイチだったのですが、スペシャルウィーク、マンハッタンカフェは逆に走ります。ハーツクライはまだサンプルが少ないものの、ウインバリアシオンは母の父が Storm Bird(Storm Cat の父)で、ステラロッサが重賞クラスに上がってきましたから、成功するかもしれません。ハーツクライの母の父トニービンは Nijinsky との相性が抜群でした。Storm Cat の父 Storm Bird は Nijinsky と配合構成がよく似ています。このあたりがポイントかもしれませんね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!