« 2021年7月 | メイン | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月31日 (火)

輝けミスプロ血統!? サマーチャンピオン分析

 こんばんは、ヒデです。本日は明日佐賀競馬場で行われる交流重賞サマーチャンピオンを分析したいと思います。今年は9月開催ということになりましたが、コパノキッキングなどが出走する豪華メンバー戦、どんな結果となるのでしょうか。早速分析していきましょう!


< 目次 >

1.外枠先行優勢!

2.距離延長は禁物・・・

3.輝けミスプロ血統!

4.該当馬




1.外枠先行優勢!

 佐賀競馬場はなんといっても外枠有利の競馬場です。『地方競馬パーフェクトブック』内でも確認できます。1300mコースのものですが、1枠の複勝率が26.2%に対して8枠の複勝率は39.8%と10ポイント以上差をつけられているのです。同じく外枠有利と言われている高知競馬場は1枠と8枠の有利不利はそこまでなく(1枠31.6%・8枠31.8%)、内・外の有利不利がはっきりと出ているのが佐賀競馬場の特徴といえるでしょう。佐賀競馬場は内が深いことで有名な競馬場で(他には金沢や高知も内が深く外有利の傾向がありますね)、内を追走するよりも多少外に出して競馬をするのがあっている競馬場です。出足が速い馬というのは外に持ち出すこともできますが、先行くらいになるとやはり内枠は不利に働きます。

 これはサマーチャンピオンでも同様のことが言え、複勝率が30%を超える4枠以降は多少の人気薄でも馬券内に好走でき、2018年には兵庫競馬のエイシンバランサーが10番枠から地方所属馬として11年ぶりの勝利をあげるなど良績を残しています。基本的には毎年外枠2頭×内枠1頭の並びで決まっているので外枠の馬中心で軸を決めていくのがまずは飯野かもしれません。

 そして佐賀競馬の馬場といえば「逃げ先行有利」の競馬場としてもお馴染ですね。このコースは直線が200mしかなく高知競馬と並んで直線がかなり短いコースです。そのため一気に差すという競馬では間に合わず、過去5年の馬券内馬平均3角通過順位は驚異の2.8位。極端に前にいなければ厳しく、仮に出足が遅くなっても3コーナーあたりから捲っていかなければ馬券内は厳しいと言わざるを得ないでしょう。

 基本的には「外枠先行」この馬を脚質から選ぶのが良さそうです。



2.距離延長は禁物・・・

 過去5年の成績を見てみると馬券内15頭の内13頭が前走同距離以上となっています。延長組が馬券になったのは2着1回3着1回とそこまで優秀な成績ではないため軽視が妥当でしょう。延長で馬券内になった馬は2着は19年のヒザクリゲ。この馬は3連勝中と勢いに乗っている馬でしたし、同3着になったのは昨年のコパノキッキング。この馬はもともと1400mのダート重賞を勝てている馬なので実績または勢いがなければ延長で成績を残すのが厳しいということでしょう。なお、今年もコパノキッキングは延長ローテと単軸にするにはすこし厳しいデータとなっています。

 前走はJRAでのレースか地方交流が一般的。東京で行われる欅Sで大敗した馬はなぜか巻き返しが多いですが、それ以外のローテで臨んだ馬は最低でも5着以内に入っているのがマストのようですね。



3.輝けミスプロ血統!

 このサマーチャンピオンは過去2年稍重・重で開催されていましたので、スピードを持ったミスプロ系が優勢でした。ただ、良馬場であると一定以上の持続力が必要となってくるので良馬場で開催された18年はヴァイスリージェント系Ghostzapper産駒のエイシンバランサーが勝っているところから見ても持続力がそこそこ問われていることがわかります。しかし、このエイシンバランサーはミスプロ系がクロスで入っている馬でした。同年3着のヨシオも母父がケイムホームであるだけではなくミスプロ系のクロスも入っていました。そのため、良馬場であってもミスプロ系の血を含んでいるほうが加速力の面で優位に立てることは間違いないようですね。

 父、母父系にミスプロ系が入っていなくてもミスプロのクロスが入っている場合は注意が必要でしょう。



4.該当馬

 それではサマーチャンピオンの該当馬を紹介したいと思います。

2.ラプタス

逃げ〇 前走〇 血統△

 ここのところ連勝している本馬ではありますが、逃げ切らなければ揉まれてしまう可能性もあり、そこまで重たい印は打てないかなというのが個人的な見解ではあります。とは言え地方競馬では馬券外がない安定感がありますので、そこまで軽視する必要も見当たりません。馬券内に来るとは思いますが連軸かなという印象ですね。

4.フォークローバー

先行〇 枠・ 前走× 血統〇

 ミスプロのクロスと4枠以降を兼ね備えているのは地方代表であるこの馬のみでした。7歳馬と高齢馬にはなってきましたが、佐賀競馬に移籍した2018年8月以来掲示板外を外していない安定感は交流重賞でも好走する可能性はありそうです。血統脚質枠該当しているのでもしかすると、もしかするかもしれません。

9.イメル<ヒデのイチオシ>

先行〇 枠〇 前走△ 血統〇

 こちらは母父にキングマンボ=ミスプロ系を持っている馬ですね。前走は出遅れて差しに回りましたが、この馬本来の脚質は先行。斤量もJRA勢最軽量の55キロとそこでも有利になりました。キンシャサノキセキ産駒ということで短距離ダートの適性も見ての通りという形なので、今回もしっかり外目から好位追走できれば馬券内も見えてくるでしょう。

10.コパノキッキング

先行〇 枠◎ 前走△ 血統〇

 昨年の3着馬ということで距離延長でも来る可能性を考えないと行けない一頭です。この馬は1400mも余裕でこなせると思うので距離や枠的な心配はないのですが、一つ「脚質」がかなり心配です。海外に行く前の東京盃、JBCクラシックではともに差しに回るなどかつての先行力が鈍ってきている可能性も否めません。今回は斤量と己との戦いになるでしょう。


【競馬王7月号は好評発売中!】

7



馬券情報誌『競馬王』、7月号のテーマは「2歳戦とローカルで年間収支を整える」。終わってみると年間収支に大きな影響を及ぼしがちな「2歳戦」と「ローカル」について、豪華執筆陣が攻略法を伝授します。巻頭スペシャルは競馬YouTuberとして大活躍中のショコ壱番屋が、山崎エリカとのコラボで競馬誌初登場!
ご予約はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B095JNPC7M/


コース別馬券攻略 鉄板軸&ヒモ穴が簡単に見つかる本(好評発売中!)

81mf0owrzxs

【大人気シリーズの「軸」&「穴」が一冊にまとまってパワーアップ!】

現在JRAで施行されている主要コース(障害と京都コースを除く)に対応し、簡単に狙い馬を見つけられる「軸」・「穴」シリーズの第四弾が発売! 最新刊となる今回は、「軸」と「穴」の両データを一冊に収録し、「鉄板」となりうる軸馬の抽出と、「ヒモ」として面白そうな穴馬の抽出を同時に行えるようになりました!

予約はこちら!


無料メルマガ配信中!

最新刊情報から先週の的中報告、競馬王チャンネルコンテンツの無料公開も!?

毎週お得な情報が届くメルマガは毎週金曜日(20時~21時頃)に配信しております。こちらに空メールを送るか、こちらから受信希望のメールアドレスをご登録してください。


エイシンバランサーが勝った時はかなりびっくりした記憶がありますが、地方馬が活躍するのはうれしいものです。

それでは!

ヒデ

2021年8月29日 (日)

新潟2歳Sで苦戦必須の条件とは!? 新潟2歳S分析

  おはようございます、ヒデです。2歳戦がスタートして早3か月が過ぎようとしていますね。皆様のPOG指名馬は順調でしょうか。私はぼちぼちなのかイマイチなのか少しジャッジしかねています、、、さあそんななか日程は進行して今週から2歳重賞が連続していきます。今回はその第一弾新潟2歳ステークスを分析していきたいと思います。それでは本日もよろしくお願いいたします。


< 目次 >

1.長い直線×2歳=差し有利!?

2.明暗分かれる前走左回りコース勝ち切るためには・・・

3.持続力×スピード。サンデー系が入っていないと厳しい?

4.該当馬


1.長い直線×2歳=差し有利!?

 新潟2歳Sは新潟競馬場の外回りコースで行われるマイル戦です。はじめて直面する長い直線で後半のペースがどうしても上りがちです。最後の2F目が一番早いレースペースになるという重賞競走、ひいては競馬のレースではなかなかお目にかかれないラップタイムになっています。もちろん速い上りを求められがちで、スローで流れても(もちろんそう見えるだけですが)等加速度的に差してくる馬が有利になるレースになりやすいのが特徴の一つでしょう。

 それは脚質にも露実に現れており、過去5年を脚質別で見てみると一番勝ち切っているのは差し馬です(4-1-2-21)特に上り2位以内の馬は必ず馬券に絡んでおり過去5年で見ると【5-3-2-0】で勝ち馬は上り2位以上であることがわかります。上りを重視して買う必要がありそうです。

 上りについては前走を見ればそれはよくわかるのですが、上り2位以内でないと馬券に絡まないようです。前走上り1・2位の馬は【5-5-5-37】で当然新馬勝ちしている馬は上り1・2位であることが多いのですが今回のメンバーでも12頭中3頭が3位以下であることからそれらの馬は割り引かなければならないでしょう。

まずは上りを見る、これはマスト条件のようです。

前走上り3位以下【0‐0‐0‐16】



2.明暗分かれる前走左回りコース。勝ち切るためには・・・

 前走を見てみるとほとんどの馬が未勝利または新馬戦からのローテーションでこの競走に挑んできます。そのため過去5年は勝ち馬すべて今走昇級戦、すなわち新馬未勝利戦から出ていることを考えてもオープンクラス(ダリア賞)を使っている馬は割り引かざるを得ないデータが残っています。距離的には同距離がマストでしょう。

 面白いのは前走競馬場で出走しているかによってかなり成績が変わってきています。まず前走右回りでは【0-1-2-14】で成績が芳しくないですね。複勝回収率は57%とそこまで悪くないですがそれでも過去5年べた買いしたときと変わらない回収率となっています。そのなかでも絡んでいるのは福島競馬場馬が2頭、阪神競馬場馬が一頭で成績を小倉競馬場の馬は1頭も絡んでいません。右回りを経験してきた馬は割引きが必要ですね。

そして意外にも明暗が分かれていたのが前走左回りの馬。前走左回りの成績は【5-4-3-39 】。特に注目なのが中京競馬場で、前走中京競馬場出走の馬は【2-2-0-8】で単複回収率が100%超えを達成。2017年の勝ち馬フロンティアもこの条件に該当しています。中京からの参戦馬には注意が必要です。その他の左回り競馬場は東京【0-2-3-11】で勝ち切れず、新潟も【3‐0‐0‐20】と前走も芝1600mで勝ち上がった馬のみ連勝しているパターンでした。こう見ると中京競馬場とその他の左回りコースとで少し格差が生まれている様にも見えます。東京競馬場から参戦してきた馬は「連軸」になるかもしれません。

前走オープン戦【0-0-0-6】

前走右回り【0‐1‐2‐14】



3.持続力×スピード。サンデー系が入っていないと厳しい?

 やはり強いサンデーサイレンス系。昨年こそノーザンダンサー系の当たり年といわんばかりに馬券内を独占していましたが、それ以外の年においては1頭(16年2着オーバースペック)を除いてすべての馬にサンデーサイレンス系が入っていました。これは相当強いバイアスなのでしょう。上りを重視されるような展開になるとサンデー系の右に出る種牡馬はそうそう存在しません。その言説が強く出ているような感じもしています。

 サンデー系、ヘイルトゥリーズン系が強いのは土曜の馬場傾向を見てもはっきりと出ていました。血統表の父・母父・父母父・母母父にヘイルトゥリーズン系が必ず入っているほどのヘイルトゥリーズン系マスト馬場。さらに父母父に限定ししても4頭を除いてすべての馬にヘイルトゥリーズン系が入っているようなそんな馬場に変貌していることからこの傾向は今年も大いに有効であると言えるでしょう。主流血統(+ロベルト系)×持続系(欧州系または米国中距離系)の組み合わせの血統が今の新潟競馬場に一番向いている血統構成ではないでしょうか。じわじわ持続しながら伸びていく馬。それを作り出すには主流血統に持続系の馬が必須でしょう。昨年の覇者ショックアクションはノーザンダンサー系×ノーザンダンサー系という特異な馬ではありましたが、この馬をもってしても「前走上り最速」を残していることからスピードを持った産駒だったというだけのことでしょう。

主流血統(+ロベルト系) × 持続血統(欧州系、米国中距離系)

→この組み合わせが鉄板!?

4.該当馬

 それでは新潟2歳Sの該当馬を見ていきましょう。

1.セリフォス

前走上り〇 前走中京〇 昇級戦〇 血統〇

 前走は中京での新馬戦ではありましたが、ベルクレスタに1馬身半差で快勝。新馬勝ちを収めました。そのベルクレスタはその後このコースの2歳未勝利戦で3馬身半差で快勝しているところを見るとこの馬もかなりのポテンシャルであると判断せざるを得ません。加えて川田騎手×中内田調教師の若駒最強タッグですのでかなり期待できるでしょう。

6.オタルエバー

逃げ△ 前走上り〇 前走新潟新馬勝ち〇 血統〇

 前走は今年のPOG大注目だったコリエンテスを子ども扱いして1着。その着差は4馬身。それだけの素質馬を軽くあしらうのですからかなりの逸材である可能性もあります。リオンディーズはシーザリオ一族ということもあってマイル近辺が産駒も得意なことが多いですね。加えて母父系はダンチヒ系ということで持続も大丈夫そう。あとは逃げ切れるかどうかだけですね。

7.クラウンドマジック

差し〇 前走上り〇 前走中京〇 血統〇

 前走中京の新馬戦では目の覚めるような直線伸びを見せてまさしく「追いついて」1着。その追込みは岩田康誠騎手とのコンビ作業という感じで伸びてきていました。今の新潟競馬場や過去の傾向から見ても一番あっているコースかもしれません。エピファネイア産駒自体忙しいレースを嫌いますから長い直線で徐々に追っていくレースとなればその持ち味を十分に活かすことも可能でしょう。


【競馬王7月号は好評発売中!】

7



馬券情報誌『競馬王』、7月号のテーマは「2歳戦とローカルで年間収支を整える」。終わってみると年間収支に大きな影響を及ぼしがちな「2歳戦」と「ローカル」について、豪華執筆陣が攻略法を伝授します。巻頭スペシャルは競馬YouTuberとして大活躍中のショコ壱番屋が、山崎エリカとのコラボで競馬誌初登場!
ご予約はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B095JNPC7M/


コース別馬券攻略 鉄板軸&ヒモ穴が簡単に見つかる本(好評発売中!)

81mf0owrzxs

【大人気シリーズの「軸」&「穴」が一冊にまとまってパワーアップ!】

現在JRAで施行されている主要コース(障害と京都コースを除く)に対応し、簡単に狙い馬を見つけられる「軸」・「穴」シリーズの第四弾が発売! 最新刊となる今回は、「軸」と「穴」の両データを一冊に収録し、「鉄板」となりうる軸馬の抽出と、「ヒモ」として面白そうな穴馬の抽出を同時に行えるようになりました!

予約はこちら!


無料メルマガ配信中!

最新刊情報から先週の的中報告、競馬王チャンネルコンテンツの無料公開も!?

毎週お得な情報が届くメルマガは毎週金曜日(20時~21時頃)に配信しております。こちらに空メールを送るか、こちらから受信希望のメールアドレスをご登録してください。


競馬王チャンネルの土曜馬場傾向に馬場傾向の詳細は執筆していますのでそちらも参考にしていただければ幸いです。

それでは!

ヒデ

2021年8月28日 (土)

北海道滞在馬による北海道滞在馬のためのレース⁉ キーンランドカップ分析

 こんばんは、ヒデです。本日は札幌競馬場で行われるサマースプリントシリーズ、キーンランドカップについて分析していきたいと思います。今年は変則開催の影響でCコース替わり初週に行われる同競走は果たして例年とどのように異なるのでしょうか。それは昨年までのCコース替わりを見れば把握できる!?それでは本日もよろしくお願いいたします。



< 目次 >

1.昨年までの流れと一転!?

2.サマースプリントシリーズ組優勢!

3.北海道らしく持続がポイントに!?

4.該当馬



1.昨年までの流れと一転!?

 毎年派手な差し切りが決まりがちなキーンランドカップ。過去5年の馬券内に来た馬の平均3角通過順位は6.4位と前の逃げ切りが難しい一面を持っています。特に過去2年は3角を7位以上で通過していなければ馬券内は厳しいというレースになっているように差しが有利です。

 しかし、今年はその流れも一変する可能性もありました。馬場がよくなって前残り多発・・・。それでもそうならないのが競馬の不思議なところ。土曜日の札幌芝コースを見てみると意外にも差しが伸びました。特にメインレースのオホーツクSは外伸び多発といった形になりました。裏を返せば、このような差し馬場であれば割り切って例年通りの傾向を信じてみるのがいいのかもしれません。

 過去10年に裾野を広げると差し馬の複勝率は先行の複勝率を上回ることから差し有利と見て逃げ馬+差し馬というのが良さそうです。



2.サマースプリントシリーズ組優勢!

 やはりサマースプリントシリーズの一戦であることから前走を見るとサマースプリントシリーズを出走している馬が優勢。中でも函館SSに出走している馬が過去5年で4勝。残りの一勝は同競走を除外されたダノンスマッシュだったことからもサマーシリーズに出走している馬の好走率が高いことが分かります。特に函館SS3着以内は活躍する確率がかなり上がるようです。

 一方でUHB賞組の馬も多く出走し昨年は1-2フィニッシュも決めたものの、好走率という観点から見るとやはり劣ってしまうので注意が必要です。

 基本的には同距離の函館SSに出ている馬が良さそうですね。



3.北海道らしく持続がポイントに!?

 北海道の競馬場で行われるスプリント戦らしく「持続力」を持った馬が活躍する傾向にあります。それは過去の結果を見ても分かります。例えば昨年行われた同競走ではストームキャット系の二頭が1-2フィニッシュ。ストームキャット系であるヘニーヒューズ産駒は東京ダートを先行して押し切れるほどの持続力にも長けたスプリント系ダート種牡馬ですが、その系統が芝のスプリントレースで末脚を披露するのですからかなり持続力を持って差し切るスピードと持続力が求められることがわかります。

 そこで重要になってきそうなのが「Pサンデー」の血です。過去10年で見てみてると活躍しているのはPサンデー系の種牡馬、ダイワメジャーとキンシャサノキセキ産駒が好成績を残しています。特にダイワメジャー産駒は10年で【5-2-2-16】と半分勝利していることからもいかにこのコースを得意にしているか分かります。Pサンデー系と持続系の組み合わせというのが良いようですね。



4.該当馬

1.ロードアクア

逃げ先行○ 前走△ 血統○

 かなり使い込んでいますが、前走UHB賞かつ函館SSにも出走していることから注目の一頭ではありそうですね。特に2走前のTVh賞では函館SSよりも早いタイムで1着になっていることを考えると団野騎手とも手が合ってきているのではないでしょうか。今回も団野騎手、この馬はまたどこかで穴を開ける可能性があるのでしつこく追いかけたい一頭でもあります。



2.アストラエンブレム

追込み△  前走△ 血統◎

 正直該当馬に入れるか迷いましたが、この馬は血統が良いので一応該当馬としてあげておきます。今回唯一のダイワメジャー産駒です。オーシャンSでも推奨した記憶はあるのですがそこからまた長いトンネルにハマってしまった本馬ではありますが、ラピスラズリSでは京王杯AHから短縮で成績を残したことを考えると前走安土城S1400mはこの馬にとってプラスに転じる可能性があります。血統だけでも「位置を取れれば」かなり期待できるでしょう。

11.ミッキーブリランテ

差し○ 前走○ 血統○

 前走函館SS3着にして唯一前走函館SS3着以内該当馬になっています。またディープブリランテ産駒も過去10年で【1-1-1-8】で勝率ランキングでは4位に輝いていることからこの距離もOK。母父にダンチヒが入っているのも理想的で、そこまで消す意義を感じない一頭ですね。

 個人的な話をすると阪急杯でやられた馬なので是非とも今回は好走してほしいところです。

14.カイザーメランジェ

差し○ 前走○ 血統○

2019年の函館SS覇者。人気がここまでないのが不思議な一頭ですね。ここのところは調子が悪いのですが、前走UHB賞では½馬身差の3着と評価に値する成績を残しています。血統的にみても父サクラオリオンもこのコース【1-1-0-1】で圧倒的な成績を残していますので、穴としては最適な一頭ではないでしょうか。

 


【競馬王7月号は好評発売中!】

7



馬券情報誌『競馬王』、7月号のテーマは「2歳戦とローカルで年間収支を整える」。終わってみると年間収支に大きな影響を及ぼしがちな「2歳戦」と「ローカル」について、豪華執筆陣が攻略法を伝授します。巻頭スペシャルは競馬YouTuberとして大活躍中のショコ壱番屋が、山崎エリカとのコラボで競馬誌初登場!
ご予約はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B095JNPC7M/


コース別馬券攻略 鉄板軸&ヒモ穴が簡単に見つかる本(好評発売中!)

81mf0owrzxs

【大人気シリーズの「軸」&「穴」が一冊にまとまってパワーアップ!】

現在JRAで施行されている主要コース(障害と京都コースを除く)に対応し、簡単に狙い馬を見つけられる「軸」・「穴」シリーズの第四弾が発売! 最新刊となる今回は、「軸」と「穴」の両データを一冊に収録し、「鉄板」となりうる軸馬の抽出と、「ヒモ」として面白そうな穴馬の抽出を同時に行えるようになりました!

予約はこちら!


無料メルマガ配信中!

最新刊情報から先週の的中報告、競馬王チャンネルコンテンツの無料公開も!?

毎週お得な情報が届くメルマガは毎週金曜日(20時~21時頃)に配信しております。こちらに空メールを送るか、こちらから受信希望のメールアドレスをご登録してください。


先週のサマーシリーズでは勝負レースの勝負に成功しました。日々学んでいる最中ですが、これからも参考にしていただければ幸いです。

それでは!

ヒデ

立川優馬の穴馬トッピング(8月29日・キーンランドC)

気鋭の予想家・立川優馬氏が厳選したキーンランドCの穴馬をご紹介します。

札幌11R キーンランドC 芝1200m
レース質:内枠・差し・短縮

先行したい馬は内に多く、メイケイエールもいることから、内枠主導の雁行形の馬群で進みそう。メイケイエールは外に膨らみながら走る馬でもあり、その内で不利なく追走して、直線だけ外に出せる馬が穴をあけるレース質。


4.タイセイアベニール
差して届かない馬キャラで、ラストは確実に差してくるタイプ。差しの戦法をとっているが、追走面の問題がそれほどなく、中団に位置を取れるのが安定している理由。メイケイより内でラチ沿い追走から4角で外を回すレースメイクを期待。

11.ミッキーブリランテ
伸びずバテずの馬キャラで、自分の時計は堅実に走るタイプ。本質的に1200mは向かないと思うが、外を回して押し上げられる馬場なら、追走に苦慮する面が効を奏しそう。メイケイの不利を受けなければ。


掲載レース以外の注目馬は、コンビニプリントでご覧いただけます。「レース質マトリックス」→「立川優馬の穴馬トッピング!」を選択してください。
コンビニプリントの利用方法はこちら。
https://www.e-printservice.net/shohin/chuoukeiba-yosou

立川優馬氏のオンラインサロン(9月1日スタート)
https://lounge.dmm.com/detail/3613/

初の単行本『レース質マトリックス 競馬は全て二択である』が好評発売中!
Amazonでの購入はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/486710020X

Matrix

 

2021年8月27日 (金)

立川優馬の穴馬トッピング(8月28日・BSN賞)

気鋭の予想家・立川優馬氏が厳選したBSN賞の穴馬をご紹介します。

新潟11R BSN賞 ダート1800m
レース質:内枠・先行

ゴール前の含水率7%弱なら湿潤期の標準的な新潟ダート。先週同様、かなり速い時計が出る馬場で、上級条件の1200mは1分10秒台前半の決着に。高速時計への適性や追走力が求められる馬場を想定。
先行馬がそれほど多くなく、追走力タイプの馬も少ないメンバーで、しっかりと落ち着いた流れになる可能性が高い。馬場自体は高速なので、追走面や時計面の担保がある馬がテンに飛ばせば、そのまま押し切れるレース質。

6.ベルダーイメル
追走力特化の馬キャラで、時計の速いダートでパフォーマンスを上げるタイプ。高速新潟の申し子のような馬で、テンに位置さえ取れれば苦しい流れでも踏ん張れる。外から被せられない並びもよく、まず勝ち負け。

8.クリノフウジン
伸びずバテずの馬キャラで、枠や馬場の後押しが必要なタイプ。追走力寄りの馬で、高速小倉をマクリ差す形に実績がある。前走も内枠先行有利の中で差し馬最上位。距離延長ローテのここは、ある程度位置も取れる。

掲載レース以外の注目馬は、コンビニプリントでご覧いただけます。「レース質マトリックス」→「立川優馬の穴馬トッピング!」を選択してください。
コンビニプリントの利用方法はこちら。
https://www.e-printservice.net/shohin/chuoukeiba-yosou

立川優馬氏のオンラインサロン(9月1日スタート)
https://lounge.dmm.com/detail/3613/

初の単行本『レース質マトリックス 競馬は全て二択である』が好評発売中!
Amazonでの購入はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/486710020X

Matrix

2021年8月21日 (土)

スーパーG2、答えは格が知っている!? 札幌記念分析

  こんばんは、ヒデです。週中に雨が雨が降り馬場の悪化も懸念された札幌競馬場では土曜日は良馬場でした。そんな札幌競馬場で行われるG2競走、札幌記念を分析していきたいと思います。今年は3歳牝馬ソダシの参戦など話題性には事欠かないレースではありますが、どんな傾向になるのでしょうか。それでは本日もよろしくお願いいたします。

参考:【考察】札幌記念参戦のソダシ、巻き返しは!? 


< 目次 >

1.差し馬が有利に!?

2.前走の格がモノをいう!?

3.主流血統と北海道主流血統!?

4.該当馬




1.差し馬が有利に!?

 ミドルペースで流れることが多い札幌記念。逃げ先行馬は厳しく、差し馬が有利に。過去5年で差し馬は【4-3-1-17】で複勝率32%と一番の成績になっています。単複回収率100%を超えるなど、優秀な成績になっています。緩やかなカーブが続く札幌競馬場では差しが決まりやすい傾向にあるのでしょう。

 それを裏付けるかのように上り3位以内の成績はすさまじく、過去5年【4-4-3-5】で複勝率68.7%を残しているなど、上り優勢になっています。G1クラスの上りが求められるのが他のサマーシリーズとは違う部分といえるのではないでしょうか。昨年もG1馬のノームコアとペルシアンナイトが共に上り最速を記録して1・2着を独占するなど上りの重要性がわかります。

 このレースでは差し馬を中心に馬券を組んでいく必要があるでしょう。前走上り3F5位以内であれば今回も成績を残せているとプラスに働きそうです。



2.前走の格がモノをいう!?

 超豪華なメンバーが揃うだけあって前走G1を走っていたりG1馬はやはり安定した成績を残しています。前走G1出走馬は【2-4-4-14】で複勝率41.7%を残しています。海外G1に出走した馬は成績を残しせていないところが気になりますが国内G1馬でもあるラヴズオンリーユーは他の要素を見ながら考えているいく必要がありそうです。

 過去5年で連対している馬を見ると10頭中6頭がG1を勝利、G1の連対に広げると10頭中8頭がG1で成績を残しています(重複あり)。唯一連対馬が1頭もいなかったのが17年ですが、この17年はG1馬が出走していなかったことで北海道適性が強く求められる結果となっていました。今年は実績馬も多いのでこの年については度外視でいいでしょう。

 前走のレースからわかるのは前走G1出走していること、前走上りが早いことはまず一番見ておきたいところですね。そしてG1で馬券内経験があることにも注目してみると勝ち馬を見つけられるのではないでしょうか。



3.主流血統と北海道主流血統!?

 札幌記念で強い種牡馬はここ5年かなりはっきりしています。一番成績を残しているのは北海道で主流血統ということができるハービンジャー産駒。ハービンジャー産駒は過去5年【2-1-1-4】で複勝率50%。ブラストワンピースやペルシアンナイトなど復活も果たしています。そしてディープインパクト産駒も非常に強く、過去5年【1-2-1-5】で複勝率44%と好調です。サングレーザーが1勝2着1回で貢献していますが、今週もディープインパクト系は安定した成績を残しているのはプラス材料でしょう。

 面白いのがノーザンダンサー系が入っている馬が好走中。過去3年はノーザンダンサー系が入っている馬がノーザンダンサー系が入っている馬が2頭以上が馬券内に来ていることからもノーザンダンサー系が必要になっていることがわかるでしょう。



4.該当馬

4.ラヴズオンリーユー

先行△ 前走? G1実績◎ 血統〇

 実績は非常に高いものの、海外帰り初戦であることが気になります。前走QE2世Cだったのは2着だったクルーガーのみでしたので正直未知数であるといえます。この後の米国遠征を見据えていますので今回はメイチというわけではないでしょうが、右回りの香港で1着になっただけに、少し控えての競馬ができれば十分でしょう。

7.ペルシアンナイト

差し〇 前走△ G1実績〇 血統〇

 昨年2着馬でそれ以降馬券内はありませんが、血統的にはハービンジャー産駒で相性はいいようですね。前走も上りを使えているのは強調材料で、展開が向けば今回も馬券内に来る可能性が高いと考えられるのではないでしょうか。この馬にとっては良馬場大歓迎ですので、注目の1頭ですね。

9.アイスバルブ

差し〇 前走△ G1実績× 血統〇

 前走函館記念では低評価を覆して2着。Hペースで差しに向いた感はありますが、この札幌競馬場は3の通り調子が良いので、今回も長く脚を使えるのが良いでしょう。姉などはダートでも走っているなど、牝系を見ると力強さはありそうなので上りが使えるタイミングであれば注目の一頭ですね。


【競馬王7月号は好評発売中!】

7



馬券情報誌『競馬王』、7月号のテーマは「2歳戦とローカルで年間収支を整える」。終わってみると年間収支に大きな影響を及ぼしがちな「2歳戦」と「ローカル」について、豪華執筆陣が攻略法を伝授します。巻頭スペシャルは競馬YouTuberとして大活躍中のショコ壱番屋が、山崎エリカとのコラボで競馬誌初登場!
ご予約はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B095JNPC7M/


コース別馬券攻略 鉄板軸&ヒモ穴が簡単に見つかる本(好評発売中!)

81mf0owrzxs

【大人気シリーズの「軸」&「穴」が一冊にまとまってパワーアップ!】

現在JRAで施行されている主要コース(障害と京都コースを除く)に対応し、簡単に狙い馬を見つけられる「軸」・「穴」シリーズの第四弾が発売! 最新刊となる今回は、「軸」と「穴」の両データを一冊に収録し、「鉄板」となりうる軸馬の抽出と、「ヒモ」として面白そうな穴馬の抽出を同時に行えるようになりました!

予約はこちら!


無料メルマガ配信中!

最新刊情報から先週の的中報告、競馬王チャンネルコンテンツの無料公開も!?

毎週お得な情報が届くメルマガは毎週金曜日(20時~21時頃)に配信しております。こちらに空メールを送るか、こちらから受信希望のメールアドレスをご登録してください。


今年はG1馬4頭が出走するなどスーパーG2の名に恥じない感じがしますね。果たして今年はどうなるでしょうか。

それでは!

ヒデ

立川優馬の穴馬トッピング(8月22日・札幌記念)

気鋭の予想家・立川優馬氏が厳選した札幌記念の穴馬をご紹介します。

札幌11R 札幌記念 芝2000m
レース質:内枠・先行・スローペース

ペースを引き上げるタイプの先行馬がおらず、例年どおり、スロー寄りの流れから後半5F持続戦になる。3角手前から緩むところがないので、外を回して差すことは不可能。内ラチ沿いを追走して、直線だけ外に出す馬が恵まれるレース質。

1ステイフーリッシュ
伸びずバテずの馬キャラで、枠や馬場の後押しが必要なタイプ。勝負どころの反応は鈍い反面、持続力が高い馬なので、スローから徐々に加速する5F持続戦はベスト。最内枠得意の坂井騎手もよく、3番手内追走なら最高。

3マイネルウィルトス
伸びずバテずの馬キャラで、上がりの掛かる馬場でパフォーマンスを上げるタイプ。上がりが35秒以上掛かるようなレースで相対的に上がり最速を出すような馬で明らかな持続力型。前走は内枠有利の馬場の外枠で見直し可能。


掲載レース以外の注目馬は、コンビニプリントでご覧いただけます。「レース質マトリックス」→「立川優馬の穴馬トッピング!」を選択してください。
コンビニプリントの利用方法はこちら。
https://www.e-printservice.net/shohin/chuoukeiba-yosou

立川優馬氏のオンラインサロン(9月1日スタート)
https://lounge.dmm.com/detail/3613/

初の単行本『レース質マトリックス 競馬は全て二択である』が好評発売中!
Amazonでの購入はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/486710020X

Matrix



2021年8月20日 (金)

欧州気質な米国系にご用心!? 北九州記念分析

 こんばんは、ヒデです。肌寒い週末を越えて熱い気温が続いた東京。はっきりとしない天気なのは、早くも秋雨前線が停滞しているからだといいます。そんなはっきりとしない天気は小倉も同様のようです。今週は週中に55.5mmの雨を観測した小倉競馬場ですが、明日は良馬場スタートも影響は残るのでしょうか?野芝のみという芝コース、今週も内を開けて走るのが基本のレースパターンか注目の北九州記念を分析します。それでは本日もよろしくお願いいたします。


< 目次 >

1.ハイペースになりやすい定めです

2.ハイペースで求められるテンの早さ

3.スピードだけでは押し切れない

4.該当馬




1.ハイペースになりやすい定めです

 北九州記念が行われる小倉競馬場の芝1200mは非常にハイペースになりやすいコースです。2コーナー奥のポケット地点からスタートして緩やかに下り続けているため、テンからスピードが早くなりやすい特徴があります。そのため、逃げ馬には不利になりやすいコースとなっており3角1番手で通過した馬の過去5年でモズスーパーフレアのみが馬券内という結果になっています。

 ただ、馬券内に食い込む可能性が高いのは先行馬で【1-3-2-16】という成績になっていることから前が不利ということではなさそうです。それに関しては『競馬王7月号』にて立川優馬さんが『ローカルの極意』内で「スパイラルカーブの3~4角で加速しながら直線に入るため、直線入り口で馬群が広がりやすく、内を泰斗に回る馬が恵まれるコース形態になっています。直線は平坦で短いので、乗ったまま直線入り口を迎えると、多少ハイペースでも前が止まりません。」と話しているように前が有利なのはスパイラルカーブが影響しているといえるのではないでしょうか。

 とはいえ今年は内を開けるシーンも先週から目立ち始めましたので、内枠~中枠で直線三分どころよりも外で伸びる馬には注意が必要でしょう。過去5年の上り3F3位以内は【4-0-3-8】、特に上り1位は【2-0-1-3】ながら単勝回収率が506%を記録するなど中団からの差しは展開次第で脅威になりかねません。今年は逃げ馬たい馬が複数いますので、自然と差しへの期待値も上がってきます。

 まとめると

①小倉芝1200mは緩やかな下り坂が続くため「ハイペースになりやすい」

②スパイラルカーブの影響で馬群が広がりやすく「先行有利」

③上り上位馬は安定感あり。特に「中団からの差しに注意」




2.ハイペースで求められるテンの早さ

 ハイペースになりやすいため、短縮はテンでおいていかれてしまう可能性が高いのかもしれません。昨年までの5年間、距離短縮で臨んだ馬は8頭いますが8着が最高です。平均着順も12.4着とまったく上位に食い込めていません。荒れやすいレースですが、距離短縮の馬はどうやらこの舞台とはミスマッチングの様です。

 一方同距離でも前走条件戦の馬は厳しく、馬券になったのは前走佐世保Sでそれまで連勝中だったダイアナヘイローのみとなっています。好成績を残しているのはCBC賞組ですがこれはコースの形状が似ているからかもしれません。中京の1200mは小倉と似て向こう正面で徐々に下っていくコースです。やはりこのコースでもテンが早くなります。直線の坂で差し損ねた馬が巻き返してくる傾向にありますので、注意が必要でしょう。差し馬×前走CBC賞に限定すると【2‐0-0-8】で単勝回収率は236%になりました。荒れやすい北九州記念らしく、CBC賞経由の差し馬に妙味があるのかもしれません。しかし、今年は開催前半に小倉競馬場で行われているため、この傾向は微妙かもしれませんね。

 ポイントは「テンの早さ」でやはり後方からは物理的に届かないようですね。少なくとも10番手位につけるのが良さそうです。



3.スピードだけでは押し切れない

 やはりというべきなのか、これだけハイペースになるとスピードだけでは押し切れるレースではなくなっています。そのため、毎年欧州の持続力と米国のスピード力を併せ持っているような産駒が活躍する傾向にあります。逆に、いつもはスピードでスプリント界を席巻しているはずのアドマイヤムーン産駒は、意外にも過去5年馬券内はなし。平均着順も約8位と完全に適性外のようになってしまっています。レッドファルクスを輩出したスウェプトオーヴァーボード産駒も3着が1回だけ(母父トニービン)とスピードが売りの米国ミスプロ系はスプリントが得意というイメージに反して凡走を繰り返す傾向にあります。

 逆に欧州色の強い馬は好調で、ダイメイプリンセスやダイアナヘイローで過去5年2勝2着1回の成績を残しているキングヘイロー産駒や自身の産駒であるバクシンテイオーや孫産駒であるラブカンプーやナリタスターワン(共にショウナンカンプ産駒)などが活躍しているサクラバクシンオー系が好成績でした。この両種牡馬は今年産駒を出走させていませんが、この活躍から「スプリント適性×スピード持続力」が求められているということです。そのためキングヘイロー産駒のような欧州的な要素の強いスプリント適性のある米国系が活躍するということの様です。中団からも持続して脚を使えることがポイントでしょう。

 一つ懸念点なのがロードカナロア産駒が活躍していないことです。過去5年で3着一回は物足りなさが残ります。血統的に合わないというわけではないと思いますが、過信は禁物ということになりそうです。

4.該当馬

 北九州記念の該当馬を見ていきましょう。

6.ファストフォース

先行〇 同距離〇 血統〇

 前走CBC賞では早い芝とは言え前半3Fを32.3秒で逃げたにも関わらず逃げ切りコースレコードで快勝。今回はモズスーパーフレアという強敵が現れ逃げるのは難しいかもしれません。ですが、母父サクラバクシンオーが入っていることからも先行して粘るという戦術もダメというわけではなさそうです。モズスーパーフレアに先行させてマイペースに追走できれば引き続き期待できるでしょう。

7.ジャンダルム

先行〇 同距離〇 血統〇

 3で記載した「欧州的な要素の強いスプリント適性のある米国系」に一番近いのがこの産駒でしょう。完全にスプリント向きというわけではありませんが、産駒は2000m以下で多く活躍していることやこの馬も前走春雷Sで先行して上り3位の脚を見せて勝利したことなど、この馬の強調材料は決して少なくありません。今回も引き続き期待できる馬です。前走春雷Sの舞台、中山競馬場も3コーナーからスタートして緩やかに下っていくため、途中までコースの形状が似ています。今回は坂がありませんので、その分より楽に追走できるかもしれません。

11.アウィルアウェイ

差し〇? 同距離〇 血統▲

 この馬はとにかくこのコースで3着が多く、どんな人気でも3着に突っ込んできます。前走も上り最速で差してきて3着。今回は前回よりもテンが流れる想定で考えると、差しの期待値がさらに高まることになりますね。ジャスタウェイ産駒がこのコースにあっているかといわれるとあっているとは言い切れませんが、それでもこの馬との相性は確実に良いようです。今回も期待できる該当馬となっているのではないでしょうか。その血統も、Pサンデー系のくくりで見ると成績は良いようなので、特段心配する必要もなさそうです。

15.メイショウキョウジ

差し〇? 同距離〇 血統〇

 ここのところ差しに回ったり先行したりとはっきりしないレースが続いていますが、Pサンデー×ロベルト系はスピードと持続のバランスも良さそうで魅力的ですね。この馬は小倉競馬場【2-3-3-1】と小倉は得意で安定感があります。ただ、唯一馬券外に沈んでいるのが昨年のこの競走であることが懸念点ですね。それも今回の鞍上斉藤新騎手がうまく乗れば問題ないかもしれません。斉藤騎手についてTAROさん著の『騎手の取扱説明書』を見てみると「なだめるのがうまい騎手」との記載がありました。外枠から上手に控えさせれば末脚爆発で復活する可能性も否めません。注目ですね。


【競馬王7月号は好評発売中!】

7



馬券情報誌『競馬王』、7月号のテーマは「2歳戦とローカルで年間収支を整える」。終わってみると年間収支に大きな影響を及ぼしがちな「2歳戦」と「ローカル」について、豪華執筆陣が攻略法を伝授します。巻頭スペシャルは競馬YouTuberとして大活躍中のショコ壱番屋が、山崎エリカとのコラボで競馬誌初登場!
ご予約はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B095JNPC7M/


コース別馬券攻略 鉄板軸&ヒモ穴が簡単に見つかる本(好評発売中!)

81mf0owrzxs

【大人気シリーズの「軸」&「穴」が一冊にまとまってパワーアップ!】

現在JRAで施行されている主要コース(障害と京都コースを除く)に対応し、簡単に狙い馬を見つけられる「軸」・「穴」シリーズの第四弾が発売! 最新刊となる今回は、「軸」と「穴」の両データを一冊に収録し、「鉄板」となりうる軸馬の抽出と、「ヒモ」として面白そうな穴馬の抽出を同時に行えるようになりました!

予約はこちら!


無料メルマガ配信中!

最新刊情報から先週の的中報告、競馬王チャンネルコンテンツの無料公開も!?

毎週お得な情報が届くメルマガは毎週金曜日(20時~21時頃)に配信しております。こちらに空メールを送るか、こちらから受信希望のメールアドレスをご登録してください。


先日F1日本グランプリの中止が発表されました。ホンダが最終年ということで楽しみにしていたのですが、無念の中止です。毎週競馬が開催していることがまたありがたく感じてきました。まだまだ大変ではありますが、競馬を盛り上げていきましょう!!

それでは!!

ヒデ

立川優馬の穴馬トッピング(8月21日・都井岬特別)

気鋭の予想家・立川優馬氏が厳選した都井岬特別の穴馬をご紹介します。

小倉9R 都井岬特別 芝2000m
レース質:外枠・差し・短縮・ハイペース

頭数の割に逃げ・先行馬がそろい、外枠からも距離延長馬が出していきそうな並び。先行馬には厳しい流れに加えて、被せられる内枠の差し馬は位置を悪くしそう。外枠からスムースに脚を伸ばせる馬が差し切るレース質。

5テリオスマナ
伸びずバテずの馬キャラで、枠や馬場の後押しが必要なタイプ。内枠とラチ沿いを先行した馬しか走れない馬場の前走で、差して4角大外回しは大敗も当然。レース質に合うここは、鞍上も替わって期待大。

6レミニシェンザ
追走力特化の馬で、一気差ししかできないタイプ。加速→減速ができないので、好走パターンが外差し馬場をマクリ差す形しかない。今回のレース質にぴったりで、むしろここ以外では買えない。


掲載レース以外の注目馬は、コンビニプリントでご覧いただけます。「レース質マトリックス」→「立川優馬の穴馬トッピング!」を選択してください。
コンビニプリントの利用方法はこちら。
https://www.e-printservice.net/shohin/chuoukeiba-yosou

立川優馬氏のオンラインサロン(9月1日スタート)
https://lounge.dmm.com/detail/3613/

初の単行本『レース質マトリックス 競馬は全て二択である』が好評発売中!
Amazonでの購入はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/486710020X

Matrix


2021年8月19日 (木)

【考察】札幌記念参戦のソダシ、巻き返しは!? 

 こんばんは、ヒデです。本日はまたまた「ソダシ」特集です。オークス前後と合わせてて第3弾ということになります。今回は3歳牝馬の札幌記念参戦ということで非常に盛り上がってはいます。今回のポイントは二つ。距離と洋芝適性です。果たして勝つのか、馬券内には届くのか考察していきましょう。それでは本日もよろしくお願いいたします。




< 目次 >

1.距離の壁はない!?

2.洋芝歓迎!でも・・・?


1.距離の壁

 距離の壁という面においてそこまで北海道では当てはまらないといえるかもしれません。

 ソダシの前走は2400mのオークスでした。そもそもオークスに参戦するクロフネ産駒自体が珍しいこともあり、出走前から評価が二分していました。個人的には複勝圏内ならという評価でしたが、最後200mで失速して0.6秒差の8着に終わっています。鞍上の吉田隼人騎手も「距離が長かった」という話をしていました。それでも残り200mまで先頭集団で粘っている姿は改めて世代の中では実力上位であることを示したのではないでしょうか。

 そして過去10年の函館・札幌の1800~2000mの重賞を対象にするとクロフネ産駒の成績は【2-1-1-7】で複勝率36.4%、複勝回収率は110%となっています。このことから前走ほどクロフネ産駒であることのマイナスがないということができるでしょう。この2勝の内1勝はソダシが昨年挙げた1勝で、もう1勝はソダシがタイプ的に似ているアエロリットです。アエロリットも札幌競馬場で行われたクイーンSを悠々逃げ切っていることを考えるとそれも好材料になるでしょう。

 また、馬場的にもソダシ有利に働きそうです。今年は異例開催ということで、Aコースを今週まで使用します。例年とは違う仮柵位置なので、内を開けて走る馬が見られるかもしれません。そうなれば例年のような鮮やかな差しが決まらなくなり、相対的に先行馬であるソダシに有利に働くかもしれません。もともと馬場がタフなほうが向く血統構成、成績ですので問題はないでしょう。

 馬場や血統を考えても今回は距離をこなせる可能性も高いでしょう。



2.洋芝歓迎!

 洋芝に関してソダシにとってマイナスな点はないでしょう。

 ソダシは昨年の函館競馬場でデビュー、そのまま札幌2歳Sを勝利した経歴の持ち主です。特に札幌2歳Sはオークス馬のユーバーレーベンをクビ差退けての勝利ということでそのレベルの高さを感じます。

 一つ懸念点となっているのが「雨」です。今週の札幌は雨気味な天気が続いています。雨が降ると札幌競馬場も非常にタフになります。そうなるとサンデー系でもダノンシャンティ産駒やヴィクトワールピサ産駒などが好成績を残し、ハービンジャー産駒も大きく台頭してきます。クロフネ産駒で母父キングカメハメハのソダシにはあまり関係ないかもしれません。ただ、そもそもそこまで距離適性が長くない馬であるため余計なスタミナを使ってばててしまうケースが一番心配されるケースの一つでしょう。この馬は「中距離マイラー」だとするならば雨による馬場の悪化が一番の敵になる可能性もあります。



詳細は土曜日に更新予定の札幌記念分析にて!



ソダシシリーズバックナンバー

徹底分析!!ソダシは2400mでも通用する!?

ソダシは中距離マイラー!?オークスから考察しました


【競馬王7月号は好評発売中!】

7



馬券情報誌『競馬王』、7月号のテーマは「2歳戦とローカルで年間収支を整える」。終わってみると年間収支に大きな影響を及ぼしがちな「2歳戦」と「ローカル」について、豪華執筆陣が攻略法を伝授します。巻頭スペシャルは競馬YouTuberとして大活躍中のショコ壱番屋が、山崎エリカとのコラボで競馬誌初登場!
ご予約はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B095JNPC7M/


コース別馬券攻略 鉄板軸&ヒモ穴が簡単に見つかる本(好評発売中!)

81mf0owrzxs

【大人気シリーズの「軸」&「穴」が一冊にまとまってパワーアップ!】

現在JRAで施行されている主要コース(障害と京都コースを除く)に対応し、簡単に狙い馬を見つけられる「軸」・「穴」シリーズの第四弾が発売! 最新刊となる今回は、「軸」と「穴」の両データを一冊に収録し、「鉄板」となりうる軸馬の抽出と、「ヒモ」として面白そうな穴馬の抽出を同時に行えるようになりました!

予約はこちら!


無料メルマガ配信中!

最新刊情報から先週の的中報告、競馬王チャンネルコンテンツの無料公開も!?

毎週お得な情報が届くメルマガは毎週金曜日(20時~21時頃)に配信しております。こちらに空メールを送るか、こちらから受信希望のメールアドレスをご登録してください。


それでは!!

ヒデ

競馬王オフィシャルTwitter          競馬王オフィシャルFacebook          競馬王ブログRSS



藤代三郎プロデュース! 偽スタンプ無料配布コーナー

ニコニコ公式チャンネル
『競馬王チャンネル』
競馬王チャンネル

本誌連動企画やライター陣の見解など週末の予想に役立つ情報が満載。ブロマガも動画も充実!!。

競馬王チャンネル・アプリ
※iOS/Androidでご利用いただけます

競馬王チャンネルオススメ馬
コンビニプリントサービス
コンビニプリントサービスのご案内
全国のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンにて土日の競馬王チャンネルオススメ馬や立川優馬の穴馬トッピングなどが24時間365日プリントOK!

競馬王メルマガ(無料)

ニコニコ公式ch『競馬王チャンネル』の有料コンテンツ無料配信や、競馬王本誌連動企画などを無料でお届けいたします。受信希望のメールアドレスをご登録してください。


現在の配信コンテンツ一覧
競馬王へのご意見・ご要望
ご意見、ご要望、プレゼント応募などは『競馬王読者アンケートコーナー』からお願いいたします。より良い誌面を作るために、皆様のご意見をぜひお聞かせ下さい。

競馬王書籍の電子版が
無料でカンタン立ち読み!
競馬王書籍の電子版がカンタン立ち読み!

競馬王本誌&単行本の電子書籍が15ページほど無料で立ち読みできます!


競馬王本誌最新号のご紹介
競馬王10月号
競馬王 2021年10月号
最新単行本のご紹介
競走馬の適性を5つに分けて激走を見抜く! 脚質ギアファイブ

コース別馬券攻略 鉄板軸&ヒモ穴が簡単に見つかる本

トリプルバイアス予想理論

ウマゲノム版種牡馬辞典2021-2022

レース質マトリックス 競馬は全て二択である

馬券師・半笑いの遺言

血統偏差値 2021-2022 コース別「儲かる種牡馬」ランキング

ウルトラ回収率2021-2022

競馬は人気馬2頭+人気薄1頭の組み合わせでだいたい決まる

AI競馬 人工知能は馬券を制することができるか?

至高の馬券指標 ジョッキー偏差値

ネット投票で儲ける! オッズ馬券の新常識

新 ラップタイム重賞図鑑

競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書

京大式推定3ハロン「脚質データ」を使って儲ける時短予想

血統偏差値 JRA全103コース「儲かる種牡馬」ランキング

1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす いま儲かる騎手・種牡馬・厩舎ランキング

激走レンジ!究極ガイド 京大式 馬場読みで万馬券を量産する方法

「絶対に負けたくない!」から紐解く穴パターン事典 ケーススタディ

真の実力と勝負パターンが見える! レーダーチャート式 厩舎名鑑

競馬力を上げる馬券統計学の教科書

ウマゲノム版 重賞解析読本 古馬・芝編

1頭の種牡馬の凄いクセをつかむだけで1千万円稼ぐ

全15場攻略! 地方競馬パーフェクトブック

ジョッキー偏差値 JRA全103コース「儲かる騎手」ランキング

プロ馬券師たちから学ぶ賢い券種選び 買い方のコツを掴めば回収率は大きく上がる!

回収率至上主義で年間プラスを実現する京大式クリニカルパス 超競馬考

ダート競馬の儲け方 馬単位の適性を見抜ければ本命も大穴も自由自在!

消えた名馬 -年度代表馬で振り返る平成史-

大手生産牧場の戦略意図が分かれば必然的に馬券は当たりまくる!

保存版「絶対に負けたくない!」から始める馬券術

楽しみながら儲ける馬券攻略Xファイル 元金1万円を100倍に!

競馬王テクニカル 稼ぐ技術編

万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術-

「絶対に負けたくない!」から紐解く 穴パターン事典

厩舎力 陣営のクセを掴めば馬券は面白いように当たる!

競馬研究所4 プロが勝負する厳選芝コースガイド

競馬 考えるヒント〜常勝競馬を叶える予想戦術

WIN5攻略全書 回収率150%超! ミスターWIN5のマインドセット

回収率をあげるオッズ馬券の奥義

ハイパー複コロ革命

勝てる馬券の買い方

馬券裁判 競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実

競馬 勝者のエビデンス ―玄人になる「確証」と「型」

「枠順」と「位置取り」で勝ち馬を見抜く!

オッズキングダム オッズで勝つ! 極上馬券GETまでのセオリー

競馬で長期的に勝つための馬券師バイブル

競馬の復習 儲かるレース結果の見方

1億5000万円稼いだ馬券裁判男卍の投資競馬講座


単勝すごいぜ!

競馬研究所3 プロが勝負する厳選ダートコースガイド

競馬王テクニカル 勝利の習慣編

全重賞&全コース別1番人気鉄板全書

競馬力が劇的に上がる一撃馬券ノート

絶対フォーカス 馬券で勝ち切る

穴馬券を獲りたければ本命馬を買え!

勝負馬券論 100万仕事のマグナカルタ

京大式 推定3ハロン パーフェクトブック

回収率をあげるオッズ馬券の参考書

複コロ革命

「絶対に負けたくない!」から始める馬券術

回収率を決める最終レース 一撃とひらめきの教科書

短縮×逆ショッカー 元祖爆走ローテーション理論

競馬研究所2

オッズテクニカル 馬券マスター・オッズマスターに聞いたオッズと上手に付き合う方法

合理主義競馬 必然の好走を見抜いて競馬に勝つ絶対ルーティン

砂にまみれて飯を食う 午前中に勝ちを決め最終レースで駄目を押す“ダート競馬”の儲け方

競馬王テクニカル 馬券の基本編

競馬研究所1

怒濤のVライン コース別革命ver.

絶対軸馬・絶対穴馬 安定黒字を実現する『競馬ブック』スピード指数活用ガイド

そうだったのか! 今までの見方が180度変わる知られざる競馬の仕組み

全106コース対応 山崎エリカの逃げ馬必勝ナビゲーション

回収率をあげるオッズ馬券の教科書

鉄板競馬・10周年記念12馬券福神SP

海外競馬・勝つためのプレミアム・データ&テクニック

1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方

アーカイブ