2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 器と適性、どちらを重く見るか? | メイン | 女王陛下の Carlton House(前) »

2011年6月23日 (木)

サクラバクシンオーのニックス配合、コスモメガトロン

日曜函館5Rの新馬戦(芝1200m)は、○コスモメガトロン(3番人気)が2番手追走から先頭に立ち、後続に3馬身半差をつけました。
http://www.youtube.com/watch?v=njpzQxRY_2k

1分09秒7という時計は、函館の新馬戦としては相当優秀なのですが、同日の最終レース(1000万特別)に1分08秒0というレコードタイムが出ています。開幕週特有の速い馬場でした。

サクラバクシンオーは Nijinsky とニックスの関係にあります。シーイズトウショウ、ショウナンカンプ、サンダルフォン、メジロマイヤー、ブルーショットガン、スプリングソング、エイシンツルギザン、デンシャミチなど多くの重賞勝ち馬が出ています。

本馬の母の父はマルゼンスキー(その父 Nijinsky)なのでこのパターンに当てはまります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2009101873/

先週は、出石特別(阪神芝1400m)のエーシンダックマン、基坂特別(函館芝1200m)のシシャモチャンと、この配合パターンの馬が2頭特別を勝ちました。サクラバクシンオー産駒はもともと函館競馬場で強いのですが、母方に Nijinsky を持つ馬はこの傾向がさらに強まり、芝連対率は32.2%。手が付けられない強さです。

2代母ダイアナソロンは桜花賞馬。ただし、2代母の父パーソロンはサクラバクシンオーとの相性がイマイチです。サクラバクシンオーが好むのは、Nijinsky のような雄大な馬格を伝えるやや硬めのアメリカ血統か、Hyperion の影響を強く受けた重厚なヨーロッパ血統です。素軽くて柔らかいパーソロンはもうひとつフィットしません。

母方にパーソロンが入ったサクラバクシンオー産駒で最も出世したのは京王杯2歳S(G2)を制したデンシャミチ。デンシャミチは母の父がマルゼンスキーなのでコスモメガトロンと配合構成がそっくりです。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2003109318/

          ┌ サクラバクシンオー
コスモメガトロン ―┤ ┌ マルゼンスキー
          └○┤ ┌ パーソロン
            └○┘

          ┌ サクラバクシンオー
デンシャミチ ―――┤ ┌ マルゼンスキー
          └○┤
            └○┐ ┌ パーソロン
              └○┘

サクラバクシンオーとパーソロンの関係を通して配合を眺めると、マルゼンスキーのような血を入れることで足りないものを補っていることが分かります。これまで母ダイアナチェリーはサクラバクシンオーとの間に2頭の牝馬を産み、どちらも成績は振るいませんでした。コスモメガトロンは三度目の正直といったところでしょう。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26673514

サクラバクシンオーのニックス配合、コスモメガトロンを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!