2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 大物感十分ジャスタウェイ | メイン | サセックスSは Frankel »

2011年7月27日 (水)

ファンタジーSあたりに向きそうなファインチョイス

土曜函館5Rの新馬戦は、2番手追走の◎ファインチョイス(2番人気)が3馬身突き抜けました。
http://www.youtube.com/watch?v=z_xwCaPSdG4

抜け出したあとは手綱を抑える余裕がありました。岩田騎手はこの馬を高く評価しているようです。『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』の予想は◎△△で馬単1810円、3連単15350円的中。予想文を転載します。

「◎ファインチョイスは『アドマイヤムーン×タイキシャトル』という組み合わせ。父アドマイヤムーンは今年の新種牡馬で、すでに2頭の勝ち馬を送り出しており好調。母アフレタータは『タイキシャトル×カポーティ』という2歳戦向きのスピード血統なので、この条件は向くだろう。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009100612/

アドマイヤムーンはダーレー繋養のエース格ですが、社台スタリオンステーションの種牡馬ほど繁殖牝馬に恵まれているわけではないので、産駒はどの子も安定して走るというわけにはいかないでしょう。ただ、ここまでのところは勝つべきレースをしっかりモノにしており、少なくとも仕上がりの早さという面では確かなものがあると感じます。

予想文に記したとおり、母アフレタータは「タイキシャトル×Capote」ですから、仕上がりの早さと軽いスピードを伝えています。本馬は Halo 4×4。この時期の2歳戦に向いたタイプで、平坦コースも合っているでしょう。ファンタジーS(G3・京都芝1400m)あたりに向きそうなタイプです。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26841256

ファンタジーSあたりに向きそうなファインチョイスを参照しているブログ:

コメント

ところでジャスタウェイって何からとった名前でしょうか。
僕は"銀魂"しか浮かびませんでしたが。

『銀魂』という漫画は読んだことがないのですが、調べてみたところたしかに「ジャスタウェイ」という爆弾が出てくるようですね。なるほど、たぶんこれでしょう。勉強になりました。

オッサン世代のわたしが週刊少年ジャンプを愛読していたのは、『サーキットの狼』『ドーベルマン刑事』『リングにかけろ』『すすめ!!パイレーツ』などが連載されていた70年代後半です(笑)。『こち亀』はすでにありました。若い人にはなんのことやらですね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!