2024年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 英オークスは Dancing Rain | メイン | 水曜日の栗東坂路1番時計ストリートハンター »

2011年6月10日 (金)

豪州産の大器ランリョウオー

先週の競馬で最も印象に残ったレースは、重賞を除けば土曜東京10Rの湘南S(1600万下・芝1600m)です。好位を追走したランリョウオー(1番人気)は直線で前が壁になり、出しどころを探して馬群のなかでうろうろすること十数秒。ようやく残り1ハロンでバラけた瞬間、ケタ違いの瞬発力で抜け出してきました。イメージ的にはウオッカの安田記念に近いですね。
http://www.jra.go.jp/JRADB/asx/2011/05/201103050510h.asx

前走の紫野特別(1000万下・芝1800m)の勝ちっぷりを見れば、クラスがひとつふたつ違う馬であるのは明らかだったと思います。今回は多頭数の内枠を引き、馬群を捌いてこられるのかという課題があったのですが、能力水準が違っており楽々とクリアしました。

ランリョウオーはオーストラリア生まれの外国産馬。南半球で誕生したので北半球の馬よりも半年ほど生まれが遅く、現在4歳ではありますが実質的には3歳半です。父はオーストラリアの名種牡馬 Redoute's Choice。母はオーストラリアでG1を2勝した名牝 Hollow Bullet(ヴィクトリアオークス、アローフィールドスタッドS)。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2007110121/

血統表を見ていただければ分かるように、母は日本ダービー馬タヤスツヨシの子です。同馬がシャトル種牡馬としてオーストラリアで供用された際、現地の交配によって誕生しました。

ランリョウオーには Redoute's Choice とサンデーサイレンスの組み合わせがありますが、いまのところ両者の関係は良好で、この組み合わせを持つ馬は連対率29.3%、単勝回収率154%と優秀です。

Redoute's Choice とサンデーサイレンスの関係については、3月8日のエントリー「サンデーと Redoute's Choice は好相性」で一度触れたことがあります。Halo と Sir Ivor のニックスの効果があるのではないかと思います。
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2011/03/redoutes-choice-e493.html

社台グループは世界各地から大量の良血牝馬を輸入し、サンデー系種牡馬と交配させています。相性のいい血、そうでもない血、いろいろあると思いますが、Redoute's Choice はよさそうな感触がありますね。ランリョウオーは今年中に重賞を勝つ器でしょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26608908

豪州産の大器ランリョウオーを参照しているブログ:

コメント

いつも楽しく拝見させて頂いてます。
記事とは関係ないですがデュランダルの詳しい血統解説をお願いできますか?

いつもお読みいただきありがとうございます。

デュランダルの母方は Hyperion を主体とした力強い構造です。母の父ノーザンテーストは Hyperion 4×3、2代母の父 Creme dela Creme は Hyperion 系、3代母の父 High Perch は Hyperion 3×3です。

5代母はアルゼンチンの歴史的名馬で、北米に移籍後も大活躍した Miss Grillo。3代母 Meadow Saffron は Meadow Court(キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、愛ダービー)の半妹にあたります。

2代母の父 Creme dela Creme はスピードタイプで、この部分が素軽さを与えています。ちなみにその2代父はサンデーサイレンスとニックスの関係にある Heliopolis です。

デュランダル自身はスピードタイプでしたが、血統的には重厚でスタミナ的な要素もはらんでおり、配合次第ではそうした部分が引き出されるのか中距離タイプも出ています。Hyperion が多いので成長力の期待できる血統です。

解説ありがとうございますsign03
POGや馬券予想の参考にさせて頂きます。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!