2024年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« マンハッタンカフェ整理整頓(4) | メイン | スタミナ・インデックス »

2010年7月 9日 (金)

マンハッタンカフェ整理整頓(5)

■母が Northern Dancer を複数持つ(4代以内)

Northern Dancer は依然として世界のメインストリームを形成する血です。したがって、「母が4代以内に Northern Dancer を複数持つ」ということは、“マンハッタンカフェは主流血統と相性がいい”という前回までの説明とリンクします。

レッドディザイア、ジョーカプチーノ、ゲシュタルト、ガルボ、ヒルノダムール、ココナッツパンチがこのパターンにあてはまります。レッドディザイアは母が Northern Dancer 3×3です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2006102929/

Northern Dancer 系は世界のあらゆる馬場に適応しています。芝でもダートでもオールウェザーでもお構いなし。この系統の美点はたくさんありますが、なかでも“筋力の強さ”はその最大のものではないでしょうか。これがベースとなってさまざまな系統が発展しています。

現役時代のマンハッタンカフェはヨーロッパの香り漂うステイヤーでした。体の線が綺麗で動きが柔らかく、切れ味勝負に強い反面、非力なところが見られました。こうした特徴は産駒にも伝わっているように思います。母方の Northern Dancer クロスによって筋肉を増強することは、産駒のパワー不足を補う上で有効です。マンハッタンカフェが基本的にアメリカ血統と好相性を示しているのは、こうした部分にも理由があるような気がします。アメリカ馬は一般的に、ガッチリとした馬格、豊富な筋肉を備えておりパワーがあります。

ヒルノダムールとガルボは配合構成がよく似ています。ヒルノダムールは、母シェアエレガンスが Nijinsky≒The Minstrel 2×3。ガルボは、母ヤマトダマシイが Nijinsky≒Far North 3×3。Far North と The Minstrel は全きょうだいなので構造はよく似ています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2007100727/
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2007101163/

両者ともこのような硬質な4分の3同血クロスを持つ上に、前者の母の父はラムタラ、後者の母の父はジェネラスと、これまた柔軟性に欠ける硬い血です。

マンハッタンカフェは、自身が柔らかすぎるので、交配相手の牝馬がこれぐらい硬くても問題ありません。むしろ、そのほうがいいような気がします。硬めのアメリカ血統が入らない産駒は、フニャフニャで頼りなく、大物感がありません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/24651249

マンハッタンカフェ整理整頓(5)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!