2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 高松宮記念はキンシャサノキセキ | メイン | フラワーCはトレンドハンター »

2011年3月29日 (火)

スプリングSはオルフェーヴル

ハイレベルなメンバーが集まったものの、どれもはっきりとした不安点を抱えていたので、予想をする上では難しい一戦でした。△オルフェーヴル(1番人気)の場合は気性難。しかし、そのような素振りは見せず、スムーズに折り合って抜け出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=IGGhJwcs1KU

ドリームジャーニー(有馬記念、宝塚記念、朝日杯フューチュリティS)の全弟ですから、血統はくどくど説明するまでもないでしょう。「ステイゴールド×メジロマックイーン」は、過去5頭が出走して3頭が重賞を制覇(ドリームジャーニー、オルフェーヴル、フェイトフルウォー)。素晴らしいニックスです。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008102636/

今年は皐月賞が東京競馬場で行われます。全兄ドリームジャーニーは東京競馬場での成績が振るいませんでした。血統が同じだからといって同じように東京競馬場を苦手にするとは限りませんが、懸念材料であることは確かでしょう。

◎リベルタス(2番人気)は13着。前走の若駒Sは体調どん底ながら勝ちました。今回は良くなるだろうと思っていたのですが、調教の過程を見ると意外に良くなっていないので不安はありました。よほど急上昇しないかぎり春は難しいかもしれません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26219951

スプリングSはオルフェーヴルを参照しているブログ:

コメント

こんばんは。
オルフェーヴルは京王杯(4位、33.8)除き、
出走レースすべて上がり最速。
終いは確実に伸びるものの、新馬以来取りこぼしが
目立っていました。
今回の阪神は終い確実に伸びる、
上がりで速い脚が使える馬が有利に見えました。
まず、同レース3着ステラロッサ
本命だったんですが、この馬は
デビューから1位→3位→1位の上がり。
終いは確実に伸びてました。
フラワーCのマヒナと毎日杯のコティリオン。
こちらもデビューから毎回それなりの脚を使ってました。
高松宮ではシルクロードで32秒台を繰り出した
アーバニティがまたも激走しました。
逆にリベルタスなんですが、
近3走の上がりはいずれもメンバー中TOP3に入ってません。
朝日杯は一番強い競馬をしたと思って、
若駒本命にし、今回も馬券は堅いと思ったんですが・・・。
結果惨敗。

今回の4重賞含む阪神芝12レース
父SS系20/36
母父SSも含めると26/36
毎日杯は出走馬がSSばっかなんで当たり前ですが、
高松宮はSS系3頭、そのうちの2頭が馬券に。
上がりが要求されてる気がするんですが、
栗山さんはどう思われますか?

そして、そのなかで未勝利の重で2位の上がりを使っただけの
レッドデイヴィスはなかなか強いと思っております。

素人がながなが失礼しました。

興味深い論考ありがとうございます。たしかに結果を見直してみるとおっしゃるとおりの傾向が出ているような気がしますね。とても参考になりました。“春の阪神は末脚力!”というキャッチで競馬雑誌の特集がひとつ組めるんじゃないでしょうか(笑)。今週の予想からさっそく応用させていただきます。

栗山さんのニックスがたくさん載っている本てどれなんでしょうか?負けないPOG入門は購入済みですが、他に何か無いですかね?競馬王のPOG本と赤本はどうなんでしょうか?
競馬王のバックナンバーでもいいのがあれば教えて欲しいのですが・・

プニプニヨークンばかりですみません。

今日、現場仕事が早じまいで、久しぶりに園田に行ってきました。
8レース、B1特別にヨークン登場。圧倒的一番人気でした。レースは1700㍍、スタートから押して押してハナ叩き、絡んで来る番手馬を振り切りゴール。
競馬キンキ売ってるお父さんによると
『強い!』
一言でした。

馬券はいつもの如く絞りすぎて完敗でしたが、

いやぁ、やっぱり逃げ馬はいいですね!爽快でした。ゆくゆくは重賞でもやれそうです。
また追っかけます。

>馬好き様

わざわざ本を買っていただきありがとうございます。結論から申しますとニックスをまとめたものはありません(笑)。ブログや各種雑誌に断片的に書き散らしてそのままになっています。『競馬王のPOG本』にしても『赤本』にしても、それなりに配合のことを記してはいますが、体系的にまとまったものではありませんね。『競馬王』で以前「栗山ニックス」というコーナーがありましたが、内容が古いのでオススメはできません。いずれ何らかの形でまとめたいとは思っています。

>ダンディ“ゲッツ”さっさん様

目が肥えた新聞販売のお父さんが「強い!」というなら信用できそうですね~。今回はB1で、上のクラスはA2、A1だけですか。このあたりになると社台系種牡馬の良血馬も増えてきますから大変だとは思いますが、プニプニヨークンの勢いもかなりのものなので、さてどうなりますか。重賞に挑戦する日がくるのが楽しみです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!