2024年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 今週のWIN5はチャンス!? | メイン | ダイワメジャー産駒が新馬戦でワンツー! »

2011年6月20日 (月)

マーメイドSはフミノイマージン

マーメイドSが毎年荒れるのは、抜けた馬がいないメンバー構成のハンデ戦だからです。しかし、終わってみれば、▲フミノイマージン(2番人気)の力が抜けていましたね。想像以上に馬が強くなっていました。
http://www.youtube.com/watch?v=vm7EIvMtrBM

3歳時からオークスに出走するなど、それなりの素質を垣間見せてはいましたが、骨折による長期休養があり出世が遅れていました。5歳を迎えてのこの上昇ぶりは母の父 Dixieland Band の影響だと思います。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2006105593/

現役時代の Dixieland Band はアメリカでG2を勝った程度で、当初は種牡馬としてもそれほど期待された存在ではありませんでしたが、アスコットゴールドC(英G1・芝20f)2連覇のドラムタップスを皮切りにコンスタントに活躍馬を送り出し、やがて名種牡馬と評価されるに至りました。
http://www.pedigreequery.com/dixieland+band

母 Mississippi Mud は Alibhai 3×4、その父 Hyperion 4×4・5。Hyperion は底力、成長力、スタミナといった要素を伝えます。こうした血を受けた Dixieland Band は重厚さが前面に出ています。

こうしたタイプが母の父として成功する伝統がアメリカにはあります。スピードタイプの種牡馬が多いので、「スピード×スタミナ」という成功パターンを量産できるからでしょう。Princequillo とその系統、Ribot とその系統が典型例です。
http://www.pedigreequery.com/mississippi+mud

傾向どおり Dixieland Band は母の父としてきわめて優秀です。04年には米リーディングブルードメアサイアー(母の父ランキング首位)に輝いています。6月11日のエントリーで取り上げた Street Sense も母の父が Dixieland Band でした。日本ではデルタブルース、アメリカンボス、アクシオン、ブラックバースピン、サブジェクトなどがこのパターンで、レッドデイヴィス(シンザン記念、毎日杯)は2代母の父にこの血を持っています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2001103389/

フミノイマージンの配合については、4月24日のエントリー「福島牝馬Sはフミノイマージン」で解説しています。よろしかったらご参照ください。
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2011/04/post-dcbe.html

WIN5は4レース的中でハズレ。難易度はこれまでの回に比べて格段に低かったと思いますが、それでもあと一歩届かないのが難しいところですね~。ただ、頭数がそろわない夏のローカルで、一度ぐらいは当てられそうな予感はしました。

     ――――――――――――――――――――
      血 統 屋 http://www.miesque.com/
     ――――――――――――――――――――

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26657794

マーメイドSはフミノイマージンを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!