ヒデの考察、分析

2022年5月22日 (日)

結論、1か月では大きく変わらず!? オークス分析

 こんばんは、ヒデです。いよいよ明日は優駿牝馬オークス。樫の女王に向かって2400m初体験の18頭が挑みます。東京は今日雨が降るなど荒れる準備はできたかというところですが、オークスはオッズも荒れ模様。果たしてどの馬が抜け出すのか、どの馬が有利なのでしょうか。傾向を分析していきましょう。それでは本日もよろしくお願いいたします。


< 目次 >

1.侮れない穴は4枠以降に眠る!?



2.前走は阪神か?東京か?



3.やっぱり中心になりそうなサンデー系、、、でも!?



4.該当馬


1.侮れない穴は4枠以降に眠る!?

 この競走はBコース施行の最終週に行われるということで、内枠は相当力がないと馬券圏内には入れない傾向です。1枠は複勝率50%と好調に見えますが、穴を開けたのは17年の1.モズカッチャンのみですが、この年は勝ち馬も2番枠のソウルスターリングだったことからも「内枠有利」であったことがわかります。特に20年には1枠に2・3人気馬が入りましたが、ともに10着以下だったことから考えても馬券になるには相当抜けていなければ厳しい印象です(最後に馬券になったのが19年3着のクロノジェネシスであることからもかなり力がいるのは明らかでしょう) 。一方で穴馬と考えると4枠以降が優秀で、昨年は追い込んで来た8.ハギノピリナが16人気ながら3着。それ以外にも20年13人気3着のウインマイティーがいるなど、穴馬でも馬券になっています。それ以外にも5枠からは19年12人気2着のカレンブーケドールがいるなど、中枠から外の枠が全体的に有利であるといえるでしょう。

 また、逃げ馬は馬券圏内がなく、ここ4年はともに10着以下。逃げ馬はかなり相性が悪いイメージですが、先行馬は逆に好調。先行馬は昨年を除いて毎年馬券に連対していました。特に19年から20年に関しては7人気以下が馬券になっており、穴としては面白い存在です。差し馬も安定していますが、こちらは人気馬が中心。唯一差しで穴を開けたのは前述のハギノピリナ。それ以外は人気馬ですから、軸の人気馬・穴は先行馬が買い方として正しそうです。



2.前走は阪神か?東京か?

 前走は昨年のハギノピリナ以外は前走オープンクラス以上から馬券圏内は飛び出しています。中でも近年穴を開け始めているのが前走リステッド競走組。19年に開始されたリステッド競走、その施行初年度にはラヴズオンリーユーが忘れな草賞から1着、12人気2着カレンブーケドールもスイートピーS1着からでした。20年13人気3着のウインマイティーも忘れな草賞1着からのローテのように。また、近年はフローラS組の成績も上がってきており、ここ2年は馬券になっているほか、19年もウィクトーリアが4着になっているなど侮れなくなってきています。フローラS組は前走差して上がってきてた馬が中心で、昨年のユーバーレーベンもフローラSでは⦅9-8-10⦆で通過して33.2秒の上り1位の記録していたことからも33秒台を出せた馬に関しては本番のオークスでも期待できるでしょう。

 それでも全体的に見ていると中心になっているのは桜花賞組。それでも4着以内が中心で、巻き返したのは17年のアドマイヤミヤビのみ。この馬は東京で1勝クラス・重賞を連勝、桜花賞も2人気でしたので、東京に関してはかなり適性があったということができます。したがって桜花賞から巻き返してくるためには「東京の重賞で33秒台の上りを出した実績」がある馬を中心に考えると良さそうです。それでも中心になるのは4着以内の馬であるため、力関係はこの1か月では大きく変わらないということでしょうか。とにかく桜花賞で4着以内の馬は軽視禁物でしょう。



3.やっぱり中心になりそうなサンデー系、、、でも!?

 この競走は過去5年2勝している産駒はいません。それでもゴールドシップ産駒は20年ウインマイティーが13人気3着、21年はユーバーレーベンが3人気1着と2頭が出走して結果を残しています。そのほかディープインパクト産駒も毎年のように馬券になっており、やはり信頼度は高い傾向にあります。それでもいろんな産駒が走っているため一見わかりにくいですが、結果的にディープインパクト系やTサンデー系と言われるステイゴールド系、ハーツクライ系が中心になっています。サンデー系の種牡馬は過去5年全体の複勝回収率が96%に達するなど、軸としても穴としても信頼感は抜群です。そのほかの系統で行くと父欧州系が優秀で、米国系は不調。特に父米国系の馬券圏内はありません。また、意外なのはダービー馬を何頭も輩出したキングカメハメハ産駒は過去5年4頭が出走して善戦するものの馬券圏内はなし。最高位は21年は10人気のタガノパッションが出した4着。大負けもあり安定しない印象です。キングカメハメハ産駒を狙う場合は「前走オープンなどで未知数な馬」を狙うのが良さそうです(タガノパッションは前走スイートピーS1着)。

 母父系で見ても複数勝している種牡馬は居ないという混戦っぷりで驚きます。米国系ノーザンダンサー系はその中でも相性が良さそうで、ラヴズオンリーユー(父:ディープインパクト)を出した母父Storm catや18年2着だったリリーノーブル(父:ディープインパクト)を出した母父 クロフネは【0- 1- 2-3/6】と安定感ありますから米国ノーザンダンサー系は信頼できそうです。



4.該当馬

 それでは該当馬を見ていきましょう。




4.ルージュエヴァイユ

2枠△ 差し〇 前走〇 血統〇

 前残りが多かった世代に喝を入れてくれる馬だと思っています。前走フローラS5着で狙いにくいものの、上りは1位の33.6秒で追い込んでいますから決して弱いというわけではないと思います。その証拠に着差は0.4秒で2馬身程度とそこまで大負けしていません。今回は再び内枠に入ったジャスタウェイ産駒で、500m以上の延長も好成績ですから血統的にも十分期待できるでしょう。1着には届かないかもしれませんが、2・3着を拾うという観点においてはかなり期待できるはず。

6.サークルオブライフ

3枠△ 差し〇 前走〇 血統〇

 前走もかなり期待していましたが届かずに4着。それでも外がまったく届かない馬場において上り最速で4着になったのはできすぎで、桜花賞に出たメンバーのなかでは上位評価になっている印象です。エピファネイア産駒ですからもう少し外枠が欲しかったですが、それでも単勝回収率100%超えの延長のエピファネイア産駒は魅力的。再び期待したいと思います。

7.ホウオウバニラ

4枠〇 差し〇 前走△ 血統〇

 前走は出たときに少し不利があったり直線では外追走不利があったため結果は度外視でOKな気がします。もし仮にラブパイローが大逃げを打った場合、二番手に控えることができれば一番怖い競馬をしそうな雰囲気はむんむんです。父はダービー馬のドゥラメンテ、母父アカテナンゴでスタミナ豊富なドイツ系という組み合わせはスタミナ勝負にはかなり向きそうですから、この人気であれば単複を握りしめて応援したいところです。

2022年5月20日 (金)

レース×コースで激走馬をみいつけた!? 平安S分析

 こんばんは、ヒデです。5月ももう半ば。競馬の祭典日本ダービーまであと2週間を切るなど盛り上がりを見せています。この時期は3歳の熱き戦いに目が行きがちですが、ダート戦線も夏の中距離帝王決定戦、帝王賞への前哨戦的意味合いが強い平安Sが施行されます。19年の覇者チュウワウィザードは帝王賞2着、20年覇者のオメガパフュームは帝王賞勝利とJRA勢の力関係を見極める上では重要になってくる重賞です。昨年から代替開催となっている中京1900mのコースではどんな傾向が出ているのでしょうか。早速見ていきましょう。それでは本日もよろしくお願いいたします。

※過去5年の平安Sの傾向に加えて中京ダ1900m×3勝クラス以上のデータも一部使用しています。「このコース的には」などのコースについて言及する場合は「中京ダ1900m×3勝クラス以上」という条件のことを指します。


< 目次 >

1.中、中、中が有利に!?



2.G1からの巻き返しはあり、前走での激穴条件は!?



3.中途半端な距離だけに米国系&サンデー系が躍進!?



4.該当馬


1.中、中、中が有利に!?

 まずこの競走の過去5年を振り返ってみると、3枠から5枠に勝ち馬が集中していることがわかります。19年に勝利したチュウワウィザードは4枠7番であったことからもわかる通り、3~5枠という中枠近辺にアドバンテージがある競走です。それはこのコースでも変わらずで、このコース別で見ても2枠から5枠が9勝、それ以外の枠が4勝と2~5枠が中心になっています。コースが変わったから・・・と言って傾向を特段意識する必要はなく、平安ステークスの傾向を参考にして大丈夫そうです。

 ただ、脚質は少し変化があり、京都競馬場で施行されていた時には若干逃げ先行馬が優勢になっていましたが、中京競馬場のダート1900mは中団が有利になっています。これは中京ダート1900mは坂を2回上ることに加えて、初角までの距離が長いコースです。故に逃げ馬は余計に体力を消費しがち。その結果、控えられた先行馬が一番アドバンテージをエル結果になりやすいコースです。また、バテた先行馬を交わせる差し馬も有利になり、それでも後方はチャンスが薄いので、目安は7番手以内。コースの形状、ペースからも中団か前目で競馬のできる馬が有利になっているといえるでしょう。




2.G1からの巻き返しはあり、前走での激穴条件は!?

 前走別に見てみると、この競走はG1からの巻き返しが多く起こる競走です。昨年も1着になったのはこのコースを得意としているオーヴェルニュですが、この馬はフェブラリーS13着からの巻き返しでした。1800m近辺が得意な上にフェブラリーSで凡走した馬は注意が必要でしょう。それ以外のG1からはあまりケースがなく、20年にオメガパフュームが東京大賞典から連勝した程度。G1はフェブラリーSを中心に考えるのがよさそうです。

 一方穴として期待したのは2パターン。前走2000m以上のダートグレード競走で凡走した馬と前走オープン組です。実はこのコース、短縮のほうが向いているコースで、延長馬は勝率5.8%、複勝率19.4%に対して短縮馬は勝率9.9%、複勝率26.3%とどちらも上回っています。2000m以上で凡走した馬であっても「1800mでは実績を残していた馬」には注意が必要です。前走オープン馬に関しても昨年は堅実な結果に終わり活躍馬がいなかったものの、19年12人気2着のモズアトラクション(前走仁川S⦅阪神ダート2000m⦆11着)や、17年15人気3着のマイネルバイカ(前走ブリリアントカップ⦅東京ダート2100m⦆5着)など、巻き返しも多数。それ以外で見るならば昨年はマーチSからの巻き返しがありましたし、近年はアンタレスSも相性自体はよさそうです。ただ、アンタレスSも阪神ダート1800mで施行コース的に似ているため、善戦した馬が中心でしょう。



3.中途半端な距離だけに米国系&サンデー系が躍進!?

 この中京ダート1900m×良馬場で考えた場合、意外にもサンデー系が好調な結果になっています。キズナ産駒を筆頭にパワーがある産駒が中心で、所謂Dサンデー系に分類されるゴールドアリュール産駒や、ネオユニヴァース産駒、キンシャサノキセキ産駒などが活躍しています。一方で、ハーツクライ産駒は昨年この競走5着になったスワーヴアラミスが最上位、ディープインパクト産駒も出走して最下位に終わっているなど「芝が主戦場」の血統は割引が必要そうです。パワーを持っているサンデー系を狙いたいところです。

 ただ、この舞台で中心になっているのはもちろん米国系。エンパイアメーカー産駒やそのひ孫産駒にあたるAmerican Pharaoh産駒のエンパイアメーカー系に加えてヘニーヒューズ産駒、マジェスティックウォリアー産駒が躍動しています。中距離、1800mでも実績を残せる米国系であればしっかりと狙っていきたい所でしょう。なお、ヘニーヒューズ産駒やAmerican Pharaoh産駒は中団から進出していく産駒を狙うのが吉で、パワーを活かして上がっていける産駒を見かけた場合はしっかりと抑えたい所です。

 母父的にみると欧州系も案外好調ですが、ノーザンダンサー系と、Dubawi系に限られている印象ですから、米国的なパワーを持ち合わせている母父欧州系であれば狙っても大丈夫でしょう。基本は米国ノーザンダンサー系と米国ミスプロ系、米国Halo系などの米国系に限られています。



4.該当馬

 それではアンタレスSの該当馬を見ていきましょう。

3.ケイアイパープル

2枠〇 先行〇 前走アンタレスS5着〇 血統〇

 前走アンタレスSでは先行して5着ではありますが、馬券圏内からは約1/2馬身と大きく遅れたイメージはありません。また、このレースは前半3F36.8秒、後半3F37.1秒でかなり早く流れたレースで逃げたアナザートゥルースは16着に敗れていることからも度外視でいいでしょう。逆に久々の中央でよく来たと言えます。今回はやや内枠に入りましたから、そこをこなせればチャンスありです!

9.サンライズホープ

5枠〇 先行〇 前走〇 血統〇

 マジェスティックウォリアー産駒は先行して味の出るタイプで、軽い休み明けの1900mはある意味絶好条件です。この産駒は1800m以上では楽にペースに乗ることが可能になりますから、前走フェブラリーSで12着であったのも仕方がないことと言えます。今回は昨年のシリウスSに近い(シリウスS、8番枠1着)9番枠をゲットできましたので、条件は整っています。後は好走するだけで期待です。

10.スマッシングハーツ

5枠〇 差し〇 短縮◎ 血統〇

 前走はブリリアントカップ10着ではありましたが、これは少し距離が長く参考外(3勝クラスの東京2100m晩秋Sでも6着凡走)。今回は得意な1700m~1900mのバンドに戻って来たこと、得意の中枠に入ったことなどこちらも条件は整ったイメージです。現状11人気ではありますが、巻き返しは十分で期待です。

※あと一頭は競馬王チャンネル「重賞予想」で発表します。


競馬王4月号は3月8日発売!


202204


馬券情報誌『競馬王』2022年4月号の特集テーマは「理論武装で春競馬を勝ち抜く! 」です。大事なクラシックシーズンを目前に控えたこの時期は一年で一番競馬が盛り上がる時期。しかしその一方で、まだまだ未知な部分を多く秘めている3歳馬を理解し、馬券的中へと結びつけるのは難しい。そんな悩める馬券ファンのために、今回も豪華ライター陣が、馬券攻略に役立つ様々な「武器」と「使い方」を伝授してくれます!


今井雅宏
棟広良隆
メシ馬
立川優馬
安井涼太
馬ノスケ
シンヤカズヒロ
とうけいば

○TARO&まいこ
TAROが教える地方交流重賞攻略術
○卍
妙味度から探る春の買い銘柄
○伊吹雅也
血統&ジョッキー偏差値先行攻略
〇オオタケ/nige
南関競馬の愉しみ方
〇新人予想家!モモタタカマサ
ラチ前スナイパー
●矢作芳人 「ヤハギの予言」海外挑戦史
●武英智 独占インタビュー「メイケイエールで描くG1制覇の夢」

ご予約はこちら


明日は放送になります。このレースも放送中に行いますので、競馬王新聞の結論と共に見ていただけると嬉しいです。ぜひチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

それでは!

ヒデ

2022年5月15日 (日)

軽視されている馬に期待!? ヴィクトリアM分析

 こんばんは、ヒデです。土曜日は放送もご覧いただきありがとうございました。さて、放送でも全頭を見ましたヴィクトリアマイルの分析を改めて行っていきたいと思います。近年は比較的堅実に見える競走ですが、それは強い馬がしっかり勝っているから。それでも毎年のように8人気以下が好走する難解G1だけに、今年混戦模様となった今年は大きな配当が飛び出す可能性も十分です。それではどのような馬が有利になるのでしょうか。早速見ていきましょう。それでは本日もよろしくお願いいたします。


< 目次 >

1.先週に引き続き差し馬に妙味!?



2.阪神牝馬Sが波乱のカギを握る!?



3.サンデー系と欧州系を狙い撃ち!!



4.該当馬


1.先週に引き続き差し馬に妙味!?

 先週は殿人気カワキタレブリーが差しに回って激走を果たした(今井雅宏さんからは「位置取りショックだったね」と言われました)通り、この時期の東京マイルコースはかなり「差し有利」になっています。このヴィクトリアマイルでも差し有利となっており、データ集計期間の過去5年では17年アドマイヤリードなど1~3着、18年ジュールポレール、19年ノームコアなど1~3着、20年3着のノームコア、21年グランアレグリアなど1~3着と毎年のように差し馬が馬券圏内に入っていることがわかります。人気薄であっても激走連発で、昨年の10人気2着マジックキャッスルや17年11人気2着のデンコウアンジュなどがこのパターンで激走していることがわかります。土曜日東京で施行された重賞である京王杯SCでも1着メイケイエール差し、2着スカイグルーヴ差し、3着タイムトゥヘヴン追込みという完全な差し馬場であったことからも差し馬に期待したいところです。

 また、勝利数で考えると6枠以内ということになります。NHKマイルでは外枠が優勢でしたが、Bコースに変わった最初の週であるヴィクトリアマイルでは枠は逆の傾向になっていると考えるのが良いでしょう。内枠差し馬が特に好調です。外枠は人気馬が来ている程度ですからそこまで気にする必要はなさそうです。



2.阪神牝馬Sが波乱のカギを握る!?

 この競走で主流なローテは4レース。阪神牝馬S、中山牝馬S、福島牝馬S、高松宮記念の4レースですが、それぞれ狙いどころが異なります。高松宮記念から馬券になったのはその前年に勝利していたノームコアのみで、それ以外の好走はありません。好走が少ないという点では中山牝馬Sや福島牝馬Sも同様。中山牝馬Sから来た2頭は東京の重賞で実績があったノームコア(勝利した19年)、勝利で勢いに乗っていたラブリングアレー(21年10人気2着と)でしたし、福島牝馬Sも来たのは17年のデンコウアンジュのみ。この馬も2歳時にマイル重賞であるアルテミスSを勝利しているなど、東京で施行される重賞での実績(勝利が欲しいところ)が重要だということができます。G1も延長では短縮のほうが全体的に好調なため、穴馬候補はまず短縮であるということが挙げられるでしょう。

 中心の中心は前走阪神牝馬S組。【2- 2- 4- 32/40】で平均して毎年8頭、1/3が出走している計算になります。それでも馬券圏内に入っているのは前走阪神牝馬S5着以内=掲示板内に入った馬限定です。19年に11人気3着と穴を開けたクロコスミアですが、その前走はこの競走5着でした。このことから言えるのは「阪神牝馬善戦したにも関わらず軽視されている馬」というのが一番の狙い目になっていると言えます。



3.サンデー系と欧州系を狙い撃ち!!

 この競走、まず目を見張るのが「ディープインパクト産駒の強さ」です。昨年はなんとディープインパクト産駒が1~3着を独占するなどディープインパクト産駒はかなり好走していることがわかります。中5週~9週のディープインパクト産駒を見かけた場合は積極的に狙っていくのが良いでしょう。この競走に関しては休み明けが向いている競走ではありません。毎年ディープインパクト産駒が走っていることからも東京マイルはディープインパクト産駒、というのがよくわかります。思い返せばディープインパクト産駒が初めてG1を制したのもこの東京マイル(=NHKマイル、リアルインパクト)ですから、相当相性は良いはずです。G1という極限の舞台ではより際立っています。

 一方、過去5年のコンスタントさで引けを取らないのが「欧州系」特に欧州ノーザンダンサー系はノームコアが勝利したり、前述のデンコウアンジュ(父:メイショウサムソン)が2着に好走するなど父系でも狙える格好になっています。その他に目をやっても21年は2・3着は共に母父ロベルト系、18年1着のジュールポレールや同年3着のレッドアヴァンセも母父欧州ノーザンダンサー系とかなり目立っています。米国系は中距離に適性があり、パワーが豊富な産駒が好調で、クロコスミアのボストンハーバー系などが穴を開けています。近年はパワー持続力がより求められるようになってきた東京競馬場ですから、今年も欧州系や米国中距離系の血には警戒が必要でしょう。



4.該当馬

 それではヴィクトリアマイルの該当馬を見ていきましょう。

2.ソングライン

差し〇 内枠〇 前走? 血統◎

 前走はサウジアラビアで開催された1351ターフスプリント1着ということで距離延長で臨んできます。この馬は3歳時のNHKマイルCで2着に入っていたり、富士Sで1着になったりと東京マイルコースとの相性は抜群。放送でもかなり評価しましたが、改めて評価したい一頭となっています。人気馬の中ではかなり期待できます。

3.メイショウミモザ

差し〇 2枠◎ 前走〇 血統〇

 阪神牝馬Sを勝利しながらもそれまでがスプリント専門であったからか案外「フロック視」されているイメージです。前走も内枠で展開がハマった感はありましたが、今回も引き続き内枠。ハーツクライ産駒は内枠が特に好調なイメージがありますから、ここはこの人気であれば引き続き狙っていきたい所でしょう。期待です。

4.マジックキャッスル

差し〇 2枠◎ 前走〇 血統〇

 こちらも前走阪神牝馬Sで5着と善戦したにも関わらず人気を下げている馬です。昨年は5人気3着。リピーターが来やすい競走でありますが、それだけリピーターが来るということは「毎年求められる適性に大差がない」ことと同義だと私は捉えています。ですから今年もそこまで割り引く必要はなく、もしかするとこの馬が1着なんて波乱が起こっても何ら不思議ではありません。「そっちのディープインパクト産駒かよ!」を期待しています。



17.シャドウディーヴァ

差し〇 8枠△ 前走△ 血統〇

 昨年の秋に「これはかなり欧州系のパワーと持続力が求められる馬場だな」と痛感させられたのがこの馬の府中牝馬S。今回は外枠になりましたが、多頭数と短縮で外枠の不利が多少緩和されることは間違いなさそうです。今回はなぜかかなり人気がありませんから穴馬として期待したいところです。


競馬王4月号は3月8日発売!


202204


馬券情報誌『競馬王』2022年4月号の特集テーマは「理論武装で春競馬を勝ち抜く! 」です。大事なクラシックシーズンを目前に控えたこの時期は一年で一番競馬が盛り上がる時期。しかしその一方で、まだまだ未知な部分を多く秘めている3歳馬を理解し、馬券的中へと結びつけるのは難しい。そんな悩める馬券ファンのために、今回も豪華ライター陣が、馬券攻略に役立つ様々な「武器」と「使い方」を伝授してくれます!


今井雅宏
棟広良隆
メシ馬
立川優馬
安井涼太
馬ノスケ
シンヤカズヒロ
とうけいば

○TARO&まいこ
TAROが教える地方交流重賞攻略術
○卍
妙味度から探る春の買い銘柄
○伊吹雅也
血統&ジョッキー偏差値先行攻略
〇オオタケ/nige
南関競馬の愉しみ方
〇新人予想家!モモタタカマサ
ラチ前スナイパー
●矢作芳人 「ヤハギの予言」海外挑戦史
●武英智 独占インタビュー「メイケイエールで描くG1制覇の夢」

ご予約はこちら


昨年のブログが今頃再燃していてびっくりしています。参考になれば幸いです。

またあのような記事を書けるように時間を作りたいと思います。土曜日は放送もありがとうございました。チャンネル登録もよろしくお願いいたします。

それでは!

ヒデ

2022年5月13日 (金)

東京競馬場らしからぬレースに!? 京王杯SC分析

 こんばんは、ヒデです。今日は緑色の五月雨が降る日ですが、馬場状態があまり良くない予測になりそうな東京競馬場。そんな中、土曜日に行われる1400mの重賞京王杯スプリングカップを分析していきたいと思います。堅実なイメージのレースですが、はたしてどのような馬が有利なのでしょうか。早速見ていきましょう。それでは本日もよろしくお願いいたします。


< 目次 >

1.馬場が渋ると前残りに!?



2.馬場が悪化すると重要になってくる前走「差し」



3.馬場が渋ればキンカメ系、米国ミスプロ系で決まり!?



4.該当馬


1.馬場が渋ると前残りに!?

 今年は12頭立てと、過去5年と比較すると少ない頭数となりました。また、稍重の施行となれば21年以来2年ぶり、重馬場での施行となれば17年以来5年ぶりです。良馬場時と稍重・重馬場で一番変化するのが「脚質」。先行馬は、良馬場時には21年にラウダシオンが制するなどありましたが、【1- 0- 2- 6】に留まっており、信頼できる脚質ではありません。Bコースに変わる週であるにも関わらず差し馬が年々有利になっていました。ただ、稍重以上に馬場が悪化するとその状況は一変します。稍重以上の馬場では逃げたダノンスマッシュが勝利したり、重馬場に悪化した中施行された17年には11人気のクラレントが先行して2着に激走しているなど、前が相対的に有利となっています。後ろから届いたのは人気でなければ厳しい結果となっていました。それに加えて東京競馬場は昨年の秋の開催から持続力重視の若干タフな馬場に変わったため、先行馬や差し馬でも長く脚を使える馬が有利になるいつもの東京競馬場のような末脚勝負にはならない可能性が高いため、注意が必要です。

 ただ、枠順は外枠有利傾向にありますので、特にごちゃつかない外枠から先行できた馬は強く、8枠からは前述のクラレントやダノンスマッシュは共に8枠からの走りとなっていました。また、5歳以上のほうが活躍しやすい傾向にあるレースでもありますので、馬券には外枠×5歳以上を据えるのが良いでしょう。



2.馬場が悪化すると重要になってくる前走「差し」

 この競走は高松宮記念から出走してくる馬が順当に強いというレースですが、雨になると前走高松宮記念組は複勝率57.1%まで上昇します(このレース全体では複勝率43.8%)。加えてこの条件では単複の回収率100%を超えていますので、出走している場合は積極的に抑えておきたい所です。短縮や同距離ローテはさっぱりですが、ダービー卿チャレンジトロフィーから出走してきた馬に関しては検討の余地はありそうです。それでも高松宮記念から出走してくる馬には成績が及びません。なお、同距離ローテは5頭が出走して1頭も馬券になっていません(稍重以上の場合)ので軽視するのが賢明でしょう。

 着順に関しては特に気にする必要はなく、20年にダノンスマッシュが10着から巻き返して来ているように10着以下からでも平気で巻き返して来ています。逆に2着以内だった場合は4頭出走して馬券になった馬は0。20年4着のラヴィングアンサーが来た程度で2着以内よりも3着以下に敗れている馬を狙っていくのがよさそうです。



3.馬場が渋ればキンカメ系、米国ミスプロ系で決まり!?

 1で書いた通り、外枠から逃げた馬やじわじわと伸びてくる馬が有利な傾向になっています。血統的にそれを狙っていくのであればロードカナロア産駒。前回稍重で施行された20年はロードカナロア産駒が1~3着を独占していることから馬場が渋ればロードカナロア産駒がかなり有利でしょう。サンデー系も悪いわけではありませんが、良馬場で施行された時こそ優勢になっているものの、稍重以上に悪化した場合はサンデー系の活躍はかなり厳しくなります。この場合は2000m以上でも実績を残せる種牡馬が有利となり、母父は欧州系がほぼ絶対条件。父サンデー系×母父欧州ノーザンダンサー系、ロベルト系である場合は期待できそうです。

 キンカメ系、米国ミスプロ系と2000m以上もこなせるサンデー系が父系では中心になっていますから、そこに母父欧州系が入っていれば組み込みたいですね。



4.該当馬

2.リフレイム

先行〇 枠△ 前走〇 血統〇

 2月の節分Sでは破天荒な勝ち方で勝利したこの馬ですが、デビュー2戦目では東京1400mの舞台で勝利するなど決してこのコースをこなせないわけではありません。ダートよりも芝が向いている牝馬で、同距離ローテでないほうがよさそうでもありますので、今回のような短縮は持ってこいでしょう。期待できそうです。

11.ビオグラフィー

差し〇? 外枠◎ 前走△ 血統◎

 好調なロードカナロア産駒です。昨年は昇級戦ながら5着と大健闘。馬券になるタイミングが難しい馬ですが、今回は馬場的にも期待できそうです。前走15着からの巻き返しも十分あるでしょう。

12.メイケイエール

先行〇 外枠◎ 前走◎ 血統〇?

 今回は1人気になりそうなこの馬ですが、ローテ的にも母父ハービンジャーであること的にも期待できそうです。1400mへの延長はミッキーアイル産駒が得意とする条件で、この馬も小倉2歳S→ファンタジーSの延長をしっかりこなして重賞連勝を成し遂げました。間隔も開いてしっかりスタートさえできれば血統的に問題はないでしょう。期待です。


競馬王4月号は3月8日発売!


202204


馬券情報誌『競馬王』2022年4月号の特集テーマは「理論武装で春競馬を勝ち抜く! 」です。大事なクラシックシーズンを目前に控えたこの時期は一年で一番競馬が盛り上がる時期。しかしその一方で、まだまだ未知な部分を多く秘めている3歳馬を理解し、馬券的中へと結びつけるのは難しい。そんな悩める馬券ファンのために、今回も豪華ライター陣が、馬券攻略に役立つ様々な「武器」と「使い方」を伝授してくれます!


今井雅宏
棟広良隆
メシ馬
立川優馬
安井涼太
馬ノスケ
シンヤカズヒロ
とうけいば

○TARO&まいこ
TAROが教える地方交流重賞攻略術
○卍
妙味度から探る春の買い銘柄
○伊吹雅也
血統&ジョッキー偏差値先行攻略
〇オオタケ/nige
南関競馬の愉しみ方
〇新人予想家!モモタタカマサ
ラチ前スナイパー
●矢作芳人 「ヤハギの予言」海外挑戦史
●武英智 独占インタビュー「メイケイエールで描くG1制覇の夢」

ご予約はこちら


非常に芝がきれいな時期の施行なイメージなので雨は意外な感じがします。

どのくらいの馬場になるでしょうか。

それでは!

ヒデ

2022年5月 8日 (日)

マイル王者決定戦だけに実績で勝負!? NHKマイル分析

 おはようございます、ヒデです。本日は東京競馬場の5週連続G1開催がいよいよ始まります。第一ラウンドは3歳マイル王者決定戦NHKマイルカップが施行されます。近年は波乱も起こりやすいこの競走、その中にはどんな理由があるのでしょうか。早速その要因を見ていきましょう。それでは本日はよろしくお願いします。


< 目次 >



1.人気の差し穴の先行馬!?

2.前走は重賞のみが輝く!



3.無視できないディープインパクト系!



4.該当馬


1.人気の差し穴の先行馬!?

 差しが有利になってきてる東京競馬場、土曜日の馬場傾向を見てみてもプリンシパルSでもキングパレスが最後方から追い込んで来たことからも差し馬場であることがわかります。過去のNHKマイルも全体的に差し馬が有利な傾向となっています。昨年も差し馬のシュネルマイスターがきっちり勝利していますし、18年にはケイアイノーテックが追い込みが決まったりと基本的には差し馬を重視したほうがよさそうです。20年こそラウダシオンとレシステンシアという逃げ先行馬が連対していますが、これは前半3F34秒台のスローペースに落ちたから。こうなると先行馬有利になります。今年は前に行く馬が多いためペースが流れ、差し有利になる可能性が高そうです。

 枠的には圧倒的に外枠有利。過去5年は6枠以降からしか勝ち馬が出ていないことからも明らかです。特に4枠より内は3着が限界で、1枠は14年2着のタガノブルグ(17人気)が最後と内枠不利、外枠有利が顕著に出ています。



2.前走は重賞のみが輝く!

 前走は重賞出走馬がほとんどで、未勝利や1勝クラス、オープン特別から出走してきた馬はチャンスが薄い状態になっています。特に相性が良いのはG1である皐月賞、桜花賞組からのローテです。勝利馬はおもに前走2〜5着から出ていますので「勝利しておらず善戦している馬」が好調になっています。穴を開けているのは前走好走しながらもブロック視されて過小評価されている馬です。これは結果論になってしまっていますが、京王杯SCを勝利したラウダシオンやその後重賞勝利を挙げたケイデンスコール(19年2着)やカテドラル(19年3着)、過去10年まで広げるとミッキーアイルなど今後に繋がるレースになりやすい特徴があります。話は飛んでしまいましたが、それだけ重要なレースだけに、善戦しながらも軽視されている馬に関しては穴馬として狙っていくのが良さそうです。

 なお勝ち馬は前走中山競馬場から出走してくる馬が有利に。ただ競走は別々で皐月賞や弥生賞(ディープインパクト記念)、NZTとさまざまです。複勝率が高いのは阪神競馬場ですから、頭で狙いたいのは中山競馬場から出走してくる馬、複勝で狙いたいのは阪神からの出走馬となっています。



3.無視できないディープインパクト系!

 毎年強い傾向があるのがディープインパクト産駒。18年にはケイアイノーテックが勝利するなど自身の産駒もさることながら、孫産駒でディープ系になってもその強さは衰えず、リアルインパクト産駒のラウダシオンやキズナ産駒のソングラインなど活躍馬が出始めています。そのほかアドマイヤマーズを出しているダイワメジャー産駒も全体的に好調なイメージです。一方でロードカナロア産駒は9頭が出走して2着にきたケイデンスコールのみが馬券になっていることから考えるとあまり期待できる産駒ではないと言えます。クロフネ産駒のアエロリットやKingman産駒のシュネルマイスターがいたノーザンダンサー系とサンデー系の一騎討ちになっていると言って大丈夫でしょう。

 母父系もノーザンダンサー系は不調ではありませんが、どちらかと言えば米国ミスプロ系も優勢。ただ今年は父主流血統×母父欧州系などのパワー系が優勢になっていますので、このあたりは当日の馬場傾向を考えながら検討していくのが良さそうです。



4.該当馬

1.マテンロウオリオン

差し◯ 前走2着◎ 内枠△ 血統◯

 ダイワメジャー産駒の同馬か4.セリフォスどちらかはおそらく馬券内に来ると思います。横山典弘騎手ですからうまく外に回して上がってくる可能性も否めません。血統的には今の馬場ともマッチしていますので、NZT2着の実績も信頼してきたいというところでしょう。

7.タイセイディバイン

穴馬×先行◯ 前走2着◎ 4枠△ 血統◯

 前走アーリントンCは分析でも書きましたが「東京1400m適性」が重要なレースでした。そのためこのレースとも合いそうですが、1着のダノンスコーピオンと3着のキングエルメスが人気になっているのに対してこちらはそこまでで人気がないというのは過小評価だと思います。期待します。

15.オタルエバー

穴馬×差し△ 前走3着◯ 7枠◯ 血統◯

 11.インダストリアと同じリオンディーズ産駒ですが、狙いたいのはこちらの方。延長が得意な産駒と短縮が得意な産駒で分かれるリオンディーズ産駒ですが、こらちは延長もこなしてくれそう。今井雅宏さんのオプションも延と表記されていますので、こなせない訳ではなさそうです。


競馬王4月号は3月8日発売!


4

馬券情報誌『競馬王』2022年4月号の特集テーマは「理論武装で春競馬を勝ち抜く! 」です。大事なクラシックシーズンを目前に控えたこの時期は一年で一番競馬が盛り上がる時期。しかしその一方で、まだまだ未知な部分を多く秘めている3歳馬を理解し、馬券的中へと結びつけるのは難しい。そんな悩める馬券ファンのために、今回も豪華ライター陣が、馬券攻略に役立つ様々な「武器」と「使い方」を伝授してくれます!


今井雅宏
棟広良隆
メシ馬
立川優馬
安井涼太
馬ノスケ
シンヤカズヒロ
とうけいば

○TARO&まいこ
TAROが教える地方交流重賞攻略術
○卍
妙味度から探る春の買い銘柄
○伊吹雅也
血統&ジョッキー偏差値先行攻略
〇オオタケ/nige
南関競馬の愉しみ方
〇新人予想家!モモタタカマサ
ラチ前スナイパー
●矢作芳人 「ヤハギの予言」海外挑戦史
●武英智 独占インタビュー「メイケイエールで描くG1制覇の夢」

ご予約はこちら


放送を見返してみると初心に立ち返るかもしれません。

今日は久々の東京競馬場での観戦、楽しみます!

それでは!

ヒデ

2022年5月 6日 (金)

差し馬場でもロンスパ!? 京都新聞杯

 こんばんは、ヒデです。いよいよ5月ということで、3歳馬にとっては晴れ舞台が迫ってきています。そんな今週は3歳重賞が2つとその気運が高まってきています。本日はダービーへの実質最後の関門、京都新聞杯を分析しています。中京開催の2年目を迎えますが、果たしてどのような結果になるでしょうか。早速見ていきましょう。それでは本日もよろしくお願いいたします。


< 目次 >

1.差し馬場になるのは中京も変わらず!?



2.1勝クラスからのローテに妙味あり!?



3.ディープインパクトなど主流血統が攻略のカギに!?



4.該当馬




1.差し馬場になるのは中京も変わらず!?

 いままで施行されてきていた京都芝2200mは改修中であるため、昨年から中京競馬場に舞台を移して中京芝2200mで施行されています。コースが右回りから左回りに変わっただけでなく、最後の直線には中山競馬場に次いで急勾配の坂があるなど、かなりタイプも異なりますが、不変なのは「上りを求められる差し馬場」であるということです。過去5年で調べてみると上り1位を出した馬は【3- 1- 1 -1/6】という成績で、着外に沈んだのは18年のアルムフォルツァの1ケースのみ。昨年も上り1位のレッドジェネシスが勝利するなど、中京競馬場でも上りは重要になっていきそうです。ただし同じ上りを出せる馬でも適性が変わっている面には注意が必要で、昨年は残り1000m程度から加速、最後の直線で粘れた馬が勝利しており、単純な差し馬というよりは持続力で差して来る馬が勝利のカギを握っている状況になっています。持続力のある馬を狙っていくのが最善でしょう。

 枠的な有利はあまりでていません。複勝率が25%を超えているのは2枠・4枠・6枠ですから、その3枠には注意しておきたいところです。昨年も人気で決着こそしたものの、2着に入ったルペルカーリアは4枠、4着に入った11人気のトウホウバロンは6枠、5着に入った6人気のヴェーロチェオロは2枠と人気薄ながら掲示板に入った馬は共に2・4・6枠であったことからもこの傾向を無視して予想するのは危険と言え、今年も警戒が必要でしょう。



2.1勝クラスからのローテに妙味あり!?

 ダービーへのラストチャンスを狙う競走だけに、レース自体のメンバーレベルも高くなりがち。それだけに未勝利戦勝利からのローテで出走してきた馬は11頭いて8着が最高と割引が必要な状態に。1勝クラス以上が中心になりそうです。そんな中ポイントになりそうなのは「前走人気」。1勝クラス1人気からのローテで昨年1着のレッドジェネシス(全走阪神2400mゆきやなぎ賞1人気1着)や同年3着のマカオンドール(中京2200m大寒桜賞1人気1着)、19年3着のサトノソロモンは7人気からの激走でしたが、前走は大寒桜賞1人気(7着)となっていたように、1人気→人気薄というローテでも好走を果たしています。5人気以内であれば巻き返しもあり得ますので、前走1勝クラス5人気以内&同距離以上のローテであれば人気薄でも狙っていきたいところです。

 重賞であっても人気があった馬はもちろん、2000m以上の1勝クラス以上で勝利しているか、2000m以上の重賞で3着以内に入っている馬が好走条件です。重賞は前走着順に関してはそこまで問題ではなく、適性の方が重要なようです。前走着順に惑わされることなくそれまでに2000m以上で実績があるかを確認するようにしましょう。



3.ディープインパクトなど主流血統が攻略のカギに!?

 この競走で強さを発揮しているのはサンデー系やキンカメ系と言った主流血統が優勢になっています。勝利したのはディープインパクト産駒やその孫産駒のキズナ、ステイゴールドやハーツクライ産駒などの芝中距離で実績を残しているサンデ―系が特に有利になっています。主流血統以外はまったくと言っていいほど馬券にはならず、ハービンジャー産駒は5頭出走して3着以内0頭、モーリス産駒も1人気だったルペルカーリアが2着に入った程度と今一つ。父系に入るのは主流血統が一番でしょう。

 母父系では一気にノーザンダンサー系が勝負を分けます。昨年1着のレッドジェネシスは母父ストームキャットで米国ノーザンダンサー系、京都開催時代にはなりますが、19年2着で後のダービー馬ロジャーバローズはダンチヒ系、18年に11人気で穴を開けたアドマイヤアルバも母父Bernsteinで米国ノーザンダンサー系でした。母父にノーザンダンサー系が入っている馬は【3- 2- 2- 14】と3割が馬券になっていますので、主流血統×母父ノーザンダンサー系が中心になりそうです。また、昨年は3着にも欧州ナスルーラ系のマカオンドールが入ったように、中京開催ではノーザンダンサー系と欧州系が注目の母父系になると言えます。



4.該当馬

 それでは京都新聞杯の該当馬を見ていきましょう。

6.アップデート

差し〇 前走1勝クラス〇 前走1勝クラス2人気〇 血統〇?

 短縮ローテというのが気になりますが、前走別に見るとかなり狙っていきたい馬の一頭です。前走阪神2400mの1勝クラスは昨年のレッドジェネシスがいるように相性の良いローテ。1着で抑えたほうが良い馬ですので、ピンかパーかの馬券を購入するのがよさそうです。期待です。

7.リアド

先行△ 6枠〇 前走重賞△ 2000m以上実績〇 血統〇

 前走は短縮で成績を残せませんでしたが、延長ローテは若駒S2着になった実績もありますし、期待できるローテであることは間違いありません。ディープインパクト産駒ですし、リファールのクロスが入るなど、血統的にも持続力はありそうです。人気になると思いますが、枠込みで評価したいところです。

10.ブラックブロッサム

先行△ 前走〇 2000m以上実績〇 血統〇

 キタサンブラック産駒に母父ノーザンダンサー系、中京競馬場で連勝してきた馬です。今回はダミアンレーン騎手が騎乗するということでかなり期待されていることがわかります。大寒桜賞1着の馬は昨年のルペルカーリアなど活躍傾向にありますから、メンバーレベルがそこまで高くないここはしっかり賞金を加算して今後へ臨みたいところでしょう。期待できます。

11.ヴェローナシチー

差し〇 前走△? 2000m以上実績〇 血統〇

 今回延長ローテの外枠というのはかなり期待のできる臨戦過程。逆に前走短縮で2着というのが驚きな位です。今回はその若葉S2着から皐月賞には出走せずにここに狙いを定めてきました。それで22時半現在(オッズ的には10倍程度ですが)7人気となっているのは意外な印象を受けます。ここは穴馬として期待したいです。


競馬王4月号は3月8日発売!


4

馬券情報誌『競馬王』2022年4月号の特集テーマは「理論武装で春競馬を勝ち抜く! 」です。大事なクラシックシーズンを目前に控えたこの時期は一年で一番競馬が盛り上がる時期。しかしその一方で、まだまだ未知な部分を多く秘めている3歳馬を理解し、馬券的中へと結びつけるのは難しい。そんな悩める馬券ファンのために、今回も豪華ライター陣が、馬券攻略に役立つ様々な「武器」と「使い方」を伝授してくれます!


今井雅宏
棟広良隆
メシ馬
立川優馬
安井涼太
馬ノスケ
シンヤカズヒロ
とうけいば

○TARO&まいこ
TAROが教える地方交流重賞攻略術
○卍
妙味度から探る春の買い銘柄
○伊吹雅也
血統&ジョッキー偏差値先行攻略
〇オオタケ/nige
南関競馬の愉しみ方
〇新人予想家!モモタタカマサ
ラチ前スナイパー
●矢作芳人 「ヤハギの予言」海外挑戦史
●武英智 独占インタビュー「メイケイエールで描くG1制覇の夢」

ご予約はこちら


今後につながることも多い競走ですが、今年はどの馬が結果を残すのでしょうか。

放送もお楽しみに!!

それでは!

ヒデ

2022年5月 1日 (日)

上りと持続と善戦と。 天皇賞春分析

 おはようございます。ヒデです。今日はいよいよ天皇賞春が行われます。昨年は堅実な結果となった天皇賞春ですが、今年は雨模様に。果たしてどのような結果になるのでしょうか。早速見ていきたいと思います。それでは本日もよろしくお願いいたします。


< 目次 >

1.初のフルゲート、その影響は!?



2.何も考えずに上りを見ろ!?



3.主流血統×欧州血統で勝負!?



4.該当馬




1.初のフルゲート、その影響は!?

 阪神3200mは昨年久しぶりに施行された距離で、今年の松籟Sを合わせても3度しか施行されたことのないコースとなっています。通常施行される京都3200mとはまったく異なる印象になっています。松籟Sは3勝クラスであるためメンバーが揃わず、昨年の天皇賞春でも17頭が出走するに留まっていました。ですので今回のようなフルゲートは初めてですのでそれがどう出るでしょうか。阪神競馬場芝3200mは「阪神と京都の3200mは実際別物なの?分析しました」でも書きましたが、このコースは3度坂を上るコース。ラップタイムを見ても坂は相当キツそうで、坂がある1600m~1800mでは1秒以上タイムが遅くなっています。かなりタフな傾向と言えるでしょう。タフになっているということは持続力が非常に重要になるということで、ロスの多い外枠に入っていないほうが良いでしょう。過去3度施行された中で8枠の勝利は1頭、14番ゲート以降は勝利どころか馬券圏内に入っている馬もいません。勝利している馬は6番ゲート以内ですから圧倒的に内優位になっていますね。最初のコーナーまでの距離は長いものの、終始外をまわったディープボンドが最後2着に敗れたことからロスが大きく響くコースであることは間違いありません。

 脚質的にも減速ラップになっていますから馬券になっているのは先行馬が中心です。いままで行われた3レースでは逃げ先行差しが1勝ずつしていますが、複勝率で高くなっているのは50%を超えています。上りを出せていても勝ち切れないレースでもあり、瞬発力だけで勝負する馬にとってはキツいといえるでしょう。捲っていくにもコーナーがきつい&直線が短いことから普通のコースよりも長く脚を使わなければならないことになります。昨年3角から上がっていったウインマリリンは5着、3角すぎからタイムを上げていったワールドプレミアが1着になっていることからもこの傾向が強く出ていることは明らかでしょう。長く脚を使える馬、瞬発力を持続できるタイプがいいでしょう。



2.何も考えずに上りを見ろ!?

 このレース、このコースで非常に重要になってくるのが「上り」です。昨年の天皇賞春覇者ワールドプレミアもその前走日経賞で上り1位だったように前走上りを出せている馬が非常に重要になっています。このコースで行われた3レースはともに上り2位以内が勝利している馬が勝っていることからもよくわかります。これは阪神大賞典とも同じような傾向になっていますから類似点があるといえそうですね。まずは各馬の上りタイムを見るところから初めても良いでしょう。上りの出せていない馬は割引が必要です。

 京都時代も含めた過去5年は昇級もしくは格上挑戦というのはあまり見かけませんが、結果には結びついていません。昨年は同コースである松籟Sを勝利したディアスティマが出走しましたが7人気6着と善戦どまりになっていました。軸にはできないでしょう。重賞のローテですと大阪杯、阪神大賞典、日経賞に限られていますね。そしていくら「レベルが低い」と言われてしまうようなレースであっても馬券になるのは前走4着以内の馬に限られています。巻き返しというのは見られませんので、その面には注意して確認する必要がありそうですね。

 そしてもう一つのポイントは「菊花賞」。これも土曜の放送で話しましたが、これはかなり印象が強いです。過去5年の勝ち馬を見てみると

21年→ワールドプレミア(19年菊花賞1着)

20年→フィエールマン(連覇)

19年→フィエールマン(18年菊花賞1着)

18年→レインボーライン(16年菊花賞2着)※菊花賞馬の出走なし

17年→キタサンブラック(15年菊花賞1着)

と菊花賞を勝っている馬が有利に働いていました。3000m以上の重賞で勝利している場合でも強かったので菊花賞を一つのボーダーとして考えるのも良いかと思います。



3.主流血統×欧州血統で勝負!?

 3000m以上の競走ということで「長距離適性」はもちろん必要になってきます。ただ、それは陣営も同じで「3200mに実績がある」と判断したからこそ出走させているのでしょう。それでは適性面には大きな差は生まれません。それではどこで判断するのが良いでしょうか。その一つが「末脚の持続」にあると考えられます。昨年の3着以内を見るとよくわかります。ワールドプレミアは母父がドイツ血統、ディープボンドは母父キングヘイローでダンシングブレーヴ系と欧州の重厚な血統となっていました(3着カレンブーケドールはディープ産駒&前走上り1位)。阪神は前述の通り「坂を2回越えることに加えて最後の直線が短い」コースです。そうなってくると必然的に上りが出せるサンデー系に欧州の重厚な血統が入っていることが有利と言えるでしょう。これは阪神3200mで馬券圏内に入ってるのが主流血統しかいないことからも明らかですね。特にディープインパクト産駒は2勝していることから特にこのコースとの相性がいいと言えますね。

 母父系で見てもトニービンやパラダイスクリーク、前述のキングヘイロー系のように欧州系が入っていると有利になっています。瞬発力を殺さないながらも重厚な欧州血統が入っているほうがよく、フランス的な適性が求められているといえるでしょう。フランス型の欧州系は末脚を伸ばす力があると言われていますから理想的です。トニービンもダンシングブレーヴも凱旋門賞を勝利していることからもフランス的な末脚を殺さないサンデー系の組み合わせがベストマッチな適性でしょう。ただ面白いのが「母父欧州系だけでは決着しない」というところ。母父米国系でも届く場合があるんです。これは米国ノーザンダンサー系が圧倒的に優位になっていますので、欧州系もしくは米国ノーザンダンサー系が母父に入っている馬を狙っていくのが良いでしょう。

4.該当馬

 すこし長くなってしまいましたが、天皇賞春の該当馬を見ていきましょう。

5.マカオンドール

内枠〇 差し△ 前走掲示板〇 菊花賞実績△ 前走上り〇 血統〇 

 狙うなら前走というイメージが強いですが(前走も推奨していますね)わずかに届かず4着。血統派母父ミルリーフ系、父は菊花賞馬ゴールドシップ、上りは3位以内などいろんな条件はクリアしているものの馬自身のレベルという意味ではよくも悪くも判断に困るところです。今回それにしては人気しすぎですから、自信をもって推すことはできない印象です。それでも該当条件は多く、期待ですね。

9.ヒートオンビート

中枠〇 先行〇 前走掲示板〇 菊花賞実績△ 前走上り〇 血統〇

 前走は日経賞で先行有利にも助けられたものの見事3着確保。上りは1位という絶好条件になったといえます。今走は距離延長で微妙なイメージもありますが、延長ローテは勝ちこそないものの、【0-2-1-2】と複勝率50%超えの成績に。今回も善戦期待というところでしょう。キングカメハメハ産駒の勝利はないという距離の壁を超えられるかがポイントですね。

16.タイトルホルダー

外枠△? 先行〇 前走掲示板〇 菊花賞実績〇 前走上り〇 血統〇

 前走は1倍台の支持に応えて圧勝。本番に向けてはずみをつけました。個人的に有馬記念は「負けて強し」の内容で、1~9着になった馬で唯一残ったその強さは世代随一。昨年の菊花賞は内枠からしっかり抜けいているなど長距離の安定感も抜群ですから、その菊花賞を勝った阪神であれば再び期待でしょう。血統的にもドゥラメンテに英国血統とかなり重たい雰囲気で、粘りという観点では相当なもの。外枠が心配ですが、外枠&延長得意なドゥラメンテ産駒、和生騎手も調子いいですしかなり期待していいと思いますね!

最後に激走期待の波乱の使者を競馬王チャンネル「重賞予想」内にて公開中!


2022年4月24日 (日)

内枠の昇級組が樫へ弾む!? フローラS分析

 おはようございます、ヒデです。 雨が気になる東京競馬場では本日オークストライアルのフローラSが施行されますね。2000mという「クセ強」コースで施行されるこの競走、果たしてどのような馬が有利になるのでしょうか。それでは本日もよろしくお願いします。




< 目次 >

1.内枠が絶対優勢!?



2.昇級戦馬のためのレース!?



3.欧州系とサンデー系で決まり!?



4.該当馬




1.内枠が絶対優勢!?

 東京競馬場2000mは天皇賞秋も行われるコースですが、1コーナー奥のポケット地点からスタートする関係でスタートしてすぐコーナーがやってくるコースとなっています。そのため内枠(1・2枠)が圧倒的に有利になりやすく、先行力のある外枠の馬が被せたりする関係で中枠が不利になりやすいコースとなっています。これはこのレースでも同様で、1・2枠が過去5年4勝を挙げています。4枠は不利ということもありませんが、5~7枠は若干不利な結果が残っています。内枠と4枠、8枠が中心になると言えるでしょう。

 脚質は開幕週で例年開催されているにも関わらず差しが優勢。特に上り2位以内であれば【4- 2- 2- 4/12】でかなり信頼できる結果になっています。前走中山×上り5位以内は穴としての妙味も抜群で【4- 2- 1- 26/33】で勝ち馬のほとんどがこの前走中山から出ていることがわかります。上り出せている前走中山馬には注意したいところですね。この場合先行でも差しでも大丈夫なようです。



2.昇級戦馬のためのレース!?

 このレースは昇級戦の馬が特に強い傾向にあります。昇級戦全体の成績は【4- 2- 1- 49/56】。これに続くのが前走G3組の【1- 3- 4- 15】となっていますので、G3VS未勝利1勝クラス馬の戦いになっていると言えますね。特に中山で未勝利一勝クラスを勝ち上がっている馬は特に期待値が高めです。「昇級戦」ですので、前走1着以外は苦戦中。1勝クラスで凡走している馬に関しては注意が必要でしょう。距離は延長がよさそうです。

 一方重賞組はフラワーカップとクイーンS組が中心になっています。特に東京競馬場で行われるクイーンS組は穴を開けることも多い傾向で、複勝回収率は驚異の386%となっています。1勝クラス以下ではさっぱりな東京競馬場ですが、重賞では一転狙える条件になるのが非常に面白いところですね。重賞組の場合は逆に3着以下が狙い目になっていますので、未勝利1勝クラス組は勝ち上がり組を重賞組は3着以下を狙っていくのがポイントになるでしょう。



3.欧州系とサンデー系で決まり!?

 この競走は過去5年スクリーンヒーロー産駒が2連勝中ということで得意な条件になりつつある競走となっています。根幹距離、特に2000mを得意とする産駒が多いロベルト系は血統的には狙っていきたい産駒ですね。その他はどうしてもサンデー系が有利になっています。特にTサンデー系とPサンデー系、ディープインパクト系は人気しているのであれば狙っていたいと言えるでしょう。

 母父系は米国系が全体的に優勢な形です。米国ミスプロ系やサンデー系、米国ノーザンダンサー系も好調な結果になっていますので、血統的には主流血統orロベルト系×米国系とサンデー系が狙い目になっています。このコースは加速力を2度問われるコース。加速力に優れている馬のほうが有利な結果になりやすいということでしょう。内枠などの条件をクリアしているのであれば絶好の狙い目ですね。



4.該当馬

 それではフローラSの該当馬を見ていきましょう。

1.ルージュエヴァイユ

差し〇 延長△ 前走上り1位〇 前走中山〇 血統〇?

 1枠に入ったのは普通にプラスに働く可能性が高いですね。延長も内枠で闘争心を保てるのであれば十分に狙い目と言えます。前走は大外から一気の強襲で差し切った強い競馬。現状でも1人気になっていますがそれも致し方なしといった所でしょうか。初の東京になりますが東京のほうが合いそうですから期待ですね。

3.パーソナルハイ

差し〇 延長〇 前走△ 血統〇

 ローテなどはあまり評価できませんが、延長なのは得意とする産駒の多いディープインパクト産駒だけに安心感もあります。ここ2走は直線で不利があったり展開が向かなかったりと不運が続きましたが、東京コースでは赤松賞で2着になる実績があるだけにコースが戻って再度期待ということも言えます。血統的には期待です。

7.ゴールデンアワー

先行〇 前走中山〇 前走1着〇 血統〇

 近年芝2000mではモーリス産駒の台頭などでディープインパクト産駒をしのぐ成績を残していることも多い条件。このコースも昨年の天皇賞秋を勝利したエフフォーリアがいるなどエピファネイア産駒でも十分に期待できる条件となっています。現状あまり人気があるわけではありませんが父ロベルト系×母父米国ミスプロ系は20年1着のウインマリリンと近しい血統構成ですので、やはりこのコースには合いそうです。今回は初重賞ですが、ロベルト系の相性の良さと格上挑戦の時に燃える勝負根性に期待です。

15.ヴァンルーラー

先行〇 前走1勝クラス1着〇 前走阪神△ 血統まる

前走は大外枠に入った君子蘭賞を6人気1着で勝利。あまり目立ちませんが、その先行力は魅力的です。いくら3歳で牝馬とはいえ内枠に入ってはこの馬の良さはでないとおもいますので、この枠は歓迎でしょう。外枠からマイペースに被せて先行できれば最後の直線で粘ることも十分に考えられます。その場合は14.シンシアウィッシュも併せて期待ですね。


競馬王4月号は3月8日発売!


4

馬券情報誌『競馬王』2022年4月号の特集テーマは「理論武装で春競馬を勝ち抜く! 」です。大事なクラシックシーズンを目前に控えたこの時期は一年で一番競馬が盛り上がる時期。しかしその一方で、まだまだ未知な部分を多く秘めている3歳馬を理解し、馬券的中へと結びつけるのは難しい。そんな悩める馬券ファンのために、今回も豪華ライター陣が、馬券攻略に役立つ様々な「武器」と「使い方」を伝授してくれます!


今井雅宏
棟広良隆
メシ馬
立川優馬
安井涼太
馬ノスケ
シンヤカズヒロ
とうけいば

○TARO&まいこ
TAROが教える地方交流重賞攻略術
○卍
妙味度から探る春の買い銘柄
○伊吹雅也
血統&ジョッキー偏差値先行攻略
〇オオタケ/nige
南関競馬の愉しみ方
〇新人予想家!モモタタカマサ
ラチ前スナイパー
●矢作芳人 「ヤハギの予言」海外挑戦史
●武英智 独占インタビュー「メイケイエールで描くG1制覇の夢」

ご予約はこちら


昨年は該当馬のクールキャットがしっかり好走してくれてうれしかったイメージです。

来週からはいよいよGW。どこか行く予定はあるのでしょうか?

それでは!

ヒデ

今年は一撃はあるのか!? マイラーズカップ分析

 こんばんは、ヒデです。今週はG1はお休みの週になりましたが、前哨戦はかなり盛り上がりを見せています。明日は阪神競馬場で安田記念トライアル競走マイラーズカップが施行されます。昨年はAコースで施行されましたが、今年はBコースで施行されるなど代替開催でも異なるコースを使用するこのレース、果たしてどのような馬が有利になるのでしょうか。早速見て行きましょう。それでは本日もよろしくお願いします。

※マイラーズカップは17~20年通常通り京都開催、21年は阪神開催となっていますので、それらのデータと土曜馬場傾向を基にした分析となります。予めご了承ください。




< 目次 >



1.阪神では差し有利に!?



2.距離変更が全体的に好調!



3.やはり強い主流血統。



4.該当馬


1.阪神では差し有利に!?

 昨年は阪神競馬場のAコースで施行されたマイラーズカップですが、上り1・2位のケイデンスコールとアルジャンナが1‐2フィニッシュを決めるなど若干差し有利に働きました。昨年の阪神競馬場は非常に馬場状態がよく、桜花賞の週に施行された阪神牝馬Sでは上り32秒台が飛び出すなど非常に差しが決まるコースになっていましたので全体的に「先行不利」の状態が出来上がっていました。そのため昨年は4角を3番手以内で通過した馬は12着(ボンセルヴィーソ)、14着(フォックスクリーク)、15着(ベステンダンク、パンサラッサ除外だったため最下位)という結果に終わっていたことからもよくわかります。一方今年の阪神競馬場の芝は「内枠×中団前目有利」の馬場になっています。土曜日は小頭数が多かったことで参考値ではありますが、せめて4角で7番手までには入っていたいというところで差しが思いっきり決まる展開にはなりにくそうです。今年も絶対に逃げたいというタイプが不在であるため、ベステンダンクやダイワキャグニーが番手を取ろうという形に落ち着くと考えるのであれば今年は先行から差しあたりが有利といえそうです。

 内がいいことからやはり内枠が優勢になります。特に1~4枠が特に有利になりそうです。一方で10番枠から外はうまく直線内を入れるなどのロスのある戦法を取ることができなければ厳しい戦いになることが予想されます。そうなるのであれば内枠先行馬から軸馬を探していくのがベストといえそうですね。



2.距離変更が全体的に好調!

 マイル戦ですが、このレースは距離を変更してくる馬が圧倒的に有利な傾向になっています。マイル連戦する馬に関しては人気馬が中心で、前走5着以内に入っていなければ厳しいなど注文が多めです。前走マイルを使って掲示板外に敗れてしまった馬に関しては軽視するのが賢明でしょう。一方で特に単複の回収率100%に近い数字を維持しているのが距離変更組。特に延長組は単複の回収率100%を超えています。ただ延長の場合も前走掲示板圏内はマストとなっていますので、善戦組を狙っていくのがよさそうですね。

 一番狙いやすいのは距離短縮組。ただこの場合は「オープン以上のマイル戦で勝利経験のある馬」という条件つき。昨年勝利したケイデンスコールはその年の京都金杯を勝利していましたし、20年1着のインディチャンプはマイルG1完全制覇の実績馬、同年2着のベステンダンクもオープン競走勝利、19年1着のダノンプレミアムも2歳時に朝日杯FSを勝利した経験がありました。一方で3歳時にNHKマイルカップ2着だったギベオンが凡走しているなどなかなかシビア。この傾向はかなり強いといえますので、短縮馬を狙う場合は「オープン以上のマイル戦で勝利経験があること」を主眼に考えるのが良いでしょう。



3.やはり強い主流血統。

 やはり強い主流血統とはタイトルのママですが、この競走で最多2勝を挙げているディープインパクト産駒を筆頭にロードカナロア産駒やキングカメハメハ産駒などマイルで強いイメージにある主流血統がしっかり相性が良い格好になっています。ディープインパクト産駒はマイル重賞で強さを発揮しますが、ここも例外ではないということですね。軸に向いているのは主流血統と言えるでしょう。

 伏兵として注意したいのが「欧州ノーザンダンサー系」が父系または母父系に入っている馬。京都開催ではありますが17年には7人気のヤングマンパワー(父スニッツェル)が馬券圏内(3着)に飛び込むなどレースとの相性が良いのはもちろんのこと、土曜日の阪神競馬場は欧州系が強い傾向になっていたことから、今年もこの傾向が持続する可能性が高いですね。欧州系ノーザンダンサー系を狙う場合は先行できるのが絶対で、差しに回ると若干の割引が必要かもしれません。それでも入っている馬は積極的に狙いたいところでしょう。



4.該当馬

 それではマイラーズカップの該当馬を見ていきましょう。

2.ヴィクティファルス

脚質〇 内枠〇 マイル実績△ 前走△ 血統〇

 血統的に狙いたいのはこの馬でしょう。現状まったく人気は無く「スプリングSがピーク」という声も聞こえてきていますが、それでも内枠だったG2セントライト記念は5着に好走していますので見限るのは時期尚早でしょう。また、ハーツクライ産駒が得意とする「休み明け」、「内枠」という条件が揃っていますし、母父にGalileoが入っていることで血統的に大きなプラスがありますのでかなり期待できそうです。注目ですね。

4.カラテ

脚質〇 内枠〇 マイル実績〇 前走〇 血統△

 血統的には推せませんが、それ以外の条件面では絶好。前走中山記念組は2頭出走して2勝していますし、今の阪神は内枠が有利になっています。勝利するためには内を捌く必要があるものの、逆に言えば血統以外はかなり狙える条件であるため該当馬とします。移籍初戦、叩きではありますが実力で好走してほしいところですね。

7.ホウオウアマゾン

脚質〇 4枠〇 マイル実績〇 前走△ 血統〇

 昨年のアーリントンカップで勝利するなど実績は豊富な4歳馬です。前走は12着でしたが、これは直線半ばで他馬に挟まれる不利を受けてのもので度外視するべきでしょう。その前は阪神カップ2着でしたから阪神競馬場のこの距離は得意としていることは間違いありませんので、今回も期待したいところですね。

8.サトノアーサー

脚質△ 短縮〇 5枠〇? マイル実績〇 前走△ 血統〇

 放送では「1400m」を使ってほしいと言いましたが、kotaさんの「人気のないサトノは買い」の言葉を信じてみようかなと思います。とはそれだけではなく、最後に勝利したのはマイル重賞とマイル実績は十分なことに加えて【2- 3- 0- 1】となっている短縮成績も魅力的です。血統的にはディープインパクト産駒と欧州ノーザンダンサー系で絶好な血統ですから期待できますね。


競馬王4月号は3月8日発売!


4

馬券情報誌『競馬王』2022年4月号の特集テーマは「理論武装で春競馬を勝ち抜く! 」です。大事なクラシックシーズンを目前に控えたこの時期は一年で一番競馬が盛り上がる時期。しかしその一方で、まだまだ未知な部分を多く秘めている3歳馬を理解し、馬券的中へと結びつけるのは難しい。そんな悩める馬券ファンのために、今回も豪華ライター陣が、馬券攻略に役立つ様々な「武器」と「使い方」を伝授してくれます!


今井雅宏
棟広良隆
メシ馬
立川優馬
安井涼太
馬ノスケ
シンヤカズヒロ
とうけいば

○TARO&まいこ
TAROが教える地方交流重賞攻略術
○卍
妙味度から探る春の買い銘柄
○伊吹雅也
血統&ジョッキー偏差値先行攻略
〇オオタケ/nige
南関競馬の愉しみ方
〇新人予想家!モモタタカマサ
ラチ前スナイパー
●矢作芳人 「ヤハギの予言」海外挑戦史
●武英智 独占インタビュー「メイケイエールで描くG1制覇の夢」

ご予約はこちら


馬場傾向は競馬王チャンネルで、重賞見解は「競馬常勝Live Saturday」内で公開中!

こちらもぜひご覧ください!!

それでは!

ヒデ

2022年4月23日 (土)

非根幹距離の鬼を狙え!? 福島牝馬S

  おはようございます、ヒデです。いよいよ今週から東京開催がスタートするなど、ダービー、オークスへと季節が替わり始めていますね。そんななか春の福島重賞荒れやすい福島牝馬Sが施行されます。今年はどのような馬が有利になるのでしょうか。早速見て行きましょう。それでは本日もよろしくお願いします。

※昨年は地震の影響で新潟で代替かいさいが行われたため、16~20年のデータを使用します。


< 目次 >

1.脚質には偏りが無いものの!?



2.非根幹距離マイスターに託したい!?



3.ポイントは米国系!?



4.該当馬


1.脚質には偏りが無いものの!?

 このレースは脚質的には大きな偏りはありません。逃げでも追込みも大丈夫な展開次第のところが多いと言えます。ただ枠的には内枠が絶望的。1・2枠はデータ集計期間中好走はありませんでした。それでも3・4枠が優秀になっていますが、今年は地震の影響で1週遅れているため、3・4枠にとって追い風になるかもしれません。8枠は先行馬が有利になっていますので、番手を取れるような馬を狙うのはよさそうですね。基本的には3・4枠馬が有利になっているという認識で大丈夫でしょう。

 体重は絞れているほうがよく、今回マイナス体重になった馬や増減なしは好成績を残しています。これは参考程度ではあると思いますが、迷っている時にマイナス体重の馬を選ぶというのが良いかもしれません。



2.非根幹距離マイスターに託したい!?

 このコースは距離変更しない馬のほうが有利になっています。特に1800mの3勝クラスを勝利して望んできた馬に関しては【0- 2- 1- 0】で複勝率100%を記録するなどその優位性は明らかです。前走距離は基本的に1800m戦を走っている馬がいいでしょう。ただ、2000mから短縮してくる馬でも「3勝クラス1800mで勝利」は有効で、穴を開けたランドネ(20年15人気3着)とマコトブリジャール(16年15人気1着)の2頭は共に芝1800mで関西の3勝クラス1800m戦で勝利して昇級していました。1800mでオープン競走馬券圏内の実績もありましたので、オープンクラス連戦の馬に関しては「1800mオープン競走で3着以内の実績」も気にしてみるのもいいでしょう。

 前走中山牝馬Sからが同距離ローテでは最多ですが、こちらは凡走しても巻き返せるイメージです。しかし、これも主場苦手、ローカル得意という馬が有利になっている印象でそこで人気が落ちるのであれば積極的に狙っていきたい条件ですね。とにかく1800mで実績を残している馬が有利になっていますので、過去走も見逃せませんね。



3.ポイントは米国系!?

 春開催の福島競馬場は洋芝でオーバーシードしていますので、欧州系が優勢なイメージがあります。20年3着に来たランドネが父ロベルト系であるということもそのイメージに拍車がかかっていると言えるでしょう。しかしながらそれ以外の年で見てみると意外にも父サンデー系×母父米国系という形が良さげでもあります。前述したランドネも母父APインディ系でしたし、同年2着だったリープフラウミルヒも父ステイゴールド系に母父クロフネで米国系。また、メイショウサムソン産駒が好相性な印象でしたが、今年は出走馬もいません。今年も非根幹距離が得意なパワータイプの馬が有利になるということでしょう。そのため、非根幹距離が得意なサンデー系に米国系などの馬が有利になりそうですね。ステイゴールド系やキズナ産駒などが今年は有利になりそうなイメージです。

 母父系で見ると欧州ノーザンダンサー系も好調ですので、ノーザンダンサー系が父系または母父系に入っている馬は有利になるかもしれません。ただ、ミスプロ系は母父に入るとさっぱりですので、父系に入っていなければ厳しいといったイメージになっています。中心はサンデー系とノーザンダンサー系でしょう。



4.該当馬

 それでは福島牝馬Sの該当馬を見ていきましょう。

8.サトノダムゼル

差し〇 4枠〇 1800m実績〇 血統〇

 現状人気になってしまっていますが、この馬はかなり期待できそうです。ローカルはあまり使われていませんので実力は未知数ですが、1800mでしか成績を残していないことからも非根幹距離がいいと言えるでしょう。前走のニューイヤーSも後方から追い込んでの4着。距離が伸びれば差し切れてもおかしくはありません。期待ですね。

11.ホウオウエミーズ

先行〇 6枠〇 1800m実績〇 血統〇

 今回唯一の1800m3勝クラス昇級馬です。この馬は1勝クラスを福島の織姫賞を勝利しているようにローカルでも大丈夫。加えていままで馬券圏内に入ったのはすべて1800mでまさに非根幹距離の鬼と言っていいでしょう。重賞も昨年のマーメイドS5着の実績もありますし、大丈夫そう。差しでも先行でも期待ですね。

12.アブレイズ

先行〇 7枠〇 1800m実績〇 血統〇

 非根幹距離適性であれば引けを取らないのがこの馬です。3歳時には12人気でフラワーカップを勝利、4歳時にはメイSで勝利するなど1800mでの勝利実績があるなど1800mでは無類の強さを誇っていると言っていいでしょう。前走中山牝馬S2着というのもいいですね。特にキズナ産駒は非根幹距離を得意とする傾向がありますので、その通り走ってくれればよさそうですよね。

ヒデの狙いたい穴馬は放送で発表!

ぜひご覧ください!



競馬王新聞無料配布コーナー
競馬王新聞購入ページ
  • 競馬王新聞の読み方はこちら!
  • 競馬王オフィシャルTwitter          競馬王オフィシャルFacebook          競馬王ブログRSS



    藤代三郎プロデュース! 偽スタンプ無料配布コーナー
    ニコニコ公式チャンネル
    『競馬王チャンネル』
    競馬王チャンネル

    本誌連動企画やライター陣の見解など週末の予想に役立つ情報が満載。ブロマガも動画も充実!!。

    競馬王チャンネル・アプリ
    ※iOS/Androidでご利用いただけます

    競馬王チャンネルオススメ馬
    コンビニプリントサービス
    コンビニプリントサービスのご案内
    全国のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンにて土日の競馬王チャンネルオススメ馬や立川優馬の穴馬トッピングなどが24時間365日プリントOK!

    競馬王メルマガ(無料)

    ニコニコ公式ch『競馬王チャンネル』の有料コンテンツ無料配信や、競馬王本誌連動企画などを無料でお届けいたします。受信希望のメールアドレスをご登録してください。


    現在の配信コンテンツ一覧
    競馬王へのご意見・ご要望
    ご意見、ご要望、プレゼント応募などは『競馬王読者アンケートコーナー』からお願いいたします。より良い誌面を作るために、皆様のご意見をぜひお聞かせ下さい。

    競馬王書籍の電子版が
    無料でカンタン立ち読み!
    競馬王書籍の電子版がカンタン立ち読み!

    競馬王本誌&単行本の電子書籍が15ページほど無料で立ち読みできます!


    競馬王本誌最新号のご紹介
    競馬王4月号
    競馬王 2022年4月号
    最新単行本のご紹介
    血統&ジョッキー偏差値2022-2023 ~儲かる種牡馬・騎手ランキング~

    キムラ&TAROが教える馬券の授業

    含水率が明かすコース別馬券攻略の掟
    ウルトラ回収率2022-2023

    レーダーチャート式 厩舎名鑑2022-2023

    競走馬の適性を5つに分けて激走を見抜く! 脚質ギアファイブ

    コース別馬券攻略 鉄板軸&ヒモ穴が簡単に見つかる本

    トリプルバイアス予想理論

    ウマゲノム版種牡馬辞典2021-2022

    レース質マトリックス 競馬は全て二択である

    馬券師・半笑いの遺言

    血統偏差値 2021-2022 コース別「儲かる種牡馬」ランキング

    ウルトラ回収率2021-2022

    競馬は人気馬2頭+人気薄1頭の組み合わせでだいたい決まる

    AI競馬 人工知能は馬券を制することができるか?

    至高の馬券指標 ジョッキー偏差値

    ネット投票で儲ける! オッズ馬券の新常識

    新 ラップタイム重賞図鑑

    競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書

    京大式推定3ハロン「脚質データ」を使って儲ける時短予想

    血統偏差値 JRA全103コース「儲かる種牡馬」ランキング

    1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす いま儲かる騎手・種牡馬・厩舎ランキング

    激走レンジ!究極ガイド 京大式 馬場読みで万馬券を量産する方法

    「絶対に負けたくない!」から紐解く穴パターン事典 ケーススタディ

    真の実力と勝負パターンが見える! レーダーチャート式 厩舎名鑑

    競馬力を上げる馬券統計学の教科書

    ウマゲノム版 重賞解析読本 古馬・芝編

    1頭の種牡馬の凄いクセをつかむだけで1千万円稼ぐ

    全15場攻略! 地方競馬パーフェクトブック

    ジョッキー偏差値 JRA全103コース「儲かる騎手」ランキング

    プロ馬券師たちから学ぶ賢い券種選び 買い方のコツを掴めば回収率は大きく上がる!

    回収率至上主義で年間プラスを実現する京大式クリニカルパス 超競馬考

    ダート競馬の儲け方 馬単位の適性を見抜ければ本命も大穴も自由自在!

    消えた名馬 -年度代表馬で振り返る平成史-

    大手生産牧場の戦略意図が分かれば必然的に馬券は当たりまくる!

    保存版「絶対に負けたくない!」から始める馬券術

    楽しみながら儲ける馬券攻略Xファイル 元金1万円を100倍に!

    競馬王テクニカル 稼ぐ技術編

    万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術-

    「絶対に負けたくない!」から紐解く 穴パターン事典

    厩舎力 陣営のクセを掴めば馬券は面白いように当たる!

    競馬研究所4 プロが勝負する厳選芝コースガイド

    競馬 考えるヒント〜常勝競馬を叶える予想戦術

    WIN5攻略全書 回収率150%超! ミスターWIN5のマインドセット

    回収率をあげるオッズ馬券の奥義

    ハイパー複コロ革命

    勝てる馬券の買い方

    馬券裁判 競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実

    競馬 勝者のエビデンス ―玄人になる「確証」と「型」

    「枠順」と「位置取り」で勝ち馬を見抜く!

    オッズキングダム オッズで勝つ! 極上馬券GETまでのセオリー

    競馬で長期的に勝つための馬券師バイブル

    競馬の復習 儲かるレース結果の見方

    1億5000万円稼いだ馬券裁判男卍の投資競馬講座


    単勝すごいぜ!

    競馬研究所3 プロが勝負する厳選ダートコースガイド

    競馬王テクニカル 勝利の習慣編

    全重賞&全コース別1番人気鉄板全書

    競馬力が劇的に上がる一撃馬券ノート

    絶対フォーカス 馬券で勝ち切る

    穴馬券を獲りたければ本命馬を買え!

    勝負馬券論 100万仕事のマグナカルタ

    京大式 推定3ハロン パーフェクトブック

    回収率をあげるオッズ馬券の参考書

    複コロ革命

    「絶対に負けたくない!」から始める馬券術

    回収率を決める最終レース 一撃とひらめきの教科書

    短縮×逆ショッカー 元祖爆走ローテーション理論

    競馬研究所2

    オッズテクニカル 馬券マスター・オッズマスターに聞いたオッズと上手に付き合う方法

    合理主義競馬 必然の好走を見抜いて競馬に勝つ絶対ルーティン

    砂にまみれて飯を食う 午前中に勝ちを決め最終レースで駄目を押す“ダート競馬”の儲け方

    競馬王テクニカル 馬券の基本編

    競馬研究所1

    怒濤のVライン コース別革命ver.

    絶対軸馬・絶対穴馬 安定黒字を実現する『競馬ブック』スピード指数活用ガイド

    そうだったのか! 今までの見方が180度変わる知られざる競馬の仕組み

    全106コース対応 山崎エリカの逃げ馬必勝ナビゲーション

    回収率をあげるオッズ馬券の教科書

    鉄板競馬・10周年記念12馬券福神SP

    海外競馬・勝つためのプレミアム・データ&テクニック

    1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方

    アーカイブ