2022年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 中央開催で本領を発揮しそうなグランデッツァ | メイン | サンデーサイレンス2×4のレイモニが重賞勝ち »

2011年8月27日 (土)

ダービーダン方式の至宝 Dynaformer(3)

ジョン・W・ガルブレイスは、史上初めてケンタッキーダービーと英ダービーを制覇したオーナーブリーダーです。

ケンタッキーダービーはシャトーゲイと Proud Clarion で、英ダービーは Roberto で制しています。
http://www.pedigreequery.com/chateaugay
http://www.pedigreequery.com/proud+clarion

ガルブレイスは、彼の牧場のスタッドマネージャーであるオリン・ジェントリーに生産馬の配合デザインを一任していました。ですから、ダービーダンファームが生み出した名馬は、すべてオリン・ジェントリーが配合したものです。

伝説的な配合研究家である彼は、ダービーダンファームに雇われる以前、アイドルアワーストックファームで働いていた時代に、La Troienne のファミリーを育てました。現代アメリカ血統の基礎はオリン・ジェントリーが築き上げたといっても過言ではありません。

Roberto は Royal Charger≒Nasrullah 3×3、Sir Gallahad=Bull Dog 4×4・6、Blue Larkspur 4×4という父母相似配合の傑作で、オリン・ジェントリーは驚くべきことに、母 Bramalea が生まれる以前からこの配合をイメージしていた、と語っています。スタミナと底力に秀でたフランス産の Sardanapale をベースに母 Bramalea を作り、その主要部分をクロスさせて父母相似配合を作りたい、という大きな方針にしたがって、現実の材料を選択して行ったということでしょう。
http://www.pedigreequery.com/roberto

Roberto は72年の英ダービー(G1)を制したほか、同年夏のベンソン&ヘッジズゴールドC(英G1)では、それまで15戦負け知らずだった Brigadier Gerard に初めて土をつけてレコード勝ちを収めました。ムラ馬ではありましたがハマったときは強く、スピード、スタミナ、底力、いずれにおいてもハイレベルなものを持っていました。馬名についてはよく知られているとおり、Roberto がダービーを勝った年の大晦日に飛行機事故で非業の死を遂げたロベルト・クレメンテ選手(メジャーリーグのピッツバーグパイレーツで活躍した名選手)に由来します。ジョン・W・ガルブレイスはピッツバーグパイレーツのオーナーでもありました。

Roberto はダービーダンファームに繋養され、種牡馬として大成功を収めます。ダービーダンファームが生産した Roberto 系の活躍馬には、かつて繋養していた Ribot の血を持つものが目立ちました。このパターンは「ダービーダン方式」とでもいうべきもので、ヨーロッパで活躍した馬をベースとしているだけにスタミナと底力に優れ、大レースに強いという特長がありました。(続く)

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26991335

ダービーダン方式の至宝 Dynaformer(3)を参照しているブログ:

コメント

度々お邪魔します。

偉大な馬産家のもとには、劉備玄徳と諸葛孔明のような天才的な配合研究家がいるものですね。
オリン・ジェントリーどこまで見抜いてたのかというぐらいの慧眼には驚くばかりです。

シリーズもあと2回ぐらいでしょうか、最後まで楽しみに待っています。

名生産者の陰には配合のプロフェッショナルがいることは珍しくなく、ダービー卿のウォルター・オルストンや、アガ・カーン3世のヴィリエ中佐などが有名ですね。オルストンについては昨年12月29~31日のエントリーで触れました。

当初は3回ぐらいの予定だったのですが、書いているうちに延びてしまい……。来週中にはフィニッシュします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!