2024年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« マンハッタンカフェ整理整頓(5) | メイン | ジェッタ牝系とヒンドスタン »

2010年7月10日 (土)

スタミナ・インデックス

『栗山求 Official Website』(http://www.miesque.com/)の「Works」に作品を追加しました。例によって血統専門誌『週刊競馬通信』に連載したコラム「血統SQUARE」の復刻掲載です。

今回は「スタミナ・インデックス」(初出は1996年9月~10月)。血統表を解釈するときに必要なのは過去の血の特徴を把握すること。なかでも距離適性は最も基本的なファクターなので重要です。この連載では、過去の血の距離適性に光を当てています。どんな血が入れば速くなり、あるいはスタミナが増すのか。血統表を見ながら思わず考えに耽ってしまいます。よろしければご一読くださいませ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/24657041

スタミナ・インデックスを参照しているブログ:

コメント

今回のスタミナ・インデックスも非常に参考になります。Worksのコーナーをまとめるただけでも、素晴らしい参考書になると思います。栗山さんなどがお勧めしている『日本サラブレッド配合史』とかは、もはや古本屋さんを回ってもなかなか手に入らない状態で、私も結局読めずにおります。できたら系統だった血統・配合に関するバイブルみたいな本があって、そいうのを出版していただけるとありがたいなぁなどと厚かましく思うところです。ともかく栗山さんがおっしゃっておられるように血統表を自分で書いて、今回のスタミナ・インデックスも参考に考えていきたいと思っています。

いつもお読みいただきありがとうございます。配合に関する基礎資料が手に入らないというご意見はよく耳にします。何とかしなければいけないと常々思っており、いい方法はないかと思いを巡らせているところです。

「血統SQUARE」の転載はもっと頻繁に行いたいのですが、なかなか時間が取れないというのが実情です。次は秋ぐらい……でしょうか。

ご意見、ご要望などがございましたらまたお寄せいただければ幸いです。

「日本サラブレッド配合史」は栗山さんが薦めていたのでずっと探して、先日幸運にも手に入りました。

ものすごい勉強になっています。

オフィシャルHPのWORKSもとても勉強になります。

TARGETで血統をみるのが楽しくなっている最近です。

古本市場ではかなり高値がついているので大変だったのではないでしょうか?『配合史』はすばらしい本で、馬事文化賞5つ分ぐらいの価値があると思います。

皆さまのお言葉がモチベーションになります。ありがとうございました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!