2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 次走は疑問も素質高いフルアクセル | メイン | 今週は阪神芝1800mで3つの3歳重賞 »

2011年3月25日 (金)

フロックではないダノンミル

■日曜阪神10Rの若葉S(OP・芝2000m)は、ダノンミル(12番人気)が好位から伸びて押し切りました。
http://www.youtube.com/watch?v=Fk-X1Z26m2A

前走、小倉の未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がったばかり。16頭中の12番人気という評価は妥当でしょう。ゆるみのないペースを好位から差し切ったレースぶりは、とくに展開に恵まれたわけでもなく、実力としかいいようがありません。勝ちタイム1分59秒1は施行場所が阪神競馬場に移った00年以降では最速。2着カフナ、3着ダノンシャークも戦績以上に力を秘めた馬ですからフロックではないと思います。ここにきてグングン成長していますね。侮ると痛い目に遭うかもしれません。

母スターリーロマンスはフジキセキの全妹にあたる良血。本馬の半姉ファイブスター(父クロフネ)は3勝、クリスティロマンス(父シンボリクリスエス)は2勝と、重賞クラスには届きませんがなかなかいい馬です。

「ジャングルポケット×サンデーサイレンス」は、ジャガーメイル、トールポピー、フサイチホウオー、アプリコットフィズ、トーセンキャプテン、ダイワファルコンなど多くの活躍馬が出ているニックス。この配合をインスタントに見分けるコツは“2代母の父”にあります。ここにスピードタイプや軟弱な血が入ると減点です。たとえば、Mr.Prospector 系などが入るパターンはあまり結果が出ていません。逆に、いかつい Northern Dancer 系とか、ヨーロッパ型の重厚な血とか、スタミナに秀でた血とか、そういういった血はフィットします。本馬の2代母の父 Le Fabuleux は、フランス産のステイヤーですからいいでしょう。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008102875/

■月曜阪神5Rの新馬戦(芝1800m)は、△アイヴィーリーグ(4番人気)が好位から抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=ppHQQEarkw4

新種牡馬リンカーンは、昨年6月から3月第1週まで58頭がデビューし、1頭も新馬戦を勝っていませんでした。これが初めての新馬勝ち馬となります。基本的に仕上がりは早くなく、素軽さもイマイチですが、パワーとスタミナは十分。サンデー系というイメージは薄く、グレースアドマイヤ(リンカーンの母)っぽい特長を伝える種牡馬です。おそらく産駒は総じて晩成型でしょうから、3歳夏を越してからが本番で、古馬の中長距離路線ではリンカーン産駒がかなり頑張ってくるのではないかと思います。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008104893/

近親にこれといった活躍馬はいませんが、母方はフレンチデピュティ、トウショウボーイと優れた影響を与える血で構成されており、高い潜在能力を感じさせます。Hyperion が配合の中核となっているのがいいですね。古馬になってからが楽しみです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26199393

フロックではないダノンミルを参照しているブログ:

コメント

こんちには。
ジャンポケ*SSはジャンポケの成功パターンですね。
ただ母母父までにもポイントがあったとは。
勉強になりました。

いつもお世話になっております。
明日、フラワーカップに何故か分からない(笑)けどいつも軸にしているマイネイサベルが出走します。テレグノシスが色々と印象にも残っていて気にもなるのですが、テレグノシス×サンデーの配合ってどうなんでしょう?産駒も少なくあまりイメージできません。今までの走りから個人的な印象ですが、1800mくらいが限界かなと思っているのですが。

>ニホンピロポニョ 様

ちゃんと判断するにはもう少し細かく見る必要がありますが、パッパッと判断するにはこれで十分かなと思います。

>ダッテン牧場様

フラワーCはわたしもマイネイサベル本命でした(泣)。残念です。「テレグノシス×サンデーサレインス」は、同じトニービン系の「ジャンポケ×サンデー」に比べると適正距離は短めでしょうね。1600~2000ぐらいでしょうか。優れた相性を示すのではないかと思います。

ご返信ありがとうございます。
機会があればその細部を取り上げて頂ければと思います。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!