2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« ダイワメジャー産駒が新馬戦でワンツー! | メイン | サクラバクシンオーのニックス配合、コスモメガトロン »

2011年6月22日 (水)

器と適性、どちらを重く見るか?

■土曜中山の新馬戦(芝1200m)は、▲スマイルゲート(1番人気)が2番手から抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=DxlROPxzndE

新馬戦で悩まされるのは「器」と「適性」のどちらを重く見るか、ということ。一度も走っていない馬の適性を云々するのはおかしな話ですが、あくまでも血統的な適性です。

スマイルゲートはスマイルジャック(重賞3勝)の全妹です。その一方で、タニノギムレット産駒の中山下手は知られるところであり、中山の芝新馬戦は連対率8.3%(36戦3連対)と酷い成績です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009105484/

スマイルジャックの全妹という「器」を取るか、タニノギムレット産駒の中山苦手という「適性」を取るか、しばし迷うところではあります。新馬戦は出走馬の実力差が大きいレースなので、この場合、わたしは7割ぐらいの確率で「器」を重視します。しかし、このレースでは残り3割の確率に賭けて失敗しました。▲に落としたスマイルゲートは危なげなく快勝。代わりに本命に推した◎ジェイケイヒーロー(4番人気)は11着。裏目を食ったレースは見ていてトホホ……という気分になります。

適性があるとはいえないコースでいきなり勝ち上がったのですから、2戦目以降も楽しみです。

■日曜中山の新馬戦(芝1600m)は、△クイーンアルタミラ(6番人気)が中団から鋭く抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=2_Bvh0G-5JI

このレースも適性重視。今度は逆にそれが功を奏しました。2着に食い込んだ◎ミヤコマンハッタン(7番人気)が本命で、評判馬マイネルアトラクト(1番人気)は▲に下げました。予想は△◎で馬連8770円的中です。『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』に提供した予想を転載します。

「◎ミヤコマンハッタンは『マンハッタンカフェ×ドクターデヴィアス』という組み合わせ。父マンハッタンカフェは中山芝1600mの新馬戦で強く、連対率34.8%、単勝回収率120%という成績を残している。アレッジドのクロスを持つマンハッタンカフェ産駒なのでショウナンマイティと同じパターン。短距離では忙しいがマイル戦なら力を発揮できる。一発があっても不思議はない。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009100373/

雨の影響が残る馬場だったので、コース適性に加え、パワーを伝える Alleged クロスがよかったと思います。

勝ったクイーンアルタミラは「バゴ×コマンダーインチーフ」で、母方の奥には力強いチャイナロックがあります。こちらもパワー満点ですね。中山芝1600mは外枠が不利なのですが、この馬は12頭立ての11番枠から出て差し切り勝ち。いいものを持っています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009104270/

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26668510

器と適性、どちらを重く見るか?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!