2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« ステイゴールドと Nijinsky は好相性 | メイン | フロックではないダノンミル »

2011年3月24日 (木)

次走は疑問も素質高いフルアクセル

■日曜阪神3Rの3歳未勝利戦(芝1600m)は、出遅れて後方追走となったフルアクセル(7番人気)が直線で豪快に抜け出しました。上がり3ハロンは33秒9。アグネスタキオン産駒らしい切れ味でした。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008102748/

母アクセラレイションはコリーダ賞(仏G3・芝2100m)の勝ち馬。繁殖牝馬としてはこれといった産駒を出していません。ドイツ血統で構成されているのがセールスポイントです。母の父 Acatenango は3年連続で独年度代表馬に輝いた名馬で、種牡馬としてもドイツで5回リーディングサイアーとなりました。ジャパンC(G1)を勝った Lando の父でもあります。

昨年4月22日のエントリー「勢力を拡大するドイツ血統」で以下のように述べました。

「現代における最も重要なドイツ血統は、1974年に誕生した Surumu でしょう。『スタミナはあるが重く、道悪が上手でスピードに乏しい』といった旧来のイメージから脱した、現代性を帯びたドイツ血統です。スピードがあり、堅い馬場も苦にしません。Surumu の2代母 Suncourt はテスコボーイの母でもあります。」
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/04/post-5cf1.html

Acatenango の父は Surumu です。

ドイツ血統を持つアグネスタキオン産駒はこれまで数頭おり、アドマイヤオーラ(ブエナビスタの半兄)が弥生賞(G2)と京都金杯(G3)を勝ちました。本馬はそれに次ぐ活躍馬となるかもしれません。

2代母 Whirlwind が持つ Tom Rolfe 4×3がいいですね。アグネスタキオン産駒はやや線の細いところがあるので、そうした弱点を補う Ribot 系の血は合います。ダービー馬ディープスカイも母方に Ribot 系が入っています。

出遅れて後方追走、というレースぶりには改善の余地があります。今回のような派手な勝ちっぷりは、次走人気を押し上げる要因となりますが、昇級戦で出遅れが直る保障はありません。高い素質は認めつつ馬券的には嫌ってみたいところではあります。

■日曜阪神6Rの新馬戦(ダ1800m)は、中団から徐々にポジションを押し上げた◎トーセンウィーク(4番人気)が終始外を回りながらねじ伏せました。
http://www.youtube.com/watch?v=rgmck31SD04

『ブラッドバイアス・血統馬券プロジェクト』に提供した予想は◎△で馬単3660円的中。予想文を転載します。

「◎トーセンウィークは『フジキセキ×デピュティミニスター』という組み合わせ。全兄にダート王カネヒキリがいる。フジキセキ産駒のダートホースのモデルケースともいえる好配合馬。超大型馬なので使ってからの可能性もあるが、素質に賭けてみたい。」
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008103356/

フジキセキ産駒は大雑把にいって Mr.Prospector や Princely Gift を持つものが走る傾向が見られます。カネヒキリとその全弟トーセンウィークは、この基本ラインを押さえつつ、ダート血統として定評のある Deputy Minister を入れています。シンプルで力強いですね。稽古はイマイチでしたが実戦で強さを見せました。血の力でしょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/26194219

次走は疑問も素質高いフルアクセルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!