2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« Books LLC の競馬洋書 | メイン | クラキンコがホッカイドウ競馬で三冠達成 »

2010年8月19日 (木)

ステキシンスケクンがチリへ

アーリントンC(G3)と京成杯オータムH(G3)を制したステキシンスケクン(父 Danzig)が引退し、南米チリで種牡馬になるとのことです。昨年のちょうどいまごろ、まったく同じニュースが流れたと記憶しているのですが、なにか事情があったのか計画が1年延び、ようやくチリへ渡る運びとなったようです。一時はアイルランドへ渡って調教を重ね、ポップロックのように再起を目指していたそうです。

ここ20年間のチリ生産界は Mr.Prospector 系が牽引しています。90年代は Roy(父 Fappiano)、00年代は Hussonet(父 Mr.Prospector)が一時代を築きました。両者ともアメリカ産馬で、前者は9年連続、後者は7年連続リーディングサイアーとなりました。
http://www.pedigreequery.com/roy
http://www.pedigreequery.com/hussonet

血統表を見ていただければ一目瞭然、スピードタイプです。ですから、こういう文脈で「Danzig×Mr.Prospector」のステキシンスケクンが求められたとすればうなずける話です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2003110015/

ちなみに、ジャパンCダート(G1)に出走したチリ産馬、リドパレスとトータルインパクトも Mr.Prospector 系です。
http://www.pedigreequery.com/lido+palace
http://www.pedigreequery.com/total+impact

話が脱線して恐縮なのですが、十数年前、競馬通信社という会社に所属していたころ、『世界の名馬7代血統表』(青木義明著、栗山求監修)という単行本を作りました。1807年生まれの Whalebone から1993年生まれのエリシオまで、世界の名馬500頭の7代血統表を収録したものです。このリスト選定とすべての短評を私が担当しました。

あまり定かではない記憶ですがチリ産馬は2頭収録しているはずです。1966年生まれの Cougar と1987年生まれの Wolf。前者はビワハヤヒデの父シャルードに母の父として入っています。後者は母に Rheita≒Silver Moon 2×2という鮮やかな4分の3同血クロスがあります。これはカッコいいですね。
http://www.pedigreequery.com/cougar2
http://www.pedigreequery.com/wolf

チリ産馬の血統でおもしろいのは、いまから約100年前に走った Old Boy(1909年生)という芦毛の名馬です。通算36戦33勝という成績を残しました。“チリの Native Dancer”といったところでしょうか。
http://www.pedigreequery.com/old+boy6

母 Skylark もチリオークス、チリセントレジャー(単走)を制した名牝で、これが Palmy 1×3(!)という強度のクロスを持っています。しかし、血統表をよく見ると、両親が栗毛なのに Skylark 自身は芦毛です。芦毛の法則(=芦毛馬は両親のどちらかが芦毛である)に反しているので、毛色が正しいとするならば父は別馬であることが濃厚だと思います。
http://www.pedigreequery.com/skylark21

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/24892602

ステキシンスケクンがチリへを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!