2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« サクラバクシンオーのニックス配合、ヴェアデイロス | メイン | フジキセキと Deputy Minister »

2011年8月 6日 (土)

スゲヌマの夢

暑かったもので、夕食の際にビールを飲んだら、食後に睡魔が襲ってきて、小一時間ほど寝てしまいました。そこで妙に鮮明な夢を見ました。

どこかの競馬場のスタンドに立っているのですが、それが妙に古めかしく、現代ではないように思われました。3コーナー方面に目をやると、小さな森のようなものがあったので、東京競馬場だろうと分かりました。

馬群が4コーナーを回って直線に流れ込んできます。まるで雨上がりのような美しい夕景で、白い木製の内ラチに沿ってこちらに駆けてくる馬たちを、オレンジ色の西日が照らしています。

「スゲヌマだ、スゲヌマ!」と、近くの人が叫びました。

スゲヌマといえば戦前のダービー馬じゃないか、と思ったところで目覚めました。何のオチもありません。目覚めたあとすぐに情景を反芻できるほどリアルな夢で、場内のざわめきなども耳に残っていました。

競馬の夢なら函館2歳Sの予知夢のほうがよかったなぁ~(笑)、と思いつつスゲヌマの戦績を調べたところ、やはり1938(昭和13)年のダービーを勝っていました。ただ、夢のなかのレースがダービーかどうかは分かりません。映像で確かめようと思い、家のビデオ&DVD庫を探ったところ、20年ぐらい前に買った『日本ダービー史2』というのは出てきたのですが、『1』がないため調べがつかず。レンタルDVD店で探してみることにします。

それにしても、なぜスゲヌマなのか、なぜそんな夢を突然見るのか、人間の脳というのは本当に不思議です。
http://ahonoora.web.fc2.com/sugenuma.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B2%E3%83%8C%E3%83%9E

そういえば、スゲヌマは笠雄二郎さんの『サラブレッド配合史』にも登場します。サラ系ですが「母国宝はバンザイの1つ下の妹で、帝室御賞典に勝っている」という記述があり、日本の競走馬育種の歴史のなかでも重要な1頭という位置付けをされています。

同書は1ページ目から順に読んでいくのもいいですが、思いついたときに興味のある章から入っていくほうが読みやすいと思います。
http://www.miesque.com/c00001.html

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26890722

スゲヌマの夢を参照しているブログ:

コメント

こんにちは

今回のブログの内容で思い出しました
もう何年前でしょうか
別段ファンでもなく、気にもしてなかった馬、ミツアキタービンの勝つ鮮明な夢を見ました
「これは絶対に神のお告げに違いない」と信じて単3000複6000円の馬券を勝った事があります
結果はカスリもしませんでしたが

レースの鮮明過ぎる夢はちょっとタチが悪いですね
個人的に(笑)

栗山さんを始め、プロの方々は予想の範疇を越えたラッキーナンバーだとか夢だとかで馬券を買う事ってあるんですかね?

こんばんは。

あまりにもリアルな夢だと、ついつい夢のとおりに買いたくなるのが人情ですね。競馬は理屈どおりには決まらないので、理性で馬券を当てるには限界があります。したがって理性以外のものに頼って馬券を当てようとする心理は奇異ではないと思います。

わたし個人はラッキーナンバーや夢で買い目を決めたことはありません。他の方々については分かりません。人によって、といったところでしょうか。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!