2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 女王陛下の Carlton House(後) | メイン | 宝塚記念はアーネストリー »

2011年6月26日 (日)

伝説の95年阪神3歳牝馬S

宝塚記念で人気を集めるブエナビスタとルーラーシップ。現時点で前者の単勝オッズは3.5倍、後者は3.8倍。レースでどちらが先着するかという前に、どちらが1番人気を取るかという熱い戦いを繰り広げています。ブエナビスタは国内で過去17戦し、すべて1番人気となっています。ここも譲れないところでしょう。

年季の入った競馬ファンなら、ブエナビスタの母ビワハイジと、ルーラーシップの母エアグルーヴが、同期のライバルであったのはよくご存知だと思います。二度対戦して戦績は1勝1敗の五分。

初対決となった95年の阪神3歳牝馬S(G1・芝1600m)は、好スタートから先手を奪ったビワハイジが逃げ切り、2番手から差を詰めたエアグルーヴが2着。

二度目の対決となった96年のチューリップ賞(G3・芝1600m)は、好位追走のエアグルーヴが1頭だけ違う脚いろで突き抜けて1着。5馬身差の2着がビワハイジでした。

エアグルーヴは2歳時から頭角を現し、3歳時にはオークスを制覇しました。ただし、本格化したのは古馬になってから。牡馬相手に天皇賞・秋を勝つなど大活躍し、牝馬ながら年度代表馬に輝いています。成長力と底力を武器としており、そうした特長を産駒にも伝えています。本格化までに時間を要する産駒が多いので、繁殖牝馬としての華々しい実績からすると、POGでは案外旨みに乏しいタイプです。ルーラーシップのここにきての成長ぶりはエアグルーヴの影響が大きいでしょう。

95年の阪神3歳牝馬Sは、ビワハイジとエアグルーヴのほかに、ロゼカラー(重賞3勝のローゼンクロイツの母)、ゴールデンカラーズ(キーンランドCを勝ったチアフルスマイルの母)、シーズグレイス(重賞2勝のシャドウスケイプの母)が出走していました。名繁殖牝馬だらけです。これもある種の伝説のレースといえるかもしれません。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26688048

伝説の95年阪神3歳牝馬Sを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!