2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 現時点では予想以上の健闘、アドマイヤムーン | メイン | ハットトリック好発進 »

2011年7月 8日 (金)

配合的に見極めやすいケイムホーム産駒

ケイムホームは種付け初年度の08年に、日高地区で最高となる175頭の種付けを行いました。人気を博した理由は、現役時代の高い能力と、Mr.Prospector 系のスピード血統と、120万円という手ごろな種付け料でしょう。

現役時代にアメリカで12戦9勝。勝ち鞍には3つのG1勝利が含まれています。ただ、G1のなかのG1であるブリーダーズCジュヴェナイル、ケンタッキーダービー、ブリーダーズCクラシックでは完敗を喫しているので、超大物というわけではありませんでした。

正直なところ、アメリカでの種牡馬成績は、期待の大きさからするといまひとつ。とはいえ、何頭かの重賞勝ち馬や入着馬を出しており、日本向きの特長を伝えることができれば、成功の期待は十分掛けられるでしょう。じっさい、アメリカ時代に送り出した産駒に、プリンシパルS(OP・芝2000m)を勝ったケイアイライジンがいます。ダート向きのスピードタイプを多く出すと思われますが、配合次第では芝の重賞を狙えるような産駒も出せるかもしれません。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2006106135/

その鍵は、Nasrullah と Princequillo の組み合わせから誕生した Secretariat と Full Out を3代目に並べている点でしょう。望田潤さん風にいえば「ナスキロ」ですね。ケイアイライジンは Secretariat を継続し、さらに母の父 A.P.Indy にはナスキロの仲間である Poker があります。ケイアイライジンが芝中距離に対応したのはこのあたりに秘密がありそうです。

ケイムホームの2代母の父 Full Out は、Mill Reef、Riverman と相似な血の関係にあるので、このふたつの血とは相性がいいでしょう。相似な血については笠雄二郎著『血統論』に詳しいのでご参照ください。
http://www.miesque.com/shopping.html

      ┌ Never Bend
Full Out ―┤   ┌ Princequillo
      │ ┌○┘
      └○┤ ┌ Count Fleet
        └○┘

      ┌ Never Bend
Mill Reef ―┤ ┌ Princequillo
      └○┤ ┌ Count Fleet
        └○┘

      ┌ Never Bend
Riverman ―┤   ┌ Princequillo
      │ ┌○┤ ┌ Count Fleet
      └○┘ └○┘

Northern Dancer を持たず、それと似た配合構成の Icecapade(悲劇の名牝 Ruffian の半兄でもあります)を持っているので、Northern Dancer を強めに持っている繁殖牝馬とも合うでしょう。

         ┌ Nearctic
Northern Dancer ―┤ ┌ Native Dancer
         └○┘

         ┌ Nearctic
Icecapade ――――┤ ┌ Native Dancer
         └○┘

アメリカ時代の産駒を調べると、Graustark と His Majesty の全兄弟と好相性を示しています。ケイムホーム自身がやや底力に賭ける血統構成なので、それを補っているという見方ができるでしょう。2頭の母 Flower Bowl と同じく、Hyperion と Son-in-Law の組み合わせから成る Tudor Minstrel と Swaps を持っていることも、この好相性の理由のひとつだと思います。

新馬戦開幕週と2週目に、ケイムホーム産駒がまったく振るわなかったので、先週は全般的に評価を下げてしまいました。失敗でした。5頭出走して2頭が新馬戦を勝ち上がりました。

函館の新馬戦(芝1200m)を勝った△クールユリア(1番人気)は、Mill Reef、Poker、Northern Dancer を持っているので上々の配合です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009102597/

京都の新馬戦(芝1800m)を勝った★シンゼンレンジャー(7番人気)は、母が5代以内に Northern Dancer を3本持ち、Nasrullah と Princequillo の組み合わせから誕生した Apalachee を持ちます。これもまずまずですね。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009102195/

今週はケイムホーム産駒が土日に一挙7頭出走します。「Gone West×Clever Trick」という仕上がり早の血統ですから、この時期の2歳戦は稼ぎどころでしょう。上記のパターンに当てはまり、稽古で動いている馬は買いです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26747382

配合的に見極めやすいケイムホーム産駒を参照しているブログ:

コメント

いつも楽しく読ませて頂いてます。
この前のRibot系種牡馬の解説ありがとうございます。

文中に出てきたPokerとSeattle Slewが血を引いているJet Actionの解説お願いできますか?

今日はきっとケイムホーム特集が来るだろうと思って、楽しみにしてました。
そうですか。Northern Dancerを強めに持ってるのはプラスですか。某所で一口持ってる私には朗報です。
先週末に勝ちあがった二頭は、いずれもミスプロの3×4を持つようですが、これも「見極めやすさ」に含んで良さそうですか?

出資馬について色々質問したいところですが、栗山さんの本職に抵触しそうなので、差し控えます...。

>ネオユニ大好き様

米年度代表馬に輝いた女傑 Busher とケンタッキーダービー馬 Jet Pilot との間に生まれ、現役時代はワシントンパークHなどいくつかのステークスを制しました。La Troienne 牝系に属していることと、Friar Rock≒Man o'War 4×3がキーポイントです。

>jiumi 様

Mr.Prospector のクロスや、サンデーサイレンスを持つといったことは、マイナスにはならないと思うので、ポジティヴな評価でよろしいのではないでしょうか。出資馬の評価等についてはお答えできないことになっておりますので、控えていただけるのは助かります。申し訳ありません。

カシノエルフ、こんなべたべたな配合でも活躍するんですね。本当に分かりやすいです。
馬券的には、人気しない傾向があるっぽいので、個人的に積極的に狙っていきたい種牡馬になりそうです。

カシノエルフは大胆な配合ですね。これで勝ち上がったケイムホーム産駒3頭はすべて Mr.Prospector のクロスを持つことになります。とりあえず Mr.Prospector クロスを作っちゃえ!ですね(笑)。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!