2022年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 「一口馬主好配合馬ピックアップ」でキャロットクラブの診断開始 | メイン | 中央開催で本領を発揮しそうなグランデッツァ »

2011年8月25日 (木)

非凡な瞬発力を持つサウンドオブハート

■土曜新潟6Rの新馬戦(芝1400m)は、中団からゆっくりとレースを進めた◎サウンドオブハート(1番人気)が直線で4馬身突き抜けました。
http://www.youtube.com/watch?v=qCgHsEOX_f0

『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』に提供した予想を転載します。

「◎サウンドオブハートは『アグネスタキオン×カーリアン』という組み合わせで、ミネルバサウンド(準OP)、カフェラピード(ナカヤマナイトを破って未勝利戦を勝ち上がる)の半妹にあたる。母方には仕上がり早の軽快な血が集められており、新馬戦には強そうだ。水曜日の坂路でラスト1ハロン11秒4という出色のタイムをマークしており、能力はかなり高いと見ていいだろう。稽古どおりの走りができれば勝てるはず。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009103696/

半兄カフェラピードは昨年の「栗山ノート」で推奨した馬で、予想文に記したとおりナカヤマナイト(のちに共同通信杯を勝つ)を破って未勝利戦を勝ち上がりました。脚部不安でその後は出走していませんが、無事ならば重賞クラスで活躍していたはずです。

サウンドオブハートはその半妹。母シンメイミネルバはサンデー系と相性がいい血が詰め込まれているので、サンデー系であればたいていの種牡馬とフィットするはずです。ディープインパクトなどはいいでしょう。

2代母フジャブは Mr.Prospector と Danzig を併せ持つので、この馬とアグネスタキオンの組み合わせならアイアムカミノマゴやアイアムアクトレス風の配合です。本馬はその間に Caerleon を挟んでいるので、芝中距離向きの伸びやかさが感じられます。これまでに勝ち上がった2歳牝馬のなかではトップを争う素質馬。今回の瞬発力を見ると1400mよりは1600mのほうがレースをしやすいと思われるので、新潟2歳S(G3)で牡馬の骨っぽいところを相手にどれだけやれるか楽しみです。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2006102871/

もう少し細かく配合を見ていくと、4代母 Cold Hearted は、近い世代に Mahmoud と Turn-to を持っています。
http://www.pedigreequery.com/cold+hearted

この組み合わせで真っ先に頭に思い浮かぶのは、それぞれが相似な血である Halo、Sir Ivor、Drone の3頭。配合の中核部分を Mahmoud と Turn-to が構成しており、Cold Hearted に似ています。

        ┌ Turn-to
      ┌○┘
Halo ―――┤
      └○┐ ┌ Mahmoud
        └○┘

        ┌ Turn-to
      ┌〇┘
Sir Ivor ―┤   ┌ Mahmoud
      │ ┌○┘
      └○┘

        ┌ Turn-to
      ┌〇┘
Drone ―――┤
      └○┐ ┌ Mahmoud
        └○┘

Turn-to の父 Royal Charger は、その母 Sun Princess の血統構成が Mahmoud ときわめてよく似ています。それゆえに、Mahmoud と Royal Charger(あるいはその息子 Turn-to)の結びつきは強固であり、これと似た血統パターンの血を重ねることも効果的であると考えられます。
http://www.pedigreequery.com/mahmoud
http://www.pedigreequery.com/sun+princess

        ┌ Blenheim
Mahmoud ――――┤ ┌ Gainsborough
        └○┤
          └ Mumtaz Mahal

          ┌ Gainsborough
        ┌〇┘
Sun Princess ―┤ ┌ Blenheim
        └○┤
          └ Mumtaz Mahal

たとえば、サウンドオブハートと同じアグネスタキオン産駒でいえば、ダイワスカーレットなどがそうですね。同馬の4代母 La Menina は、父が Royal Charger で、2代母の父が Mahmoud です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2004103198/
http://www.pedigreequery.com/la+menina

サンデー系にこうした血が入るのは、地味ながら重要なことではないかと思います。ダイワスカーレットと4分の3同血のダイワメジャーが、種牡馬として Drone を持つダンシングブレーヴと好相性(勝ち上がった5頭中2頭がダンシングブレーヴを持つ)なのも、配合構成の中核部分を Halo と La Menina の関係が担っていることの証明なのかもしれません。

■土曜札幌5Rの新馬戦(芝1200m)は、好位追走の◎アラフネ(5番人気)が直線で抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=WQSbkc_GaVM

予想を転載します。

「◎アラフネは『クロフネ×サンデーサイレンス』という組み合わせ。半姉アラマサローズは短距離路線で準OPまで出世し、とくに洋芝を得意としている。「クロフネ×サンデー+ラトロワンヌ」は成功パターン。この条件は得意と思われるので勝ち負けになってもおかしくない。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009104441/

「クロフネ×サンデーサイレンス」の代表産駒の1頭フサイチリシャール(朝日杯フューチュリティSなど重賞3勝)もこのパターンで、2代母が Raise a Native 2×3でした。本馬は2代母が Raise a Native 3×3なので似ています。フサイチリシャールの La Troienne 血脈は Francis S.、アラフネは Buckpasser です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2003102955/

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26982455

非凡な瞬発力を持つサウンドオブハートを参照しているブログ:

コメント

いつも、楽しく拝見させて頂いております。

サウンドオブハートの配合は、栗山さんが好みそうな血統構成でしたね(^_^)


また…

ヘイロー≒ドローン≒サーアイバー

の理論は、非常に共感持てる部分が多く
一口馬選びの際にも…役立つと思います。


今年のキャロット募集馬…でも、
ディープ産で2頭程、この理論に合致する馬が居ますね。

今晩あたりに…栗山さんのキャロット推奨馬リストを購入予定ですが…
個人的に…中身を見る前に、栗山さんなら…こお馬を指名するであろうと…
予測して見るのも面白いですね。


また…お邪魔させて頂くと思いますが
どうぞよろしくお願いいたします

サウンドオブハートはアグネスタキオン産駒ですから、まずは無事に行ってほしいところですね。

キャロットクラブは募集頭数が多いので、10頭近くは推奨するかもしれないなぁというのが現状の見立てです。とにかく良血馬が多いので目移りしますね。最終的には値段が決め手となりそうです。いいなと思った馬でも値段が高すぎると感じた場合は推奨できません。このあたりは感覚的なものなので根拠があるようなないような、といった感じなのですが^^

少しずつアップロードしていきたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!