« 2021年4月 | メイン | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月30日 (日)

ダービー徹底分析!!差し有利も雨が展開を乱す?

 こんばんは、ヒデです。土曜日の競馬も終わり、いよいよ東京優駿となります。昨年の6月からの世代戦の集大成でどんなレースが展開されるのか、徹底分析します!

それでは参りましょう!


<目次>

1.Cコース替りでスローが多発、先行×内枠有利?


2.前走はここをみるべし!『上り順位』

3.急な雷雨に注意が必要です。

4.主流血統と米国系の穴馬に注意!

5.該当馬


1.Cコース替りでスローが多発、先行×内枠有利?

 馬場はフラットになるかもしれません。それを分析していきましょう。

 近年のダービーはスローペースが続いているようです。過去5年を見てみても19年を除いた4回はスローペースで流れていました。その結果、過去5年は先行【3-1-1-12】で一番良い成績を残しています。これはCコース替りで内コースが良い状態になっていることが挙げられるのではないでしょうか。

 枠番でみても内枠有利が顕著になっています。1~4枠は【3-3-3-23】に対し5~8枠は【2-2-2-24】で内枠優勢。1枠は単勝複勝回収率が100%を超えていますが、これは19年のロジャーバローズが大きく回収率を高くしているだけです。特に成績が高いのは4・6枠です。

 ただ、心配なのは今日は1・2枠の馬券圏内は10レースの1回のみ。今日は7枠が5レース中4レースで連対するなど5~8枠は【4-5-3-26】と5レースの半分が外枠からの先行差し馬が脚を伸ばす展開に。顕著に外枠が優勢になっています。これが明日まで続けば枠順的にはトラックバイアスとコースバイアスが喧嘩する可能性もあります。

 結果として枠順はフラットになると考えられます。



2.前走はここをみるべし!『上り順位』

 前走の上り順位が大事なようです。前走は半分以上が皐月賞組。それ以外は傾向の掴みにくい前走傾向となっています。その中で唯一大きな傾向があるのが上り順位です。

 前走上り3Fの順位が1~5位の馬が【5-5-4-25】と馬券圏内に好走している馬のほとんどが上り順位5位以内だったことがわかります。そのため、上り5位以内というのをチェックしてみましょう。

 今年はこれが大きな傾向にある可能性があります。これは1の話と重複しますが、今年の東京競馬場はかなり差し有利の展開になっています。差しが有利だからこそこの上り最速や上位の馬が有利になります。今日の傾向を見てもそれは明らかです。

 今年は特に上り順位を確認するのがベストです。

3.急な雷雨に注意が必要です。

  唯一心配なのが雷雨発生の可能性があるところです。30日の東京は急な雷雨に注意という情報が入っています。雨は雷を伴い、10mm前後降る模様です。これは馬場に影響を与えるには十分な雨量で、もし2時過ぎに降り始めると馬場傾向が一気に崩れる可能性があります。

 雨が降ればメイSと似たような傾向になるのは確実ということが言えそうです。そのメイSの傾向はというと完全な前残り。パンパンならば差し有利、稍重に近づくのであれば前残りというのを基本に考えるのが良いでしょう。



 いずれにせよタイミングでかなり変わってしまします。ここは注意しながら最後まで考える必要があるでしょう。




4.主流血統と米国系の穴馬に注意!

 血統的にみるとやはり主流血統が優勢です。ですがすべての血統が来るわけではありますせん。その中で穴を開けやすいのが「米国血統」を母系に持っている馬です。18年のエポカドーロは皐月賞馬ながら低評価でしたが2着に粘りました。4着と惜敗でしたが、17年のマイスタイルもこの流れです。この馬たちの共通点はマイル前後で走る馬が好走しているところということです。これについては競馬王2019年5月号で亀谷さんも言及していました。



 ここでヒデが推したいのは欧州のスピード血統と主流血統との組み合わせです。これにはダービー馬ロジャーバローズ(19年、12人気)や昨年2着のサリオスなど、欧州のスピード血統を含むと先行しても差してもOKという感じです。特に今年は欧州血統の差し馬が脚を伸ばしやすい馬場ですので、それにも注目です。

 狙いたい母父系はダンチヒ系やニジンスキー系、米国血統であればストームキャット系などがよいでしょう。



5.該当馬

 それでは該当馬を紹介したいと思います。



4.レッドジェネシス

ポイント「血統・脚質問題なし!」

 ここまでロングスパートで上り最速を連発するなどこの馬も強さを見せていました。前走京都新聞杯上り1位で快勝はしびれました。

 血統もディープインパクト×ストームキャット系という黄金血統ですので、この馬の期待値も高くなります。この馬が目指すべきスタイルは16年のマカヒキですので、中団につけて勝負所で動けるのであれば十分勝負になるでしょう。注目の一頭です。

5.ディープモンスター

ポイント「展開向けばキズナの再来も」

 血統的にはこちらもベストです。ディープインパクトと同じ枠に入ったのも面白いですね。前回は展開が合わずに7着それでも中山の合わない中で0.8秒差ならば十分逆転の見込みはあるでしょう。

 血統的にいうとディープ×ダンチヒでロジャーバローズにも似た血統になっています。一方でこちらは米国系ダンチヒですので、スピード強化型になるでしょう。

8.ヨーホーレイク

ポイント「皐月賞上り最速は伊達じゃない?」

 前走皐月賞は上り最速も展開が向かずに5着。この馬の才能を見せつけていました。近年皐月賞5着以下からの巻き返しは18年のワグネリアン(7着)があり、同じ勝負服ということで期待もできます。

 血統的な観点でいうと、ディープインパクトに中距離マイラーのスピード血統ということで、クラシック路線後は1600~2000mくらいを走りそうな血統です。中京でも差し切れませんでしたが、それより広い東京コースならば開花する可能性もあるのではないでしょうか。



13.グレートマジシャン

ポイント「差し脚は確実!」

 フォイヤーヴェルク以来良血の歴史がついに開花しましたが、まだ重賞初制覇の経験はありません。ただ、差し脚は確実で2走前のセントポーリア賞は共同通信杯よりも早いタイムで勝ち切っています。

 血統的には少し晩成型の様な気もしますが、それでもここまで成績を残しているのは確実に出来が違うからでしょう。今回は土曜日に嵌った7枠に入っていますので、もう少し人気が出るかもしれません。

 鞍上・戸崎騎手もここまで2回の2着などあと少し届いていないダービージョッキーの栄冠を「三度目の正直」でダービーを獲ることができるのでしょうか。そこまで期待したいと思います。



※穴馬一頭は競馬王編集部の重賞予想で配信中!記事はこちら!


競馬王のPOG本 2021-2022(2021.4.22発売!絶賛予約受付中!!)

Eydpxdnu4ai3qap


大好評のPOG本。昨年は注目馬PHOTOにてデアリングタクト・コントレイル両三冠馬を収録するなど、POGファンには堪らない一冊となっています。ガイドワークスオンラインショップ限定特典決定として昨年、競馬王チャンネル限定で公開して、グレナディアガーズ、ステラヴェローチェ、モントライゼ、ワンダフルタウン、ドゥラモンドの推奨に成功した「黒服トーク 番外編」!今年は、ガイドワークスECサイトで購入いただいた方に同封してお届けします!数には限りがありますのでお早めに!!

購入はこちら


無料メルマガ配信中!

先週より日曜日の馬場傾向を配信中。そのほか競馬王チャンネルコンテンツの無料公開も!?

毎週お得な情報が届くメルマガは毎週金曜日(20時~21時頃)に配信しております。こちらに空メールを送るか、こちらから受信希望のメールアドレスをご登録してください。


僕の本命も

2021年5月29日 (土)

立川優馬の穴馬トッピング(5月30日・日本ダービー)

予想原稿のやり取りにおけるミスにより、土曜のコンビニプリントと立川氏のnoteでの結論が異なる事象が発生しました。今後は再発防止に努めますとともに、利用者の皆様および立川氏にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

本日は東京9Rのタイミングナウ(6番人気2着)、東京11Rのブルベアイリーデ(4番人気3着)、東京12Rのエースレイジング(1番人気1着)、中京8Rのフルールドネージュ(2番人気1着)、中京10Rのアクアミラビリス(2番人気1着)、中京12Rのアサカディオネ(1番人気1着)が馬券圏内に好走しました。

東京11R 東京優駿 芝2400m
レース質:外枠・差し

土曜は馬場が乾くにつれ高速化。時計速く、超高速に近いが芝自体は軽くない、差し有利の馬場を想定。今世代の中距離重賞で差して勝ち負けした馬が、中盤緩む差し有利の流れを利して脚を伸ばすレース質。

13.グレートマジシャン
毎日杯は超高速馬場で圧倒的に内有利ななか、外々を回って勝ち馬を追い詰めた。テンに流れて緩んだところでスッと取りつく操作性も高く、末脚の持続性能も抜けている。馬場だけが心配だったが、例年と違う造成でむしろ追い風が吹いた。

8.ヨーホーレイク
きさらぎ賞では離れた大外を回して勝ち馬を追い詰めたように持続性は高い。皐月賞やホープフルSではマクる脚を見せており、緩む流れなら自分から動けることが大きなアドバンテージになる。失敗を恐れず、強気に動いていってほしい。


なお、掲載レース以外の注目馬は、コンビニプリントでご覧いただけます。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど、全国約60000店のコンビニのコピー機でご利用いただけますので、是非、ご活用ください!
コンビニプリントの利用方法はこちらをご覧ください。
https://www.e-printservice.net/shohin/chuoukeiba-yosou

直前情報などもあるかも!?
立川氏のツイッターは@tachikawayuma

初の単行本『レース質マトリックス 競馬は全て二択である』が好評発売中!
Amazonでの購入はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/486710020X

Matrix_2



難解レース分析!差し脚伸ばして栄冠へ!目黒記念

  こんばんは、ヒデです。本日はダービーウイーク最終レース、目黒記念の分析を行いたいと思います。馬場は良馬場ですが、クッション値は回復しなさそうな目黒記念。馬場状態はNHKマイルに近いかもと思っていますが、どうでしょうか。早速分析していきましょう。




<目次>

1.淡々と流れてからのロングスパート戦が展開されています

2.差し馬が届くようです

3.パワースピードといえば外せないのはあの血統です

4.該当馬


1.淡々と流れてからのロングスパート戦が展開されています

 過去5年の目黒記念を見てみると、ちょっと早い→ちょっと落ち着く→ちょっと早いロングスパートの流れに終始しています。そのため淡々と流れるレースのようです。スタートから2~3F目が早くなり向こう正面で一旦落ち着きます。ですが3角あたりから急にペースが上り、最後まで11秒台が続くというレースが多いようです。

 夏目耕四郎著の『新・ラップタイム重賞図鑑』では「スピードの持続力を支えるスタミナがある高速ステイヤータイプがよく好走する」とあります。つまり、持続力が非常に重要になるということでしょう。

 「持続」という意味では馬ノスケさんが競馬王4月号にて『チャートを交えた舞台適性の例』で「目黒記念は、Cコース替わり初週に加えて時期的にも高速馬場。特にたたきレースでもないので、ペースは自然と早くなり(中略)レース全体で持続力を問わる」と書いています。

 このコースは淡々と流れると言えるでしょう。



2.差し馬が届くようです

 目黒記念の脚質をみると、逃げ馬は【0-0-0-5】で一頭も馬券圏内に入れず。平均着順も14着ととんでもない大敗しかないことになります。一方で差し馬は【3-3-4-25】で単勝複勝回収率は共に100%を超えるなど、脚質によって大きな隔たりがあるようです。

 基本的には中団より後ろでレースを進める馬がベスト。上り3位以内は過去5年で【4-3-0-9】と好成績は間違いないので、基本的には後ろから末脚を使える馬。というのが良いでしょう。前に行く馬は共に人気薄で馬券圏内に来ていますので紐程度で抑えるのが良さそうです。



3.パワースピードといえば外せないのはあの血統です

 パワースピード持続型と言えばミスプロ系が好成績を残しています。特にキングマンボ系はこのレースとは相性が抜群です。過去5年母父キングマンボ系は【0-3-1-3】と複勝率57.1%と安定感はあります。昨年は勝者キングオブコージは父ロードカナロア、2・3着キングマンボ系とキングマンボ系が1-2-3フィニッシュ。このレースとの相性は良さそうです。

 当然ミスプロ系全体が調子いいですから、見かけてロングスパートできそうならば検討してみるのはいいと思います。

 基本的にはスピードの持続ができればいいですので、スピードのある欧州系も走れます。東京が得意なトニービン系やダンチヒ系リファール系などがよさそうです。



4.該当馬

4.サンアップルトン

ロングスパート〇 上り〇 血統〇

 

20年の日経賞でロングスパートをしながら上り最速で3着。ロングスパートはかなりの力があります。前走メトロポリタンSは先行して粘れなくて4着は上り2位のおまけつきです。今回は少しハンデも重たいのですが、上りは安定しているため4コーナーで先頭を獲れるのであればチャンスはありそうです。

8.ヒートオンビート

ロングスパート〇 差し〇 血統〇

 大阪ハンブルクCで差し込んできて2着。未勝利戦から連続して上り3位以内を走っています。血統的にもキングマンボ系が含まれておりいい感じです。この馬は人気になりそうですのであまり積極的に推奨はしたくないのですが、実績的には十分です。

 一つ懸念点を挙げるとしたら上りがあまり通用しなくなっているところです。前回はオープン戦で2着でしたが上り3位と少し物足りない成績でした。それがロングスパートにチェンジしているといいのですが。

10.ナムラドノヴァン

ロングスパート〇 差し〇 血統〇

 毎回推奨している様な気がします。2021年の渋いGⅡなどでは活躍しそうな気がします。目黒記念においてはロングスパートが効きそうな感じはしています。阪神大賞典で見せた末脚をもう一度見せられれば勝負にはなるでしょう。

 血統も「スピード持続型ステイヤー」に該当する母父キングマンボです。長距離続きで少しストレスも溜まっていると思いますが、距離大幅短縮の「ショック」を与えて一変する可能性もあります。期待はできます。



15.ダンスディライト

ロングスパート〇 差し〇 血統

 阪神大賞典では馬場が合わず伸びきれませんでした。今回は馬場も差し脚もしっかり使える馬ですので、今回は馬場が味方する可能性も高いのではないでしょうか。西宮Sで2400mなどの近辺でも通用すると思います。

 血統は父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンスということで、このコースには合いそうです。あまり前に行かずに差し脚を溜めてくれればいいのですが。怖いのは鞍上の奇をてらった騎乗でしょうか。それが嵌ればすごいので憎めないのですが、軸にすると考えると不安になるところもあります。すみません。


競馬王のPOG本 2021-2022(2021.4.22発売!絶賛予約受付中!!)

Eydpxdnu4ai3qap


大好評のPOG本。昨年は注目馬PHOTOにてデアリングタクト・コントレイル両三冠馬を収録するなど、POGファンには堪らない一冊となっています。ガイドワークスオンラインショップ限定特典決定として昨年、競馬王チャンネル限定で公開して、グレナディアガーズ、ステラヴェローチェ、モントライゼ、ワンダフルタウン、ドゥラモンドの推奨に成功した「黒服トーク 番外編」!今年は、ガイドワークスECサイトで購入いただいた方に同封してお届けします!数には限りがありますのでお早めに!!

購入はこちら


無料メルマガ配信中!

先週より日曜日の馬場傾向を配信中。そのほか競馬王チャンネルコンテンツの無料公開も!?

毎週お得な情報が届くメルマガは毎週金曜日(20時~21時頃)に配信しております。こちらに空メールを送るか、こちらから受信希望のメールアドレスをご登録してください。


とはいっても僕は横山典騎手好きです。昨年のこの競走では万馬券をくれましたから。

くせ者っていうのもいいですよね。

それでは!

ヒデ

障害馬券師ウオトモの障害レース見解(5/29)

土曜東京4R 障害未勝利

◎1ルヴァンギラ

12頭中前走2着馬が2頭、3着馬が3頭、4着馬が2頭。初障害馬2頭も平地4勝とシルクレーシング所属馬とメンバーが揃いました。考えだすとキリがないので、純粋な飛越力を重視してルヴァンギラを狙います。 障害2戦目、スタートから巧みな飛越でスピードを維持。外を回った分、最後は交わされましたが、3〜4コーナーの脚に見所がありました。平地力に乏しいのは不安点ですが、3戦目の伸び代で補えるとみました。

障害レースの極意が詰まった一冊→ハイパー複コロ革命

Hyperfukukoro

立川優馬の穴馬トッピング(5月29日・葵S)

レース質と馬単位をベースに二択で絞る!

気鋭の予想家・立川優馬氏が厳選した葵Sの穴馬をご紹介します。
サービス提供開始以来、ボンセルヴィーソ(京成杯AH・13番人気3着)、メイショウグロッケ(セントウルS・12番人気2着)、ディメンシオン(キーンランドC・9番人気3着)、ソロフレーズ(日本海S・14番人気1着)、アールスター(小倉記念・10番人気1着)など、次々と大穴の推奨馬が激走を果たしています。

なお、掲載レース以外の注目馬は、コンビニプリントでご覧いただけます。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど、全国約60000店のコンビニのコピー機でご利用いただけますので、是非、ご活用ください!
コンビニプリントの利用方法はこちらをご覧ください。
https://www.e-printservice.net/shohin/chuoukeiba-yosou


中京11R 葵S 芝1200m
レース質:内枠・差し・短縮・ハイペース

中京芝はBコース替わり。ロスない内ラチ沿いがよく、週中の雨で少し水分の残った稍重~良馬場を想定。世代限定短距離重賞で先行馬もそろいハイペース必至。人気馬そろって残念だが、黙って内枠差し馬をねらえばよいレース質。

14.ファルヴォーレ
大きく崩れたシンザン記念は、内有利の中をメンバー中最も大外を回ったもので度外視。持続力のある脚脚と馬群を割った経験もあり、外枠に入ったのは不本意だが、後方まで下げて内を突く競馬で。

6.ダディーズビビッド
前走でも推奨したとおり、掛かりクセのある馬なので、距離短縮やハイペースなど、前走より流れが速くなりそうなレースがねらい目。ここはどちらにも当てはまり、レース質に合う内枠にも入った。

直前情報などもあるかも!?
立川氏のツイッターは@tachikawayuma

初の単行本『レース質マトリックス 競馬は全て二択である』が好評発売中!
Amazonでの購入はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/486710020X

Matrix



2021年5月28日 (金)

サトノレイナスの取捨は?など、ダービー攻略情報!

 こんばんは、ヒデです。いよいよ競馬の祭典日本ダービー(東京優駿直前ということで、本日は知っておきたい日本ダービーの攻略情報を見ていこうと思います。

 最も運のある馬が勝つ日本ダービー、攻略情報と楽しみ方をお送りする初心者から競馬ファンまで必見の日本ダービー特集です。ぜひ最後までご覧ください!


<目次>

1.主流血統とはダービーを勝てる血統。狙い種牡馬はディープ?

2.ダービーの呪い?「乗替り」が勝ち切れません

3.牝馬の時代に牝馬が参戦。牝馬のダービー制覇は?

4.ダービー本当の好走馬の条件は?



1.主流血統とはダービーを勝てる血統。狙い種牡馬はディープ?

 よく血統派の方たちが口にする「主流血統」と「反主流血統」という言葉があります。それはすなわち『日本の中距離芝の大レースで勝ち星を重ねられる』血統こそが主流血統になるということです。

 そのため、日本ダービーを狙うならばディープインパクト産駒そしてキングカメハメハ産駒が基本になってきます。ここ5年の勝ち馬も見てもディープインパクト産駒3頭、キングカメハメハ産駒2頭とこの2種牡馬が分け合っており、主流血統たる所以がわかります。

 特に19年に12番人気ながら先行して勝利したロジャーバローズも父ディープインパクト。19年は1・2着がディープインパクト産駒という主流血統での決着を色濃く残したレースになっています。

 今年の推定1番人気エフフォーリアはエピファネイア産駒。主流血統からは少し離れていますが、シーザリオが入っているロベルト系ということで、主流血統も血統表には入っています。エピファネイア産駒が「主流血統」と言われるのかその境目にいるとも言えるでしょう。

こんな格言もあります『日本ダービー馬は日本ダービー馬から』


2.ダービーの呪い?「乗替り」が勝ち切れません

 ダービーにある不思議の一つが『乗替りの馬は勝てない』というものです。近年では2019年に圧倒的一番人気で敗戦を喫したサートゥルナーリアがこの条件に合致します。サートゥルナーリアにはルメール騎手が騎乗予定でした。しかし、NHKマイルで騎乗停止になり急遽短期免許で来ていたD.レーン騎手への乗り替りが発表。1.6倍の1番人気に支持されながら4着になりました。

 このように人気馬であっても容赦のない「呪い」。過去10年の乗替り成績は【0-2-3-61】と勝利はありませんし、複勝率も7%。成績を残していたのは蛯名騎手と戸崎騎手が乗替りに強いようです。

 乗替りは軽視、あくまで紐候補にとどめておくというのが日本ダービーでは求められるかもしれません。


3.牝馬の時代に牝馬が参戦。牝馬のダービー制覇は?

 牝馬としては2014年のレッドリヴェール以来のダービー挑戦となったサトノレイナス。果たしてサトノレイナスはダービーでも勝負になるのでしょうか。ここではその可能性について見ていきましょう。

 サトノレイナスは前走桜花賞2着。今回はマイル→2400mへの挑戦ということになります。過去10年でマイル→日本ダービー出走馬は【0-0-0-24】とマイルから出走した馬の実績はありません。過去15年に範囲を広げると【2-1-1-35】とようやく前走マイルからダービー3着以内がでてきました。ここでは3着以内に入った馬の共通点をご紹介します。

①欧州系の血統が入っていたこと

②1800m以上で勝利した経験がある

 この両方のデータをサトノレイナスと重ね合わせると、①×、②も×と両方該当していませんでした。加えてアルゼンチン牝系もなかなか勝ち切れない馬でもあります。この馬の全兄であるサトノフラッグは12着と大敗しているのも懸念材料です。

 同じアルゼンチン牝系という限定をおいても、過去5年で勝利した馬はなく、19年オークスのカレンブーケドール、17年2着のサトノダイヤモンドのみとなっています。ただこの2頭も先ほどの②に該当していますので、データを見てしまうと血統的に持ったとしてもというところはあります。

 結論的をいうとサトノレイナスはかなり買いにくいということができます。
いきなりの2400m外でペースについていけるか。先行馬が有利の馬場になりやすいCコース替わりですので差しを決められる展開になるのかも怪しいところがあります。父ディープインパクトでよしとしなければというところでしょうか。

 サトノレイナスがオークスに出れば面白い一頭と思っただけに、ダービーでも頑張ってもらいたいのがぼく個人の感想です。

4.ダービー本当の好走馬の条件は?

 ダービー好走の条件は一定なのでしょうか?そのヒントは明日更新予定の日本ダービー大分析スペシャル記事にて!過去5年のデータと土曜日の馬場傾向を基に日本ダービーを大分析します!

 記事内では入っていると得をする?好走血統やトラックバイアスから見た成績など、様々な観点から総合的に見て分析。普段よりもボリューム感アップでお伝えしたいと思います。

 ダービーは本当にエフフォーリアが鉄板なのか、明日の日本ダービー大分析もお楽しみに!


競馬王のPOG本 2021-2022(2021.4.22発売!絶賛予約受付中!!)

Eydpxdnu4ai3qap


大好評のPOG本。昨年は注目馬PHOTOにてデアリングタクト・コントレイル両三冠馬を収録するなど、POGファンには堪らない一冊となっています。ガイドワークスオンラインショップ限定特典決定として昨年、競馬王チャンネル限定で公開して、グレナディアガーズ、ステラヴェローチェ、モントライゼ、ワンダフルタウン、ドゥラモンドの推奨に成功した「黒服トーク 番外編」!今年は、ガイドワークスECサイトで購入いただいた方に同封してお届けします!数には限りがありますのでお早めに!!

購入はこちら


無料メルマガ配信中!

先週より日曜日の馬場傾向を配信中。そのほか競馬王チャンネルコンテンツの無料公開も!?

毎週お得な情報が届くメルマガは毎週金曜日(20時~21時頃)に配信しております。こちらに空メールを送るか、こちらから受信希望のメールアドレスをご登録してください。


いよいよ日本ダービー。ダービーに始まりダービーに終わる。

そんな季節がやってきましたね。

それでは!

ヒデ
 

重賞分析・葵S スピードの持続力にすべてを託せ?

 おはようございます、ヒデです。もう週末の出走馬が確定しました。日本ダービーも楽しみですが、本日は土曜中京11Rに行われる葵Sを分析していきたいと思います。それでは本日はよろしくお願いいたします。



<目次>

1.非常に淀みないペースで進んでいきます。


2.1200mでの実績が重要です。

3.短距離=スピード優勢のようです。

4.該当馬


1.非常に淀みないペースで進んでいきます。

 中京芝1200mはどのクラスも非常に早く流れます。過去5年間3歳オープン競走は施行されていませんでした。ただ、古馬のオープン戦やその他の条件戦では前半が稍早いというほとんど同じような傾向が出ています。注目は2F目で、新馬戦を除いたどのクラスでも10秒台に進んでいます。

 2F目に10秒台を出してからは徐々に失速していくラップですので、逃げや4番手くらいまでに進んでいる馬や後方から直線一気を得意としている馬にとっては厳しいペースになるかもしれません。特殊な開催を続けている21年に限るとその傾向は顕著で、先行差しは【12-12-12-101】で勝率8.8%複勝率26.3%これは逃げ追込みの【2-2-2-79】で勝率2%、複勝率7%と比較すると大きな差が出ています。今年に限っていうと前か後ろにいる馬は不利を受けやすいと言い直すことができます。

 非常に早いペースで進だけに逃げは バテてますし、追込みは脚が溜まらないと言うことができるでしょう。先行差しを基本に選んで行くのが良さそうです。




2.1200mでの実績が重要です。

 葵Sで限った話をすると、過去4年で一番成績のいい実績馬は1200m2勝組。つまり、1200mを複数回勝っている馬は信頼できるということです。19年に1着だったディアンドルは1200mを中心に使われて連勝中に制覇、同年2着だったアスターペガサスは函館2歳Sでの勝利など1200m2勝を挙げるなど、1200mの実績が重要になってきます。

 中京1200mで一番成績を残しているのも同距離ですので、実績が必要なのは間違いないでしょう。ただ、1と重複すますが「先行差し」有利というバイアスがありますので、京都とまったく同じ選び方とはいかないでしょう。先行馬は今回も狙っていけるかもしれませんが、坂がありますので京都のように逃げ馬を選ぶ。とはいかないようです。




3.短距離=スピード優勢のようです。

 このコースで一番実績を残しているのはロードカナロアで【14-5-7-36】と10勝を挙げています(最低レース10)。ディープインパクト産駒も好調ですが、そのほか勝利数TOP10を見てみると、サンデーサイレンス系とダート短距離スピードタイプが占めている通りスピードが優勢なコースであることがわかります。

 母父系を見てもスピード系がやはり優勢。どちらかにスピードパワータイプの種牡馬が入っているのが良いのではないでしょうか。そして面白いのは母父ディープインパクトが【5-0-1-16】と好走している産駒がいることです。そして母父はスプリントの王者サクラバクシンオーが入ると【6-8-3-45】と好成績ですので、母父サクラバクシンオーも見逃せないポイントになっています。

 先週の傾向を見ていると少しパワー系が血統にあると良いようですので、パワーとスピードを兼ね備えた産駒というのも注目です。しかし、基本はスピードを中心に考えたほうがいいでしょう。



4.該当馬

 それでは葵Sの該当馬を紹介したいと思います。(50音順です)

・オールアットワンス

差し〇 1200m実績〇 血統〇

 3歳世代が初年度産駒のマクフィ産駒の一頭です。このコースでの実績は少ないですが、前走はマーガレットSで差して5着でしたが、0.2秒差。差しに回れたことは今回のレースにおいてはプラスに働くと考えていいでしょう。

 マクフィ産駒で唯一このコースで馬券内に好走しているだけに、今回もテンを抑えれれば好位からの粘りこみも可能です。



・テイエムトッキュウ

逃げ△ 1200m実績〇 血統〇

 この馬は悩みましたが、血統が良いので推奨させていただきます。この馬は前走大敗を喫しましたが、距離延長に泣いたと考えることもできます。それまで阪神コースで2連勝と実績はあるだけに、今回得意の1200mに戻ってどうかだと思います。

 あまりペースが速くならなければ強さは見せられると思いますが、このメンバーだと微妙というところもあります。想定人気も引く走ですので、穴としては十分面白い一頭です。



・モントライゼ

差し〇 1200m実績〇 血統〇

 ルメール騎手が土曜日乗りに来るほどの逸材です。京王杯2歳Sの勝利馬ということで当然人気するでしょうが、実力も十分です。逃げ先行中心だった馬が前走は差しに回りましたが上り2位で3着と粘っていますので、左回りはもってこいのようです。

 ダイワメジャー産駒は今年【0-4-0-6】で2着率は非常に高く、安定感に溢れています。母父はNayefで、ガルチ系とスピードタイプであります。この馬は短距離の因子が非常に多いですので、短縮ローテは歓迎でしょう。



・ヨカヨカ

先行〇 1200m実績〇 血統〇

 スプリントに戻ってきました。2走前のFレビューでは先行して抜け出して粘りこむ走りを見せていますので、短距離でこそこの馬は輝くのではないでしょうか。



 阪神1200mを上り最速で新馬戦をクリアしているように、坂のあるコースも大丈夫そうです。父系はコンキスタンドールシエロ系のスピードタイプ、母父は欧州のダンチヒ系でスピードの持続力に長けていると考えられます。

 今回も先行して粘りこむ形に持ち込めれば面白い存在になっていくと思います。人気にはなりそうですが、ヨカヨカ?



・リンゴアメ

差し〇 1200m実績〇 血統〇

 昨年の函館2歳Sの覇者です。マツリダゴッホ産駒で短距離馬と驚かれせましたが、その後低迷。ただ、年が明けて2戦目のマーガレットSでは勝ち馬と0.1秒差の4着と復調傾向にあります。

 血統を見てみると、マツリダゴッホはサンデーサイレンス系でもパワーに富んでいるタイプで、母父系はシーキングザパールで短距離スピード系です。母マイネデセールも現役時代2歳オープンの短距離戦で勝利するなど活躍を見せていましたので、やはりこの馬も短距離に向いているのでしょう。ここをはずみに行きたいところではないでしょうか。


それでは!

ヒデ

2021年5月26日 (水)

北海道スプリント分析! 砂圧と直線が作る展開は?

 こんばんは、ヒデです。本日はあす開催される門別競馬で行われるダートグレード競走、北海道スプリントカップの分析を行っていきたいと思います。


<目次>

1.昨年は北海道馬のメイショウアイアンが勝利しましたが、JRA勢優勢です。

2.大きな門別コースはスピードだけでは押し切れない!

3.米国系が優勢のようです。

4.該当馬


1.昨年は北海道馬のメイショウアイアンが勝利しましたが、JRA勢優勢です。

 過去5年で地方馬が馬券圏内に飛び込んだのは2年連続で馬券圏内に激走していたメイショウアイアンと、17年のラブバレットのみです。メイショウアイアンは門別競馬で1秒負けがない安定感を見せていますし、ラブバレットはそれ以前も交流重賞で実力を発揮していました。そのことを考えると、やはり地方馬はずば抜けた馬でないと厳しいのではないでしょうか。

 地方競馬場への適性という面ではJRA勢にも言えることで、前走交流重賞重賞組が優勢です。前走かきつばた記念組や東京スプリント競走組が好成績を残しています。そのほかでは昨年2着同着になったスズカコーズラインなど前走天王山S組も好走していました。

 なぜこのような形になるのでしょうか。そこにはコースが関係していそうです。



2.大きな門別コースはスピードだけでは押し切れない!

 門別競馬場はホッカイドウ競馬の門別トレーニングセンターを改築して競馬場にしたもので、現在建設中の弥富(名古屋競馬場移転先)に近いです。そのため、コースは内回りコースを増築できるほどにでかく、1200mが行われる外回りコースは330mにも達します。これは大井競馬の外回りコースに次ぐ大きさを誇っています。

 加えて門別競馬場は砂圧が中央場所よりも厚く、長い直線×砂圧がタフな馬場を作り出しています。過去5年で4回上り最速の馬が馬券圏内に届いているなど、好位から長く良い脚を使う馬に分がありそうです。

 一方で大外一気のような派手な競馬は長い直線であっても向かず、過去5年で一番後方から差し込んできたメイショウアイアンでも4角を7番手で通過していますので、理想は先行好位、最低でも中団という馬を狙っていくのがベストでしょう。

 門別競馬場は直線の長さと、砂圧からパワーやスタミナがナイトいうことができます。1200mをスピードで押し切るよりも1400mや地方競馬で好走する馬のほうが門別競馬場にアジャストするのではないでしょうか。



3.米国系が優勢のようです。

 スピードの持続と言えば米国系、やはり米国系の血統を有する馬が多く過去5年の馬券圏内15頭中すべてに米国系の血が入っていました。父系で米国系ではなかったメイショウアイアンもロベルト系ということで、欧州経由の米国系ですし、Pサンデー系と言われるアグネスタキオン系のノボバカラも母系には米国の血が入っていました。

 短距離適性がある米国系が特に優勢で、昨年2着のマテラスカイや10歳で3着になったスノードラゴンなど、比較的1400mでも走れるスプリンターがこのレースでは血統的にも強いということができます。

 血統的に言えるのはテンのスピードからいかに持続するタイプかということです。今回もそのようなタイプで先行できる馬は人気になると思いますが、馬券圏内の確率は大きく上がることでしょう。

 一方で欧州系は馬券内にまったく絡んでいません。予想をする場合、血統を見て米国系なのか欧州系なのかで最初の判別ができそうです。




4.該当馬

 それでは北海道スプリントCの該当馬をご紹介したいと思います。



1.リュウノユキナ

先行〇 血統〇 前走〇

 前走東京スプリント競走ではサブノジュニアとの死闘を制して改めて地方競馬場での強さを発揮しました。3走前のじジャニュアリーSから先行して3連勝と調子は絶好調。今回も人気するとは思いますが、大崩れはないかなという印象です。

 血統的に見てもキングマンボ系と母父クロフネのコンビはこのコースとの相性も良さそうです。門別1200mでの戦績もホッカイドウ競馬時代に4戦2勝2着1回と残しており、堂々の本命候補になりそうです。



4.スマートアルタイル

追込み△ 血統〇 前走〇

 追込み気質なところがありますが、このメンバーならばある程度位置は取れそうです。この馬は平坦コースならば1400mも勝てる実力があるだけに、ここでも十分勝利する可能性もありそうです。

 また、松山騎手も先行策を行うタイプですので、ある程度の位置を取ってほしいというのがこの馬に求めるすべてかなと考えています。



10.スマートアヴァロン

先行〇 血統〇 前走△

 前走は地方競馬移籍初戦で先行から抜け出し勝利。まだまだ実力があることを証明して見せました。昨年の今頃は中央競馬のオープン競走で穴を開けていた馬ですので、門別での競馬も計算できるとなると地方代表として勝負できるのではないでしょうか。

 血統的に見ても父、父母父、母父、母母父ともに米国系と、スピードの持続力に特化している印象を受けます。鞍上の石川倭騎手はホッカイドウ競馬で2年連続リーディングジョッキーに輝くなど実力十分です。期待したいコンビですね。



12.メイショウアイアン

先行〇 血統〇 前走△

 まだ衰え知らずの11歳馬です。前走アドマイヤマーズ・プレミアムでは6着に敗れていますが、その差は0.2秒。まだまだ門別競馬場での健在っぷりをアピールしてくれました。この馬は門別競馬場専用機のような形になりつつあり、北海道スプリントでは2年連続馬券圏内などその力を示しています。

 負担重量はこのメンバートップということで、少々不安が残りますが、門別競馬場との相性を見て該当馬に入れておきます。



14.ヒロシゲゴールド

先行〇 血統〇 前走〇

 この馬は近走安定して先行できていますし、3戦連続5着と掲示板圏内に好走しています。血統的には米国系×サンデー系ということですが、ストームキャット系が母母父に入っていることを考えると今回の門別競馬場でも勝負になるのではないでしょうか。

 前走は+15㎏で出走しているにも関わらず5着というのは勝負できていると感じました。今回は体重が10kgほど減ってくれればこの馬も勝負になりそうです。



 


競馬王のPOG本 2021-2022(2021.4.22発売!絶賛予約受付中!!)

Eydpxdnu4ai3qap


大好評のPOG本。昨年は注目馬PHOTOにてデアリングタクト・コントレイル両三冠馬を収録するなど、POGファンには堪らない一冊となっています。ガイドワークスオンラインショップ限定特典決定として昨年、競馬王チャンネル限定で公開して、グレナディアガーズ、ステラヴェローチェ、モントライゼ、ワンダフルタウン、ドゥラモンドの推奨に成功した「黒服トーク 番外編」!今年は、ガイドワークスECサイトで購入いただいた方に同封してお届けします!数には限りがありますのでお早めに!!

購入はこちら


無料メルマガ配信中!

先週より日曜日の馬場傾向を配信中。そのほか競馬王チャンネルコンテンツの無料公開も!?

毎週お得な情報が届くメルマガは毎週金曜日(20時~21時頃)に配信しております。こちらに空メールを送るか、こちらから受信希望のメールアドレスをご登録してください。


それでは!

ヒデ

競馬王のPOG本2020-2021公開ドラフト 経過発表(5/23)

1位 栗山 27478pt
2位 山本 26086pt
3位 下M 23038pt
4位 井内 20090pt
5位 和田 15430pt

成績は5月23日終了時点。
アカイトリノムスメがオークスを2着し、山本さんが2位浮上。
一年にわたった戦いも、いよいよ今週でラストウィークとなりました。
首位の栗山さんがステラヴェローチェ、2位の山本さんがシャフリヤールとヨーホーレイク、3位の下Mがレッドジェネシス、4位の井内さんがラーゴム、5位の和田さんがサトノレイナスと、全員がダービーに出走馬を送り込み、全員に優勝のチャンスが残っています。どんな結末が待っているのでしょうか。

公開ドラフト2021-2022の模様を公開中!
新シーズンの指名馬もぜひご確認ください。

前編
https://youtu.be/ga2J6kUlIvI

後編
https://youtu.be/nByLPQV74jI

競馬王のPOG本2021-2022は好評発売中!
https://www.amazon.co.jp/dp/4867100218/

Pog20212022

新種牡馬分析!イスラボニータ産駒の鍵は柔らかさ?

 おはようございます、ヒデです。本日も新種牡馬分析を行いたいと思います。今回はフジキセキの後傾種牡馬で皐月賞を制したイスラボニータ産駒の傾向を分析していきたいと思います。現役時代は2000mの皐月賞から1400mの阪神カップまで幅広く勝利したイスラボニータでしたが、どうやら産駒もマイル向きの期待がかかるようです。


◆ヒデの種牡馬分析シリーズ◆

ロードカナロア→こちら

キタサンブラック→こちら

キズナ→こちら

サトノアラジン→こちら


競馬王のPOG本 2021-2022(2021.4.22発売!絶賛予約受付中!!)

Eydpxdnu4ai3qap


大好評のPOG本。昨年は注目馬PHOTOにてデアリングタクト・コントレイル両三冠馬を収録するなど、POGファンには堪らない一冊となっています。ガイドワークスオンラインショップ限定特典決定として昨年、競馬王チャンネル限定で公開して、グレナディアガーズ、ステラヴェローチェ、モントライゼ、ワンダフルタウン、ドゥラモンドの推奨に成功した「黒服トーク 番外編」!今年は、ガイドワークスECサイトで購入いただいた方に同封してお届けします!数には限りがありますのでお早めに!!

購入はこちら




<目次>

1.仕上げの早さはピカイチでPOG向き?早めの移動が目立ちます。

2.牧場関係者も一目を置く柔らかさ

3.スピードパワー系の産駒に注目のようです

4.イスラボニータ産駒の注目産駒!


1.仕上げの早さはピカイチでPOG向き?早めの移動が目立ちます。

 『競馬王のPOG本2021-2022』取材時に牧場関係者が口そろえて言っていたのが「成長の早さ」です。成長力はピカイチのようです。2歳馬は5/26現在、血統登録114頭中30頭がすでに中央登録されています。これはディープインパクト産駒の109頭中24頭と比較しても遜色がありません。十分2歳からの活躍も見込めそうです。

 イスラボニータ自身も2歳6月デビューで快勝、産駒の祖父にあたるフジキセキも2歳(旧3歳)8月デビューと早熟な血統でもあります。このことからもPOGでも早期からの活躍が見込めそうです。



2.牧場関係者も一目を置く柔らかさ

 産駒数も多く、様々な牧場の「声」も収録されているイスラボニータ産駒。牧場関係者が口を揃えているのは仕上がりの早さだけではありません。それが柔らかさです。例えばニシノバンテ(母ワイキキブリーズ、母父フレンチデピュティ)は「パワフルな動きと柔らかさが特徴」(西山牧場の嶋原副場長)と話しています。他にも「柔らかみがある」(シュウジデイファーム・岸本場長)、「父に似た柔らかさがある」(坂東牧場岡本マネージャー)など柔らかさをしてする牧場関係者さんは多かったです。

 柔らかさは競走馬にとって非常に重要な要素です。柔軟性といえばディープインパクトが思い出されますが、あの瞬発力はエネルギーを効率よく地面に伝えるのに大きな影響を与えていました。ディープインパクトの瞬発力は柔らかさから来たものと言っても過言ではありません。

 イスラボニータ産駒も柔らかさを活かした瞬発力勝負の産駒が多そうな印象で、東京コースや阪神コースにアジャストしそうです。



3.スピードパワー系の産駒に注目のようです

 産駒の距離適性はイスラボニータ自身を見ていると、柔軟で母父に依存しそうです。実際に社台ファーム取材時に青田さんも「適応距離は母によってばらつきそう」と話してくれているように、母系の影響を強く受けそうです。

 また今井雅宏著の『ウマゲノム版種牡馬辞典2021-2022』では新種牡馬の一頭として取り上げられていますが、その中では「スピードパワーが秀でた産駒が出そう」と評している通り、サンデーサイレンス系のスピード(瞬発力)と母父カロ系のパワーが産駒に遺伝すれば良いほうに向きそうです。

 個人的にはマイルではその力が爆発すると考えており、初年度産駒からNZTやNHKマイルなどに有力馬を送り出しそうな雰囲気が出ています。一方で母父に欧州系が入った場合は少し距離は持ちそうですが、瞬発力は少し落ちそうです。柔らかさがあれば夏の府中などで期待はできそうです。

 これは個人的な感想なのですが、牧場関係者さんが「柔らかい」と評する馬は米国系との配合が多かったように感じます。その場合は瞬発力に優れた中距離マイラーが誕生する予感もあり、期待できる産駒となりそうです。



4.イスラボニータ産駒の注目産駒!

それではここでヒデがおすすめするイスラボニータ産駒を3頭ご紹介したいと思います。POGドラフトの参考にしていただければ幸いです。



・プルパレイ(マイジェン、母父Fusaichi Pegasus)栗・須貝

 この馬2世代兄にゴールドシップ初年度産駒で札幌2歳S2着にもなったサトノゴールドです。母系も米国系で早熟ですので、早くからの始動も見据えているでしょう。すでに競走馬登録も済んでいますのでこの馬も夏の北海道あたりがデビュー戦になるかもしれません。

 須貝調教師はこの馬について「2000mあたりがベスト」といっていますので、マイルから中距離あたりがこの馬の主戦場になることでしょう。



・トゥードジボン (コッパ、母父Yesbyjimminy)栗・四位

 インリアリティのクロスが入る芝ダート共に活躍できそうなマイラー血統です。すでに入厩していることを考えると、早い時期からのデビューが期待できます。

 血統的にはまず芝を使っていくことになるでしょうが、ダートでも十分に戦えそうな血統で、1800mで勝負根性を見せられるようになればダート戦線でも重賞級に成長しそうなポテンシャルはあると思います。



・イスラデルソル (ストゥデンテッサ、母父High Yield)美・武井

 母系はアルゼンチン系のストームキャットということで、この馬も早い時期からの活躍が期待できます。この記事を執筆している時点(5/26時点)ですでにゲート試験合格と早めに動いてきそうな産駒でもあります。

 アルゼンチンでは早めにクラシックが行われるため、早熟系の馬が多く誕生します。近年日本でもダノンファンタジーやレシステンシア、カレンブーケドールなどがこれに該当するようです。

 となればこの馬も早い時期からの活躍に加えてマイルから中距離での活躍も期待できそうですので、注目でしょう。


無料メルマガ配信中!

先週より日曜日の馬場傾向を配信中。そのほか競馬王チャンネルコンテンツの無料公開も!?

毎週お得な情報が届くメルマガは毎週金曜日(20時~21時頃)に配信しております。こちらに空メールを送るか、こちらから受信希望のメールアドレスをご登録してください。


POG近づいてきましたね。皆さんは指名場決まりましたか?僕はまだです。

悩んでる時間が一番楽しいですよね。そんなドラフトのおともにPOG本。便利ですよ!

それでは!!

競馬王オフィシャルTwitter          競馬王オフィシャルFacebook          競馬王ブログRSS



藤代三郎プロデュース! 偽スタンプ無料配布コーナー

ニコニコ公式チャンネル
『競馬王チャンネル』
競馬王チャンネル

本誌連動企画やライター陣の見解など週末の予想に役立つ情報が満載。ブロマガも動画も充実!!。

競馬王チャンネル・アプリ
※iOS/Androidでご利用いただけます

競馬王チャンネルオススメ馬
コンビニプリントサービス
コンビニプリントサービスのご案内
全国のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンにて土日の競馬王チャンネルオススメ馬や立川優馬の穴馬トッピングなどが24時間365日プリントOK!

競馬王メルマガ(無料)

ニコニコ公式ch『競馬王チャンネル』の有料コンテンツ無料配信や、競馬王本誌連動企画などを無料でお届けいたします。受信希望のメールアドレスをご登録してください。


現在の配信コンテンツ一覧
競馬王へのご意見・ご要望
ご意見、ご要望、プレゼント応募などは『競馬王読者アンケートコーナー』からお願いいたします。より良い誌面を作るために、皆様のご意見をぜひお聞かせ下さい。

競馬王書籍の電子版が
無料でカンタン立ち読み!
競馬王書籍の電子版がカンタン立ち読み!

競馬王本誌&単行本の電子書籍が15ページほど無料で立ち読みできます!


競馬王本誌最新号のご紹介
競馬王10月号
競馬王 2021年10月号
最新単行本のご紹介
競走馬の適性を5つに分けて激走を見抜く! 脚質ギアファイブ

コース別馬券攻略 鉄板軸&ヒモ穴が簡単に見つかる本

トリプルバイアス予想理論

ウマゲノム版種牡馬辞典2021-2022

レース質マトリックス 競馬は全て二択である

馬券師・半笑いの遺言

血統偏差値 2021-2022 コース別「儲かる種牡馬」ランキング

ウルトラ回収率2021-2022

競馬は人気馬2頭+人気薄1頭の組み合わせでだいたい決まる

AI競馬 人工知能は馬券を制することができるか?

至高の馬券指標 ジョッキー偏差値

ネット投票で儲ける! オッズ馬券の新常識

新 ラップタイム重賞図鑑

競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書

京大式推定3ハロン「脚質データ」を使って儲ける時短予想

血統偏差値 JRA全103コース「儲かる種牡馬」ランキング

1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす いま儲かる騎手・種牡馬・厩舎ランキング

激走レンジ!究極ガイド 京大式 馬場読みで万馬券を量産する方法

「絶対に負けたくない!」から紐解く穴パターン事典 ケーススタディ

真の実力と勝負パターンが見える! レーダーチャート式 厩舎名鑑

競馬力を上げる馬券統計学の教科書

ウマゲノム版 重賞解析読本 古馬・芝編

1頭の種牡馬の凄いクセをつかむだけで1千万円稼ぐ

全15場攻略! 地方競馬パーフェクトブック

ジョッキー偏差値 JRA全103コース「儲かる騎手」ランキング

プロ馬券師たちから学ぶ賢い券種選び 買い方のコツを掴めば回収率は大きく上がる!

回収率至上主義で年間プラスを実現する京大式クリニカルパス 超競馬考

ダート競馬の儲け方 馬単位の適性を見抜ければ本命も大穴も自由自在!

消えた名馬 -年度代表馬で振り返る平成史-

大手生産牧場の戦略意図が分かれば必然的に馬券は当たりまくる!

保存版「絶対に負けたくない!」から始める馬券術

楽しみながら儲ける馬券攻略Xファイル 元金1万円を100倍に!

競馬王テクニカル 稼ぐ技術編

万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術-

「絶対に負けたくない!」から紐解く 穴パターン事典

厩舎力 陣営のクセを掴めば馬券は面白いように当たる!

競馬研究所4 プロが勝負する厳選芝コースガイド

競馬 考えるヒント〜常勝競馬を叶える予想戦術

WIN5攻略全書 回収率150%超! ミスターWIN5のマインドセット

回収率をあげるオッズ馬券の奥義

ハイパー複コロ革命

勝てる馬券の買い方

馬券裁判 競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実

競馬 勝者のエビデンス ―玄人になる「確証」と「型」

「枠順」と「位置取り」で勝ち馬を見抜く!

オッズキングダム オッズで勝つ! 極上馬券GETまでのセオリー

競馬で長期的に勝つための馬券師バイブル

競馬の復習 儲かるレース結果の見方

1億5000万円稼いだ馬券裁判男卍の投資競馬講座


単勝すごいぜ!

競馬研究所3 プロが勝負する厳選ダートコースガイド

競馬王テクニカル 勝利の習慣編

全重賞&全コース別1番人気鉄板全書

競馬力が劇的に上がる一撃馬券ノート

絶対フォーカス 馬券で勝ち切る

穴馬券を獲りたければ本命馬を買え!

勝負馬券論 100万仕事のマグナカルタ

京大式 推定3ハロン パーフェクトブック

回収率をあげるオッズ馬券の参考書

複コロ革命

「絶対に負けたくない!」から始める馬券術

回収率を決める最終レース 一撃とひらめきの教科書

短縮×逆ショッカー 元祖爆走ローテーション理論

競馬研究所2

オッズテクニカル 馬券マスター・オッズマスターに聞いたオッズと上手に付き合う方法

合理主義競馬 必然の好走を見抜いて競馬に勝つ絶対ルーティン

砂にまみれて飯を食う 午前中に勝ちを決め最終レースで駄目を押す“ダート競馬”の儲け方

競馬王テクニカル 馬券の基本編

競馬研究所1

怒濤のVライン コース別革命ver.

絶対軸馬・絶対穴馬 安定黒字を実現する『競馬ブック』スピード指数活用ガイド

そうだったのか! 今までの見方が180度変わる知られざる競馬の仕組み

全106コース対応 山崎エリカの逃げ馬必勝ナビゲーション

回収率をあげるオッズ馬券の教科書

鉄板競馬・10周年記念12馬券福神SP

海外競馬・勝つためのプレミアム・データ&テクニック

1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方

アーカイブ