« 2021年11月 | メイン | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月28日 (火)

ペースが上がって豪脚炸裂!? 東京大賞典分析

 こんばんは、ヒデです。明日はいよいよ今年最後のG1競走「東京大賞典」が行われます。日本で行われる最後のG1競走ということになるこの交流G1、果たして今年は史上初の快挙が見られるのでしょうか。それとも今年は新しい風が吹くのでしょうか。早速見ていきたいと思います。それでは本日もよろしくお願いいたします。


< 目次 >

1.基本は差し有利もペースに依存する!?



2.勝島王冠組VSチャンピオンズカップ組の構図ですが・・・?



3.冬に強いDサンデー系、ミスプロ系



4.該当馬




1.基本は差し有利もペースに依存する!?

 過去5年を参考に勝ち馬の脚質を見てみると先行3勝、差し2勝となっています。差して勝利しているのは共にオメガパフュームですが、いずれの年も前半1000mが61秒台になっています。その他の年は64秒台で流れることも珍しくないので、早い年は注意が必要ですね。ただ、17年は前半1000m61.3秒で逃げたのにも関わらず逃げ切ったコパノリッキーはまさに規格外の馬だったと言えますね。ペースが早くなる目安として内枠に逃げ馬がいるかどうかがというものがあります。ペースの早くなった2018年は3.スーパーステションが逃げてそれをアポロケンタッキーが追いかける展開でペースがあがりましたし、19年も1.アポロテネシーと2.ケイティブレイブが逃げ合いペースが早まっています。内枠に逃げ馬がいる展開になる時こそ差し馬場になると言うことでしょう。ただ、それでも4角では4番手以内になることが重要で、過去10年で見ても4角5番手以下で1着になった馬は3頭しかいませんので、力が抜けていない場合は差しよりも捲れている馬が中心になるでしょう。

 枠的な傾向に極端な有利不利はありませんが、1・2番枠は不利な傾向にあります。内枠だけは嫌う、それくらいで飯野かもしれません。



2.勝島王冠組VSチャンピオンズカップ組の構図ですが・・・?

 過去5年の前走を見てるとJRA出走組は基本的にチャンピオンズカップを経由している組が強いですが、G1で勝利の実績馬(18年ゴールドドリーム、前走マイルCS南部杯2着、20年3着ウェスタールンド、前走浦和記念3着)やこのレースで勝利している馬(20年オメガパヒューム、前走JBCクラシック2着)にはこの傾向が通用せず好走しています。JRA勢はG1での実績がないかぎり前走チャンピオンズC組を信用するのが一番でしょう。そしてわかるのはそれ以外のローテにしても交流重賞であるということです。ダートオープン戦やその他のJRAダート重賞から参戦してくる馬は割引が必要ですね。

 一方地方競馬所属から馬券になっているのは南関東所属馬のみとなっています。そして前走は必ず東京大賞典の前哨戦に指定されている勝島王冠からのローテであることも興味深いですね。19年に穴を開けた2着ノンコノユメ(勝島王冠2着)と3着モジアナフレイバー(勝島王冠1着)で共に前走は勝島王冠でした。昨年2着のカジノフォンテンも同じく勝島王冠を勝利してのローテでした。ただし今年は勝島王冠から出走してくるのは14着だったノーブルサターンのみです。今年は前走以外の条件で地方馬を狙っていくのがよさそうですね。

 馬齢別で見ると8歳を越えると急に苦戦傾向になります。5歳の初出走から3年連続で馬券圏内に入っていたサウンドトゥルーでさえも8歳となった19年は4着に惜敗。その他にも長期休養はあったものの18年に出走したクリソライトも惨敗しているします。20年には3着にウェスタールンドが来たものの、そのウェスタールンドも今年は9歳。少々の割引が必要になるかもしれません。やはり活躍する馬齢帯は4~5歳になっていますので、穴馬として狙うのは4~5歳馬が中心になるのかもしれません。



3.冬に強いDサンデー系、ミスプロ系

 それでは最後に血統傾向を分析していきましょう。まず第一に目立つのはDサンデー系の強さです。毎年入っている要因として母父ゴールドアリュールのオメガパヒュームが3連覇していることが挙げられますが、それでも18年2着のゴールドドリーム(父ゴールドアリュール)や17年1着のコパノリッキー(父ゴールドアリュール)などが入っていると考えると期待値が高い系統であると考えて間違いなさそうです。本日28日6レースパラダイス賞でも1着の7.ミズイロキキョウが父エスポワールシチーが入っているなど、この傾向は今年も健在と言えそうです。まずはDサンデー系を第一に考えるのがよさそうですね。

 そしてミスプロ系もかなり活躍している系統で、特に19年は父ミスプロ系が1~3着を独占するなど、差し馬場になるとミスプロ系も強い傾向になります。ミスプロ系はダートのスピードに長けていることと、配合相手の特徴を引き出す所謂”引き出し型”の種牡馬が多い傾向にあります。このレースでもこの傾向は強く出ており、ミスプロ系の相手になっているのはサンデー系が多く、3連覇しているオメガパヒュームも父スウェプトオーヴァーボード産駒、母父ゴールドアリュールの配合ですし、19年2着のノンコノユメも父トワイニング産駒、母父アグネスタキオンで同じくサンデー系です。ミスプロ系×サンデー系がこのレ―スではツボなので、血統で迷ったときにはこの配合を狙ってみるのもいいでしょう。



4.該当馬

 それでは東京大賞典の該当馬を見ていきましょう。

3.アナザートゥルース<ヒデのおすすめ>

枠〇 先行〇 前走〇 馬齢〇 血統〇

 ペースが早まりそうな今年にあってそこまで期待値は高くないかもしれませんが、ここのところは先行して安定。得意な冬にあって期待ですね。鞍上はダートも得意な松山弘平騎手、今年もこのコースで帝王賞を制しているだけにここも期待できそうです。この馬の半兄は2015年にこの競走を制したサウンドトゥルーがいることに加えて同じペースで淡々と走るのが得意なことに加えて内枠がツボのアイルハヴアナザー産駒なので、今回は穴として面白いかもしれません。

8.ノンコノユメ

枠〇 差し〇 前走△ 馬齢× 血統〇

 まだまだ元気な9歳馬。今回はこの馬が一番該当する地方馬であると言えます。今年も帝王賞で2着など真島騎手とのコンビでは安定した成績を残しています。前走は船橋のコースに対応できずに5着と凡走しましたが、血統はトワイニング×母父アグネスタキオンとこのコースにはベストマッチとも言えます。高齢馬ですがまだまだ頑張れるはずです。

9.オメガパヒューム

枠〇 差し〇 前走:特殊 馬齢〇 血統〇

 4連覇というのは確約されているわけではありませんが、期待値はやはり産駒であると言うことは事実でしょう。今年は帝王賞こそ5着になったものの、良馬場が一番得意なこの馬にとって重馬場は少し厳しい展開でした。今回は良馬場になって差しも届く展開になるのであればデムーロ騎手の剛腕が炸裂すること間違いなしといえるかもしれません。スウェプトオーヴァーボード産駒はこの感覚でもそこまで苦にしないローテーション。昨年は同じコースで連戦して連覇したと考えると今年はそれ以上の成績を残せる可能性もあります。

15.サンライズノヴァ<ヒデのおすすめ>

枠△ 差し〇 前走〇 馬齢〇 血統〇

 今回の穴馬候補として一番期待値が高いのはこの馬です。前走は後方追走だったものの、上り3位の脚を使って5着とこの距離でもしっかり成績を残せることを証明しました。今回はゴールドアリュール産駒の延長×中2週とあまり強調要素がないように見えますが、実はこの条件は穴として最適な条件です。外枠でマイペースについていけるのであれば豪脚が届くことは間違いなしです。


競馬王2022年1月号【好評発売中!!】

Hyoushi_2201s_h1_2

今号のテーマは【2022鉄板トレンドで年末年始を駆け抜ける!】

競馬王豪華ライター陣が2022年の競馬を占っています。

巻頭特集には本誌11年ぶり登場のカンニング竹山さんが「ダート競馬」について熱く語る!?芸能人ならではの豪快な話っぷりにご注目です!!

巻頭企画として『灼熱の有馬記念』と題して有馬記念を振り返る&豪華ライター陣21名による有馬記念で「買いたい馬」&「消したい馬」を一挙大公開!!

キムラヨウヘイ

TARO

亀谷敬正

馬場虎太郎

今井雅宏

nige

シンヤカズヒロ

馬ノスケ

井内利彰

伊吹雅也

立川優馬

村上弘樹

とうけいば

ご予約はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B09M4THLPW/


競馬王新聞全レース版はBASEおよびnoteで好評発売中です!

1場550円、全場セットはお得な1100円(いずれも税込み)で販売しております。

競馬王オンライン販売は下記へアクセスしてください!

BASE

https://keibaoh.base.shop/

note
https://note.com/_keibaoh


今年も一年お世話になりました。今年は編集部の重賞予想で単複100%を超えたことがすごく嬉しかったです。来年もまたよろしくお願いいたします。

それでは良いお年を!!

ヒデ

2021年12月27日 (月)

モノを言うのは経験!? ホープフルS分析

 こんばんは、ヒデです。本日は明日行われる2歳中距離王者決定戦、ホープフルSを分析していきたいと思います。このレースを制したサートゥルナーリア(18年)は皐月賞を制し、19年に勝利したコントレイルは無敗で三冠馬となるなど、クラシックに直結する場合は多いレースとなっています。今年もクラシック候補に名乗りをあげるのはどの馬になるのでしょうか。早速見ていきましょう。それでは本日もよろしくお願いいたします。

※今回はホープフルSG1昇格後の2017年からの4年間がデータの対象です。


< 目次 >

1.内枠~中枠が圧倒的有利!?



2.オープンクラス経験馬は圧倒的優位性があるようです



3.この時期でも基本になるのはサンデー系でしょう



4.該当馬




1.内枠~中枠が圧倒的有利!?

 競馬王ブログではメインレースの競馬王新聞を公開中。競馬王新聞の中に記載されている立川優馬さんのレース質を見ると「内枠先行スローペース」です。このホープフルSを見てもこの傾向は持続しています。遠くに好成績なのは1・2枠と4枠で、1枠は【0- 1- 1- 3】、4枠も【2- 1- 0- 5】でともに複勝率が35%を超えている枠となっています。人気になり易いのでそこまでの妙味はありませんが、基本的に3人気以内の内枠馬であれば確実に馬券圏内に入っているので軸には最適でしょう。それに「先行」が加わればまさに鬼に金棒状態になります。先行馬は過去4年で複勝率35%で、2枠はやや不調なものの1・4枠では共に複勝率50%を超えるアベレージに。やはり基本的には内枠先行馬が基本になりそうです。意外にも6枠の成績が良く、先行馬がいる6枠であれば注意したいところですね。

 とは言えこのレースは圧倒的に人気有利であまり妙味がありません。1~2人気の馬の過去4年の成績は【4- 1- 1- 2/8】でほとんどが馬券圏内。4勝はともに1人気と1人気以外は勝利していないのが特徴ですね。2人気が馬券圏内に入らなかったのは10番枠に入ったルーカスと昨年競走中止したランドオブリバティーの2頭ですので、かなり人気の信頼度が高い傾向にあります。基本的には四番人気以内でいかに点数を削るかが重要になっていきそうです。



2.オープンクラス経験馬は圧倒的優位性があるようです

 前走別に見てみると前走オープン競走以上は【4- 3- 2-16/25】でほとんどが前走オープン競走以上から出走来ているのがわかります。特に前走G3から出走してきた馬は【3- 0- 1- 11/15】とほとんどの勝ち馬が前走G3から出ていることがわかります。今年はG3から出走してきた馬は勝利候補になるでしょう。また、オープン競走組も好調で、萩Sから出走してきた馬は好調です。それでもこれらの競走1着馬が今年は出走していないので今年は少し波乱模様かもしれません。というのも前走1着馬は【3- 4- 4- 27/38】で1着にならないと厳しいデータが残っています。最低でも前走連対(2着以内)している馬が中心になるでしょう。

 気になるのは前走同じコースで戦っている芙蓉S組が結果を残せていないところです。過去勝ち馬のみ3頭出走してきていますが17年サンリヴァル(5人気4着)、19年オーソリティ(4人気5着)、20年のランドオブリバティー(2人気競走中止)で善戦が精一杯と言う形になっています。芙蓉Sの勝ち馬は軽視しても良いかもしれません。前走中山の馬に関しても【0- 0- 0- 9/9】で一頭も馬券圏内に入っていないので前走中山組は軽視するほうがいいかもしれません。



3.この時期でも基本になるのはサンデー系でしょう

 過去4年で勝利しているのはサンデー系の3勝、ロードカナロア産駒の1勝のみになっています。特にここ2年は1~3着馬の6頭中5頭がサンデー系、残る1頭もエピファネイア×母父ディープインパクトとすべての馬の父系または母父にサンデー系が入っているという強い傾向が出ています。その中でもディープインパクト産駒やハーツクライ産駒は安定して成績を残していることがわかります。やはり今年の中心になるのもサンデー系と考えて間違いないでしょう。

 母父系で見ると意外にもノーザンダンサー系が有利になっています。昨年も1着ダノンザキッド(父ジャスタウェイ母父Danehill)、3着ヨーホーレイク(父ディープインパクト母父フレンチデピュティ)と2頭が入っているなど安定感は抜群。4~6着の母父もノーザンダンサー系になっているなどノーザンダンサー系が安定感抜群であることがわかります。特に力のいる冬の中山競馬場ではかなりパワー系が有利になっているといえるでしょう。父サンデー系と母父ノーザンダンサー系やパワー系(ロベルト系など)の組合わせになっている馬は期待値が高まることは間違いないでしょう。



4.該当馬

 それではホープフルSの該当馬を見ていきましょう。

5.キラーアビリティー

枠△ 脚質〇 前走〇 血統〇

 人気にはなっていますが、やはりこの馬の巻き返しにも期待したいところです。延長自体は得意そうですが、それでも内枠よりも外枠のほうが得意な印象がありますので、道中は楽に追走するという条件付きではありますが、それでも今回重賞初挑戦というのはプラスに働く可能性が高いですね。鮮度のディープインパクトという格言を信頼したいところですね。

6.コマンドライン

枠〇 脚質〇 前走〇 血統〇

ついに現れた良血馬の大物、競馬王のPOG本でも大きく取り上げた馬がついにホープフルSに出走します。デビューしてからの2戦はそこまでの勢いではないものの、連勝。勝負根性は相当なものであると言えます。ディープインパクト産駒は基本的に延長が得意産駒が多いのでこの馬も当然延長でも期待できそうですね。距離は2000mでも大丈夫そうで、よっぽどのことがない限り3着以内には入る可能性がもっとも高い一頭と言えます。

7.サトノヘリオス

枠〇 脚質〇 前走〇 血統〇

 昨年の2着馬オーソクレースと同じエピファネイア産駒。そのオーソクレースも差し馬であったことを考えるとこの馬にもチャンスはありそうです。『競馬王新聞』を見てみるとキムラヨウヘイ氏がジャッジするレースレベルはメンバー唯一のBランクを3走している馬です。しかもそのうち2戦で勝利して連勝していることを考えると相当高いレベルで勝利してきていると言えるので、今回も期待できそうです。

12.オニャンコポン

枠△ 脚質〇 前走〇 血統△

 強調材料はあまりないものの、毎年好走馬が出ている前走東京組。今年はメンバ―に前走東京組が少ないだけに期待しても良いかもしれません。前走百日草特別1着というローテは昨年エフフォーリアが勝利した出世レースですので、一発がある可能性もあります。人気になりすぎている感も否めませんが、鞍上のG1初勝利もあるかもしれません。


競馬王2022年1月号【好評発売中!!】

Hyoushi_2201s_h1_2

今号のテーマは【2022鉄板トレンドで年末年始を駆け抜ける!】

競馬王豪華ライター陣が2022年の競馬を占っています。

巻頭特集には本誌11年ぶり登場のカンニング竹山さんが「ダート競馬」について熱く語る!?芸能人ならではの豪快な話っぷりにご注目です!!

巻頭企画として『灼熱の有馬記念』と題して有馬記念を振り返る&豪華ライター陣21名による有馬記念で「買いたい馬」&「消したい馬」を一挙大公開!!

キムラヨウヘイ

TARO

亀谷敬正

馬場虎太郎

今井雅宏

nige

シンヤカズヒロ

馬ノスケ

井内利彰

伊吹雅也

立川優馬

村上弘樹

とうけいば

ご予約はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B09M4THLPW/


競馬王新聞全レース版はBASEおよびnoteで好評発売中です!

1場550円、全場セットはお得な1100円(いずれも税込み)で販売しております。

競馬王オンライン販売は下記へアクセスしてください!

BASE

https://keibaoh.base.shop/

note
https://note.com/_keibaoh


明日は東京大賞典の記事をアップ予定です。いよいよ年末の大レースも後半。そこに競馬がある限り頑張っていきましょう!!

それでは!!

ヒデ

立川優馬の穴馬トッピング(12月28日・ホープフルS)

気鋭の予想家・立川優馬氏が厳選したホープフルSの穴馬をご紹介します。

中山11R ホープフルS 芝2000m
レース質:内枠・先行・スローペース

世代限定中距離重賞は、前走スローで先行していた馬が多く、ペースが落ち着きやすい。馬場想定からスローの中山芝2000mならロスなくラチ沿いを走る馬が有利。内々で脚を溜めて直線内を通す馬が穴をあけるレース質。

4.グランドライン
芙蓉Sは2000mにもかかわらずテン3F34.8と流れたレースで、これを早めに追い上げて押し切る寸前までいったのは強い競馬。葉牡丹賞は前を捕まえられなかったが、ラチ沿いを捌く競馬を経験した。ここも位置を取ってしぶとさを生かす。

3.ラーグルフ
比較的流れた場合のラチ沿い追走差し候補。芙蓉Sで流れる競馬を追走して、ラスト1Fを落とす競馬で好走している。内2頭はテン1Fが遅い競馬しか経験しておらず、その前の位置のラチ沿いに入れそう。丸田騎手ならインを突くはず。


★掲載レース以外の注目馬は、コンビニプリントでご覧いただけます。「レース質マトリックス」→「立川優馬の穴馬トッピング!」を選択してください。
コンビニプリントの利用方法はこちら。
https://www.e-printservice.net/shohin/chuoukeiba-yosou

★立川優馬氏主宰のオンラインサロン「競馬と共に人生を歩むサロン」
https://lounge.dmm.com/detail/3613/

★初の単行本『レース質マトリックス 競馬は全て二択である』が好評発売中!
Amazonでの購入はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/486710020X

Matrix

【競馬王新聞】12月28日 全場メイン11競走

100


競馬王新聞全レース版はBASE、noteにて好評発売中!!

競馬王新聞全レース版はBASEおよびnoteで好評発売中です!

1場550円、全場セットはお得な1100円(いずれも税込み)で販売しております。

競馬王オンライン販売は下記へアクセスしてください!

BASE

https://keibaoh.base.shop/

note
https://note.com/_keibaoh

大好評につき12月よりコンビニプリント、eプリントサービスでも発売開始!!
お近くのコンビニで競馬王新聞がご購入いただけます。
また、コンビニプリント、eプリントサービス限定で「後半12レースパック」発売中!3場開催時は各場9レースから12レースまでがセットになったパックです。こちらもぜひご利用ください!

データなどの読み方は下記ページをご参照ください!!

http://blog.keibaoh.com/blog/2021/10/post-b6c0.html


中山11レース <ホープフルS>

_20211228__12

ダウンロード→20211228N11.pdfをダウンロード


阪神11レース <ベテルギウスS>

H

ダウンロード→20211228H11.pdfをダウンロード


◆読み方◆

__1

__2


各競馬場のダウンロードファイルをクリックしていただくと詳細なPDFをダウンロードできます。

クリックしてご活用ください。

ご意見ご感想、改善点は

Twitter→ @keibaoh

メール→ sp@keibaoh.com

までお送りください。

2021年12月25日 (土)

グランプリは差しに夢乗せて!? 有馬記念分析

 メリークリスマス、こんばんはヒデです。クリスマスの夜いかがお過ごしでしょうか。私はグランプリのことしか頭に無いという都合のいい思考でこの分析を書いてます。さあそんな明日はグランプリ、有馬記念です。はたしてどのようなレースになるのでしょうか。やってくるのも3歳馬なのかそれとも古馬意地の有終なのか。来年を占う大事な一戦になる有馬記念、早速見ていきましょう。それでは本日もよろしくお願いいたします。




< 目次 >

1.先行がやはり成績が安定します。



2.さらに加速する頂上決戦ムード



3.種牡馬は群雄割拠、それでも有利なTサンデー系



4.該当馬


1.先行がやはり成績が安定します。

 有馬記念の行われる中山芝2500mは内回りコースと外回りコースの境界地点からスタートし、コーナーを6回曲がるクセのあるコースになっています。そのため一般的には内枠からスタートするのが有利と言われており、特に8枠の成績は絶望的です。過去10年で見ても8枠で馬券になったのは18年直前の雨で馬場が悪化した18年の3着(15.シュヴァルグラン)のみとなっています。本当に8枠の期待値が低いのがこのコースの特徴といえるでしょう。しかし、それ以外の枠からは勝ち馬が輩出されている背景を考えるとそこまでナーバスになる必要もなさそうで、逆に1枠よりも5枠のほうが成績がいいくらいです。

 脚質を見てみると過去5年では先行が最多の2勝を挙げて成績は安定。過去10年で見ると15年のゴールドアクターがあるため一気に回収率はアップします(60%→106%)。ちょうど有馬記念で先行が有利になり始めたのもこの15年近辺で、14年にジェンティルドンナが勝利、以降先行馬が崩れたのは19年のみになっています(最先着はフィエールマンの4着)。19年はマイル馬のアエロリットがハイペースで逃げた結果ですが、明らかにスローペースが増えて先行が有利に変遷していると考えていくのがよさそうですね。一方差してくる馬は中距離実績が重要走ですね。2400mのG1を勝った実績のあるシュヴァルグランが18年3着、3000mの菊花賞を勝った経験のあるワールドプレミアも19年3着に入っていることからも差してくる馬は2200m以上のG1で実績のある馬がよさそうです。



2.さらに加速する頂上決戦ムード

 前走を見てみるとなんと過去5年、前走G1以外のローテから進んできた馬に関しては【0- 0- 0- 15/15】で馬券圏内ゼロというまさかのデータが残っています。過去10年に広げてみると【1- 2- 0- 35/38】になります(最後に勝ったのは15年1着のゴールドアクター)。これは近年、頂上決戦ムードがさらに高まっているということがいえるかもしれません。ここまで前走G1出走馬が多いと結果として「実績馬が人気薄に」という事象が発生する可能性も非常に高いのです。事実18年3着のシュヴァルグランは前走ジャパンカップ4着ながら外枠ということで敬遠されて9人気でしたし、昨年2着のサラキアも前走エリザベス女王杯を上り最速で2着になったにも関わらず11人気と低調な人気になっていました。前走からの巻き返しはそこまで起こりにくいレースでなので、前走は4着以内から狙うのがマストになりそうです。

 逆に穴はG1で6着~9着に敗れた馬。17年2着のクイーンズリングは前走エリザベス女王杯で上り最速の9着でしたが巻き返し、18年のサートゥルナーリアも天皇賞の凡走から得意な中山の内回りに戻ってこちらも2着に巻き返しています。実績や上りがあるにも関わらず6~9着に敗れた馬は注意が必要でしょう。



3.種牡馬は群雄割拠、それでも有利なTサンデー系

 血統を見てみると過去5年複数勝している種牡馬はいません。勝ち馬に関してはかなり群雄割拠であることがわかりますね。ただそのうち16年サトノダイヤモンド(父ディープインパクト)、17年キタサンブラック(父ブラックタイド)、19年リスグラシュー(父ハーツクライ)、と3勝しているのがサンデー系でやはりここでも強いのかということが言えます。今年の出走馬産駒のなかで一番有利なのはやはりハーツクライ産駒。再三出てきているリスグラシューもシュヴァルグランも共にハーツクライ産駒でした。昨年を見ても1着のクロノジェネシスを除いて2着から5着(同着で2頭)までサンデー系が占めていたこともこのレースで如何にサンデー系が強いかがわかります。このことから考えてもこのレースで期待値が高いのはサンデー系ということになるでしょう。

 母父系を見てみるとやはりこの時期らしくパワー持続に長けた系統が強めです。欧州ノーザンダンサー系やキングマンボ系などがついているといいでしょう。マキアヴェリアンが強いのはシュヴァルグランが来ているからではありますが、Duvawi系から派生するタイプ欧州ミスプロ系にもチャンスはあるということですから、やはり欧州系が入っているに越したことはないということでしょう。昨年2着のサラキアは母父Lomitasでニジンスキー系だったことからもよくわかります。



4.該当馬

 それでは有馬記念の該当馬を見ていきましょう。

5.ディープボンド

脚質〇 枠〇 前走〇 血統〇

 ここまで人気になるとはびっくりしました。ただ前走は地元の人も驚く重たい馬場であったことを考えると度外視してもいいでしょう。前哨戦のフォワ賞を勝ったことを考えても天皇賞春で上り上位を出せたのもプラスに働く可能性が高いですね。母父キングヘイローはこのレースに合うはずですが、はたして。

9.ステラヴェローチェ

脚質△ 枠◎ 前走〇 血統〇

 バゴはバゴでもステラヴェローチェかもしれません。この馬は短縮が本当に強いレースで、競馬王本誌でも取り上げた馬なので、パンサラッサが大逃げをするとするならばハイペースに流れて差し馬場になるはずで、そうなれば不良馬場でも差してくる持続力が光る可能性も高いです。土曜日の11Rでは名前がそっくりな同馬主のヴェローチェオロが1着でオープン入り。その流れに乗れるでしょうか。

10.エフフォーリア

脚質〇 枠〇 前走〇 血統〇

 この馬に死角があるのかというところですが、そこまでなさそうです。前走はゆったり流れたことが功を奏して短縮でも立派に成績を残しました。今回は再び連対率100%の延長ローテ。『競馬王新聞』を見ても延長得意な「延」が今井さんのオプションが入っているので堅実に走ることも可能でしょう。

13.アカイイト

脚質△ 枠〇? 前走〇 血統〇

 『競馬王1月号』で今井さんが2000m以上で期待したい種牡馬の一頭に挙げられていたキズナ産駒。S系の種牡馬なため、外枠の枠順もこの馬は大歓迎。長くいい脚を使えればエリザベス女王杯が決してフロックではなかったことが証明されると思います。その今井さんのオプションを『競馬王新聞』で見ると「延」「外」が入っているのでこちらもやはり期待です。

ここに書ききれなかった穴馬は『編集部の重賞予想』で公開中。今年の本命馬単複回収率100%超えの予想もぜひご覧ください!


競馬王2022年1月号【好評発売中!!】

Hyoushi_2201s_h1_2

今号のテーマは【2022鉄板トレンドで年末年始を駆け抜ける!】

競馬王豪華ライター陣が2022年の競馬を占っています。

巻頭特集には本誌11年ぶり登場のカンニング竹山さんが「ダート競馬」について熱く語る!?芸能人ならではの豪快な話っぷりにご注目です!!

巻頭企画として『灼熱の有馬記念』と題して有馬記念を振り返る&豪華ライター陣21名による有馬記念で「買いたい馬」&「消したい馬」を一挙大公開!!

キムラヨウヘイ

TARO

亀谷敬正

馬場虎太郎

今井雅宏

nige

シンヤカズヒロ

馬ノスケ

井内利彰

伊吹雅也

立川優馬

村上弘樹

とうけいば

ご予約はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B09M4THLPW/


競馬王新聞全レース版はBASEおよびnoteで好評発売中です!

1場550円、全場セットはお得な1100円(いずれも税込み)で販売しております。

競馬王オンライン販売は下記へアクセスしてください!

BASE

https://keibaoh.base.shop/

note
https://note.com/_keibaoh


年末の挨拶をしようかと思いましたがまだホープフルSも東京大賞典もあるのでまだ早いですね。明日は勝っていい夢見ましょう!

それでは!!

ヒデ

【競馬王新聞】12月26日 全場メイン11競走

100


競馬王新聞全レース版はBASE、noteにて好評発売中!!

競馬王新聞全レース版はBASEおよびnoteで好評発売中です!

1場550円、全場セットはお得な1100円(いずれも税込み)で販売しております。

競馬王オンライン販売は下記へアクセスしてください!

BASE

https://keibaoh.base.shop/

note
https://note.com/_keibaoh

大好評につき12月よりコンビニプリント、eプリントサービスでも発売開始!!
お近くのコンビニで競馬王新聞がご購入いただけます。
また、コンビニプリント、eプリントサービス限定で「後半12レースパック」発売中!3場開催時は各場9レースから12レースまでがセットになったパックです。こちらもぜひご利用ください!

データなどの読み方は下記ページをご参照ください!!

http://blog.keibaoh.com/blog/2021/10/post-b6c0.html


中山11R 有馬記念

N

ダウンロード→n.pdfをダウンロード


阪神11R りんくうS

Sh

ダウンロード→sh.pdfをダウンロード


◆読み方◆

__1

__2


各競馬場のダウンロードファイルをクリックしていただくと詳細なPDFをダウンロードできます。

クリックしてご活用ください。

ご意見ご感想、改善点は

Twitter→ @keibaoh

メール→ sp@keibaoh.com

までお送りください。

立川優馬の穴馬トッピング(12月26日・有馬記念)

気鋭の予想家・立川優馬氏が厳選した有馬記念の穴馬をご紹介します。

中山11R 有馬記念 芝2500m
レース質:内枠・先行

逃げ馬が2頭いる以外は、それほどタイトに位置を取る馬がおらず、集団自体は平均~スローになりそう。大逃げ馬が差を広げる縦長の隊列では、道中のマクリが利きにくく、ラチ沿い先行している馬が粘り込めるレース質。

16.タイトルホルダー
逃げると簡単には止まらない馬キャラで、番手からでも競馬ができるタイプ。パンサラッサが1枠に入ったことで、隊列でけんかすることなく、離れた2番手の実質逃げの競馬をすることができる。距離短縮ローテになるのもよい。

1.ペルシアンナイト
伸びずバテずの馬キャラで、自分の時計は堅実に走るタイプ。内枠有利の大逃げの流れになれば、淡々とラチ沿いを通れる馬は評価せざるを得ない。前走は阪神芝2000mで馬群の外を回す競馬で、上手に乗ればもう少し差が詰まったはず。位置を取る鞍上もプラス。


★掲載レース以外の注目馬は、コンビニプリントでご覧いただけます。「レース質マトリックス」→「立川優馬の穴馬トッピング!」を選択してください。
コンビニプリントの利用方法はこちら。
https://www.e-printservice.net/shohin/chuoukeiba-yosou

★立川優馬氏主宰のオンラインサロン「競馬と共に人生を歩むサロン」
https://lounge.dmm.com/detail/3613/

★初の単行本『レース質マトリックス 競馬は全て二択である』が好評発売中!
Amazonでの購入はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/486710020X

Matrix

2021年12月24日 (金)

今年の阪神は先行か差しか!? 阪神C分析

 こんばんは、ヒデです。今年もクリスマスがやってきましたね。クリスマスと言えどそこに競馬がある限り競馬をやってしまいますよね。今週末は平地2重賞が行われるということで今日は阪神カップを分析していきたいと思います。それではクリスマスイヴの本日もよろしくお願いいたします。




< 目次 >



1.軸先行、穴馬差し!?



2.とにもかくにもG1強し!?



3.走るディープ産駒と走らないディープ産駒違いは!?



4.該当馬


1.軸先行、穴馬差し!?

 阪神カップの行われる阪神競馬場芝1400mは基本的に先行が有利なコースです。今年の2月に行われた同じ阪神芝1400mの京都牝馬S(勝ち馬は逃げたイベリス)や秋のスワンS(逃げたホウオウアマゾンが3着)などを見てもよくわかりますね。それでも開催後半の阪神競馬場、しかもかなり馬場が荒れて外差しが決まるようになった現状を考えると今年は内枠の差し馬に妙味があるのかもしれません。内の伸びるギリギリをするすると伸びてこれる馬が一番得をしそうな馬場状態と見ています。阪神カップの過去5年を見ても先行【1- 4- 1- 13/19】と差し【3- 1- 1- 26/31】とそこまで大差ありません。それでも同じくロングラン開催(昨年は11月から)となった昨年は先行したダノンファンタジーとマルターズディオサが1‐2着だった現状を考えるに軸=先行、穴=差し馬と見てみるのが面白そうですね。差し馬は10番手以下の通過で妙味がアップします。

 毎年この時期は馬場が荒れているというのは毎年のことで、枠別成績も内枠が有利になっていいます。過去5年で勝利しているのは1~3枠から出ているのがそれを表していると言えます。特に1枠【2‐ 1- 0- 7/10】と3枠【2- 1- 2- 5/10】でこの二つは圧巻の成績を残していると言えます。3枠に入った馬は17年を除いて毎年馬券圏内に入っているのが特徴ですね。19年は圧巻の1着と3着に入っています。今年もこの両枠は注意が必要でしょう。



2.とにもかくにもG1強し!?

 続いて前走を見てみると圧巻の数字をの残しているのは前走G1組。過去5年で【3- 4- 4- 19/30】で一番の成績を残しています。それ以外に馬券圏内へ入って来た馬もオープン競走以上から臨んできた馬が占めていますので、昇級戦で臨んできた馬には絶望的に相性の合わない競走であると言えますね。オープン競走から出走してきた馬はおーろカップを叩いたミスターメロディーとスターオブペルシャが入った18年が唯一になっています。その他G2・G3から1着となった馬は共に重賞勝利の経験があった馬。実績があればG2以下からも狙っていいかもしれませんが、基本的にはG1から狙っていくのがマストとなりそうですね。

 前走G1で相性がよいのはマイルCS。過去5年【1- 2- 3- 11/17】で一番馬券圏内に来ているレースです。堅実に走ってくれてはいますが、人気になりやすいという欠点もありますので、そこをどうとらえるかですね。マイルCSに出走した馬は少なくとも中団までに入っている必要がありそうです。

 距離は前走から変更するのが吉。マイルCSが好調のように距離短縮のほうが相性はよさそうです。短縮ローテで進んでいる馬は過去5年【3- 3- 4- 24/34】で複勝率29.4%と前走距離別では一番好調。そう考えると短縮で臨んでくる馬中心が良いかもしれませんね。



3.走るディープ産駒と走らないディープ産駒違いは!?

 血統を見てみると過去5年で一番走っているのはディープインパクト産駒で圧巻の【2- 0- 2- 7/11】という成績になっています。それでも走るディープ産駒と走らないディープ産駒の違いはなんなのかは「上り」であると言えそうです。前走上り3位以内の馬に限定すると【2- 0- 2- 2/6】となり、すべての馬が上り3位以内であったということになります。これに今回5人気以内となると馬券圏内に来なかったのは18年のジュールポレールだけとなり、馬券圏内の可能性がかなり高くなりそうなので、前走上り3位以内というところをまず見るのがいいかもしれません。

 それ以外の馬の取捨ですが、強いのはサンデー系です。特にフジキセキ系やダイワメジャー産駒などのPサンデー系が有利な傾向になっています。父系または母父系にサンデー系が入っていない馬は過去5年19年2着のフィアーノロマーノ(父Fastnet Rock、母父Lion Heart、共にノーザンダンサー系)、18年1着のダイアナヘイロー(父キングヘイロー⦅リファール系⦆、母父グラスワンダー⦅ロベルト系⦆)、2着のミスターメロディー(父Scat Daddy、母父Deputy Mnister、共にノーザンダンサー系)、17年3着のモズアスコット(父Frankel、母父Hennessy共にノーザンダンサー系)の4頭のみ。それ以外はほとんどサンデー系が入っているということになります。逆にサンデー系が入っていない馬には必ずノーザンダンサー系が入っているので、米国的なパワーも求められるということがわかるかもしれません。ここでもスピードとパワーの二つが求められる傾向にあるということですね。母父にはCozzeneやグラスワンダー、Tapitなどパワーが優勢の種牡馬が入っているところからもわかりますね。

 サンデー系×母父パワー系が基本になり、サンデー系を含んでいない場合にはノーザンダンサー系が入っているというのが血統的にはポイントといえるかもしれません。



4.該当馬

 それでは阪神カップの該当馬を見ていきましょう。

1.タイセイビジョン

差し〇 1枠〇 前走△ 血統〇

 2歳時の京王杯2歳SやアーリントンCを勝っている1400m実績も阪神実績も十分です。今年は年始の京都金杯こそマイル4着と実績を残しましたが、その後は低調に。それでも前走京阪杯2着と調子は上向き加減です。この馬は延長実績【1- 1- 0- 0/2】で連対率100%に加え『競馬王新聞』のオプションを見ても「延」「内」がついているなど展開さえ嵌ればの穴馬にはぴったりな感じがしますね。有利な1枠だけにチャンスはありそうです。

5.デュープロセス

枠◎ 差し△ 前走△ 血統〇

 3枠で狙いたいのはこちらです。この馬はダイワメジャー産駒(Daiwa Major)なのでPサンデー系として期待値は非常に高いと言えるでしょう。母父もこのレースと相性の良いノーザンダンサー系のNew Approachで血統的には十分です。『競馬王新聞』のオプションに「短」がついている用に短縮は得意な傾向にありますので、こちらも期待ですね。

7.ダノンファンタジー

枠〇 差し△ 前走△ 血統◎

 ディープインパクト産駒で前走上り3位以内ということで狙いたいのはこの馬です。前走のスワンSでも激押ししましたが、その期待に応えて見事1着になってくれました。その後このレースへ臨んできたということはこの距離、このコースがベストと陣営が判断下ということでしょう。今回も期待ですね。牝馬はこの競走強いので期待値も高まります。

10.サウンドキアラ

枠△ 差し△ 前走◎ 血統〇

 こちらもスワンSで該当した馬が再び該当しています。しかも今回は『競馬王1月号』の「競馬王新聞威力を発揮する3つの法則」で該当した短縮・逆両ショッカー候補になっています。こちらで該当した馬は複勝率がかなり高いので、今回もこの馬には期待してもいいでしょう。ディープインパクト産駒は年を重ねるごとに1400mが得意になる傾向にありますから、適条件に戻った今回は再び注目です。


競馬王2022年1月号【好評発売中!!】

Hyoushi_2201s_h1_2

今号のテーマは【2022鉄板トレンドで年末年始を駆け抜ける!】

競馬王豪華ライター陣が2022年の競馬を占っています。

巻頭特集には本誌11年ぶり登場のカンニング竹山さんが「ダート競馬」について熱く語る!?芸能人ならではの豪快な話っぷりにご注目です!!

巻頭企画として『灼熱の有馬記念』と題して有馬記念を振り返る&豪華ライター陣21名による有馬記念で「買いたい馬」&「消したい馬」を一挙大公開!!

キムラヨウヘイ

TARO

亀谷敬正

馬場虎太郎

今井雅宏

nige

シンヤカズヒロ

馬ノスケ

井内利彰

伊吹雅也

立川優馬

村上弘樹

とうけいば

ご予約はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B09M4THLPW/


競馬王新聞全レース版はBASEおよびnoteで好評発売中です!

1場550円、全場セットはお得な1100円(いずれも税込み)で販売しております。

競馬王オンライン販売は下記へアクセスしてください!

BASE

https://keibaoh.base.shop/

note
https://note.com/_keibaoh


明日はクリスマスですね。おそらく私はここで有馬記念の記事を書いているでしょう。今日くらいはJR東海のクリスマスエクスプレスでも見てなんちゃってクリスマスを楽しみます。

それでは!

ヒデ

立川優馬の穴馬トッピング(12月25日・阪神C)

気鋭の予想家・立川優馬氏が厳選した阪神Cの穴馬をご紹介します。

阪神11R 阪神C 芝1400m
レース質:内枠・先行

内枠に先行したい馬が並んで、内から迫り出す馬群になる。先行した馬は直線で内を空けた進路を取るので、外を回ってきた差し馬は行き場をなくす形に。タイトな流れでも内から先手を取った馬が粘り切るレース質。

6.ファストフォース
逃げると簡単には止まらない馬キャラで、超高速馬場や荒れた馬場などタフな条件でパフォーマンスを上げるタイプ。高速気味の内空け馬場は北九州記念で経験済みで、元々1600~1800mで好走していたように、1400mは気にならない。

3.ホウオウアマゾン
追走力特化の馬キャラで、内枠が得意なタイプ。マイルCS5着のほか、1~3枠に入ったとき5戦して全て馬券に絡み、その中にはスワンS3着もある。今回も得意な2枠から流れに乗れる枠で番手から粘り込む。


★掲載レース以外の注目馬は、コンビニプリントでご覧いただけます。「レース質マトリックス」→「立川優馬の穴馬トッピング!」を選択してください。
コンビニプリントの利用方法はこちら。
https://www.e-printservice.net/shohin/chuoukeiba-yosou

★立川優馬氏主宰のオンラインサロン「競馬と共に人生を歩むサロン」
https://lounge.dmm.com/detail/3613/

★初の単行本『レース質マトリックス 競馬は全て二択である』が好評発売中!
Amazonでの購入はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/486710020X

Matrix

【競馬王新聞】12月25日 全場メイン11競走

100


競馬王新聞全レース版はBASEにて好評発売中!!】

競馬王新聞全レース版はBASEおよびnoteで好評発売中です!

1場550円、全場セットはお得な1100円(いずれも税込み)で販売しております。

競馬王オンライン販売は下記へアクセスしてください!

BASE

https://keibaoh.base.shop/

note
https://note.com/_keibaoh

大好評につき12月よりコンビニプリント、eプリントサービスでも発売開始!!
お近くのコンビニで競馬王新聞がご購入いただけます。
また、コンビニプリント、eプリントサービス限定で「後半12レースパック」発売中!3場開催時は各場9レースから12レースまでがセットになったパックです。こちらもぜひご利用ください!

データなどの読み方は下記ページをご参照ください!!

http://blog.keibaoh.com/blog/2021/10/post-b6c0.html


阪神11R <阪神カップ>

25

ダウンロード→20211225_.pdfをダウンロード


中山11R<グレイトフルS>

S

ダウンロード→20211225_n.pdfをダウンロード


◆読み方◆

__1

__2


各競馬場のダウンロードファイルをクリックしていただくと詳細なPDFをダウンロードできます。

クリックしてご活用ください。

ご意見ご感想、改善点は

Twitter→ @keibaoh

メール→ sp@keibaoh.com

までお送りください。

競馬王新聞無料配布コーナー
競馬王新聞購入ページ
  • 競馬王新聞の読み方はこちら!
  • 競馬王オフィシャルTwitter          競馬王オフィシャルFacebook          競馬王ブログRSS



    藤代三郎プロデュース! 偽スタンプ無料配布コーナー
    ニコニコ公式チャンネル
    『競馬王チャンネル』
    競馬王チャンネル

    本誌連動企画やライター陣の見解など週末の予想に役立つ情報が満載。ブロマガも動画も充実!!。

    競馬王チャンネル・アプリ
    ※iOS/Androidでご利用いただけます

    競馬王チャンネルオススメ馬
    コンビニプリントサービス
    コンビニプリントサービスのご案内
    全国のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンにて土日の競馬王チャンネルオススメ馬や立川優馬の穴馬トッピングなどが24時間365日プリントOK!

    競馬王メルマガ(無料)

    ニコニコ公式ch『競馬王チャンネル』の有料コンテンツ無料配信や、競馬王本誌連動企画などを無料でお届けいたします。受信希望のメールアドレスをご登録してください。


    現在の配信コンテンツ一覧
    競馬王へのご意見・ご要望
    ご意見、ご要望、プレゼント応募などは『競馬王読者アンケートコーナー』からお願いいたします。より良い誌面を作るために、皆様のご意見をぜひお聞かせ下さい。

    競馬王書籍の電子版が
    無料でカンタン立ち読み!
    競馬王書籍の電子版がカンタン立ち読み!

    競馬王本誌&単行本の電子書籍が15ページほど無料で立ち読みできます!


    競馬王本誌最新号のご紹介
    競馬王1月号
    競馬王 2022年1月号
    最新単行本のご紹介
    ウルトラ回収率2022-2023

    レーダーチャート式 厩舎名鑑2022-2023

    競走馬の適性を5つに分けて激走を見抜く! 脚質ギアファイブ

    コース別馬券攻略 鉄板軸&ヒモ穴が簡単に見つかる本

    トリプルバイアス予想理論

    ウマゲノム版種牡馬辞典2021-2022

    レース質マトリックス 競馬は全て二択である

    馬券師・半笑いの遺言

    血統偏差値 2021-2022 コース別「儲かる種牡馬」ランキング

    ウルトラ回収率2021-2022

    競馬は人気馬2頭+人気薄1頭の組み合わせでだいたい決まる

    AI競馬 人工知能は馬券を制することができるか?

    至高の馬券指標 ジョッキー偏差値

    ネット投票で儲ける! オッズ馬券の新常識

    新 ラップタイム重賞図鑑

    競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書

    京大式推定3ハロン「脚質データ」を使って儲ける時短予想

    血統偏差値 JRA全103コース「儲かる種牡馬」ランキング

    1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす いま儲かる騎手・種牡馬・厩舎ランキング

    激走レンジ!究極ガイド 京大式 馬場読みで万馬券を量産する方法

    「絶対に負けたくない!」から紐解く穴パターン事典 ケーススタディ

    真の実力と勝負パターンが見える! レーダーチャート式 厩舎名鑑

    競馬力を上げる馬券統計学の教科書

    ウマゲノム版 重賞解析読本 古馬・芝編

    1頭の種牡馬の凄いクセをつかむだけで1千万円稼ぐ

    全15場攻略! 地方競馬パーフェクトブック

    ジョッキー偏差値 JRA全103コース「儲かる騎手」ランキング

    プロ馬券師たちから学ぶ賢い券種選び 買い方のコツを掴めば回収率は大きく上がる!

    回収率至上主義で年間プラスを実現する京大式クリニカルパス 超競馬考

    ダート競馬の儲け方 馬単位の適性を見抜ければ本命も大穴も自由自在!

    消えた名馬 -年度代表馬で振り返る平成史-

    大手生産牧場の戦略意図が分かれば必然的に馬券は当たりまくる!

    保存版「絶対に負けたくない!」から始める馬券術

    楽しみながら儲ける馬券攻略Xファイル 元金1万円を100倍に!

    競馬王テクニカル 稼ぐ技術編

    万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術-

    「絶対に負けたくない!」から紐解く 穴パターン事典

    厩舎力 陣営のクセを掴めば馬券は面白いように当たる!

    競馬研究所4 プロが勝負する厳選芝コースガイド

    競馬 考えるヒント〜常勝競馬を叶える予想戦術

    WIN5攻略全書 回収率150%超! ミスターWIN5のマインドセット

    回収率をあげるオッズ馬券の奥義

    ハイパー複コロ革命

    勝てる馬券の買い方

    馬券裁判 競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実

    競馬 勝者のエビデンス ―玄人になる「確証」と「型」

    「枠順」と「位置取り」で勝ち馬を見抜く!

    オッズキングダム オッズで勝つ! 極上馬券GETまでのセオリー

    競馬で長期的に勝つための馬券師バイブル

    競馬の復習 儲かるレース結果の見方

    1億5000万円稼いだ馬券裁判男卍の投資競馬講座


    単勝すごいぜ!

    競馬研究所3 プロが勝負する厳選ダートコースガイド

    競馬王テクニカル 勝利の習慣編

    全重賞&全コース別1番人気鉄板全書

    競馬力が劇的に上がる一撃馬券ノート

    絶対フォーカス 馬券で勝ち切る

    穴馬券を獲りたければ本命馬を買え!

    勝負馬券論 100万仕事のマグナカルタ

    京大式 推定3ハロン パーフェクトブック

    回収率をあげるオッズ馬券の参考書

    複コロ革命

    「絶対に負けたくない!」から始める馬券術

    回収率を決める最終レース 一撃とひらめきの教科書

    短縮×逆ショッカー 元祖爆走ローテーション理論

    競馬研究所2

    オッズテクニカル 馬券マスター・オッズマスターに聞いたオッズと上手に付き合う方法

    合理主義競馬 必然の好走を見抜いて競馬に勝つ絶対ルーティン

    砂にまみれて飯を食う 午前中に勝ちを決め最終レースで駄目を押す“ダート競馬”の儲け方

    競馬王テクニカル 馬券の基本編

    競馬研究所1

    怒濤のVライン コース別革命ver.

    絶対軸馬・絶対穴馬 安定黒字を実現する『競馬ブック』スピード指数活用ガイド

    そうだったのか! 今までの見方が180度変わる知られざる競馬の仕組み

    全106コース対応 山崎エリカの逃げ馬必勝ナビゲーション

    回収率をあげるオッズ馬券の教科書

    鉄板競馬・10周年記念12馬券福神SP

    海外競馬・勝つためのプレミアム・データ&テクニック

    1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方

    アーカイブ