2024年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« トレンドハンター骨折 | メイン | Frankel 今季緒戦を快勝 »

2011年4月16日 (土)

マニエリスム敗れる

南関東の3歳牝馬戦線は、川島正行厩舎の2頭、クラーベセクレタとマニエリスムがリードしています。3月23日に行われる予定だった浦和桜花賞は東日本大震災の影響で中止。今年は東京プリンセス賞と関東オークスの二冠しかありません。

2歳女王のクラーベセクレタ(父ワイルドラッシュ)は京浜盃(4月18日・大井・ダ1700m)を使う予定で、その後は決まっていませんが、中央の皐月賞に相当する羽田盃(5月11日・大井ダ1800m)にチャレンジするプランも当然あるでしょう。

桜花賞トライアルの桃花賞を勝ったマニエリスムは、4月15日にクラウンC(川崎ダ1600m)に出走し、6着と敗れました。スタートがイマイチで位置取りが悪くなり、1コーナーを曲がったところで前が詰まるアクシデント。参考外の一戦といっていいでしょう。後遺症がなければ次走の東京プリンセス賞(5月12日・大井ダ1800m)では勝ち負けになると思います。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008103001/

父ゼンノロブロイは初年度産駒からサンテミリオン(オークス)、ペルーサ(青葉賞)、アニメイトバイオ(ローズS)、コスモネモシン(フェアリーS)、アグネスワルツ(オークス-3着)、マカニビスティー(東京ダービー)など多くの活躍馬を送り出しましたが、2年目の産駒は一転して不振。2勝馬はわずか3頭しかなく、いまのところ春のクラシックに出走できる可能性のある馬はルルーシュぐらいしかいません。繁殖牝馬の質が落ちた、というのがおそらく最大原因だろうと思いますが、それにしてもここまで大きな落差があるケースは珍しいと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26318007

マニエリスム敗れるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!