2024年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« Drone≒Sir Ivor と相性がいいダイワメジャー | メイン | 新馬戦で信頼できる「タニノギムレット×サンデーサイレンス」 »

2011年9月29日 (木)

アサクサスケールの牝系に待望の良駒

■土曜中山5Rの新馬戦(芝1200m)は、抑え切れない手応えで2番手を追走した△アポロアリーナ(5番人気)が直線で力強く抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=H61JFbE7N0Y

先々週、骨折明けながら初風特別(1000万下・中山芝1200m)を圧勝し、通算成績を〔3・2・0・0〕としたアポロフィオリーナ(父スニッツェル)の半妹にあたります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009101765/

本馬の父アポロキングダムは現役時代11戦2勝の下級条件馬。現2歳世代が初年度産駒で、JRAでは出走4頭目にして初の勝ち馬となります。Kingmambo、Seattle Slew、Storm Cat と、材料としている血は一流なので、配合が合えばそこそこの産駒は出しそうですね。

アポロフィオリーナ、アポロアリーナの姉妹が受け継いだスピードは、母の父ウォーニングが支えている部分が大きいと思います。ウォーニングは、本邦輸入種牡馬コマンダーインチーフ(英ダービー)の半兄ながら抜群のスピードを伝え、日本でもカルストンライトオ(スプリンターズS)、サニングデール(高松宮記念)と2頭の短距離G1馬を送り出しました。最近でも“ブダペストの弾丸”の異名をとる Overdose の母の父、スプリントG1を4勝している Dream Ahead の2代父など、スピード馬の血統表に頻繁に現れます。
http://www.pedigreequery.com/overdose3
http://www.pedigreequery.com/dream+ahead

しかし、血統表のなかで真っ先に目が行くのは、3代母アサクサスケールですね。5馬身差で圧勝した85年のクイーンS(G3)を含めて通算6戦5勝という名牝で、唯一の敗戦は2着に敗れたエリザベス女王杯(G1)。このときは4コーナー先頭で誰もが勝ったと思った瞬間、大外を強襲したリワードウイングにゴール直前で差されました。まさか負けるとは思っていなかったので唖然としたのを覚えています。結果論ですがやや仕掛けが早かったですね。翌年、メジロラモーヌが牝馬三冠を達成しましたが、能力では決して負けていなかったといまでも思います。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1982101161/

2代母が有馬記念や天皇賞を勝った女傑ガーネットで、自身には Avena=プリメロ4×4という美しい全きょうだいクロスが施されています。大好きな馬でしたね。繁殖牝馬として必ず成功するだろうと期待していたのですが、残念ながら活躍馬を出すことはできませんでした。なお、全きょうだいクロスについては、笠雄二郎さんの『サラブレッド配合史』『血統論』に詳述されております。ご参考いただければと思います。
http://www.miesque.com/c00001.html

アサクサスケールの半妹ウイルプリンセスは、メイショウサムソン(日本ダービー、皐月賞、天皇賞・春、天皇賞・秋)の2代母となりました。それに比べ、アサクサスケールの直牝系からは草木も生えないという状況が長く続いていたのですが、ようやくモノになりそうな馬が連続して現れました。これは嬉しいですね。

■日曜中山5Rの新馬戦(芝1600m)は、中団追走の◎アルフレード(1番人気)が差し切りました。
http://www.youtube.com/watch?v=wTwdRrQiu3g

予想は◎△△で馬単1950円、3連単6470円的中。『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』に提供した予想文を転載します。

「◎アルフレードは『シンボリクリスエス×サンデーサイレンス』という組み合わせ。2代母ラトラヴィアータはサクラバクシンオーの全妹で、母の4分の3妹は府中牝馬S4着のリビアーモ、という活力あるファミリー。素軽さと仕上がりの早さが感じられるので新馬戦に向いたタイプだろう。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009106321/

レース序盤は行きたがって騎手がなだめるのに苦労していました。「シンボリクリスエス×サンデーサイレンス」は芝向きの大物がほとんどなく、この馬も530キロの超大型馬だけに、いずれダート路線に転じるのでは、という予感もなくはないですが、ゴール前の迫力はなかなかのものでした。

新馬戦に限ると、シンボリクリスエス産駒は芝・ダートともに連対率が20%を超えます。1200mでは安心して切れるので、それ以外の距離で相手関係に注意して買えばまずまず信頼性は高く、今回のように馬券になる種牡馬です。芝のマイル戦なら東京コースの実績が抜群ですが、叔母のリビアーモは中山も得意でしたね。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/27158759

アサクサスケールの牝系に待望の良駒を参照しているブログ:

コメント

アルフレード強かったです。

余力を残しての走りで、陣営も絶賛していたそうです。
私も一瞬、出資を検討したのですが…
同じシンボリクリスエス産の別馬に出資してしまいました^^;
先日お話しした…シュタインガーデンと近親です^^;

PS…シュタインガーデンは、28日の調教で猛時計を叩き出したのですが…
あ馬場入りを嫌がって、暴れるため…去勢される事になりました^^;

最近なんだかサクラハゴロモの牝系がやけに目に付きます。こういう感覚はわりと大事なのでこれから注意して血統を眺めてみたいです。シュタンガーデンは高い潜在能力の持ち主ですから、去勢は吉と出るのではないでしょうか。目指せフィフティーワナー!ですね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!