2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« マカニビスティー敗れる | メイン | 山野浩一「血統理念のルネッサンス」 »

2010年4月22日 (木)

勢力を拡大するドイツ血統

皐月賞2着のヒルノダムール、3着のエイシンフラッシュにはドイツ血統が含まれています。ヨーロッパにおけるドイツ血統は、ブームを超えてすでに定着した感がありますが、日本ではマンハッタンカフェとビワハイジが両輪となってこれから勢力を増していきそうです。3歳世代にはほかに、リリエンタール(水仙賞)やミッションモード(葉牡丹賞)といったドイツ血統の影響を受けた外国産馬が活躍中。今後、ドイツ血統の導入は確実に増加していくはずです。

日本におけるドイツ血統といえば、昔はホッカイダイヤとスタイヴァザントが代表的存在で、前者はホッカイペガサス(ダイヤモンドS、ステイヤーズS)を、後者はブラウンビートル(新潟記念)を出しましたが、いずれも種牡馬として成功したとはいえません。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a000bee/
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a000cea/

初期のジャパンCには、パゲーノ、トンボス、カイザーシュテルンといった西ドイツ代表馬が参戦したものの、いずれも見せ場なく後方に敗れています。
http://www.pedigreequery.com/pageno
http://www.pedigreequery.com/tombos
http://www.pedigreequery.com/kaiserstern

こうした状況があったため、当時、ドイツ血統に抱いていたイメージは、「スタミナはあるが重く、道悪が上手でスピードに乏しい」というものでした。この見立ては間違ってはいなかったと思います。エイシンフラッシュが皐月賞で3着に突っ込んできたのは、渋り気味の馬場状態の恩恵を受けた部分もあったでしょう。

ただ、ドイツ血統の特徴がそれだけでしかないなら、現在のような世界的な成功はありえません。ドイツ型馬産とは、ひと言でいえば牝系を重視した系統繁殖です。閉鎖的な環境で似たような血を重ねた結果、ほかのどの国とも違った独自のサラブレッドが育まれました。主流血統とは無縁の異質な血が凝縮されているため、どんな血統とも和合性があり、新鮮な活力をもたらすというメリットがあります。

主要競馬国の血統は、昔の時代に比べてクロスオーバー化が進み、国ごとの個性といったものが消失しつつあります。そうした時代にあって、ドイツ型馬産によって育まれた血統が、貴重な異系――つまりは活力源――として引っ張りだこになるのは自然な成り行きです。サドラーズウェルズと結びつけばその味を引き立て、サンデーサイレンスと結びつけばその味を引き立てます。そうした万能調味料のような役割を果たしてるからこそ、ドイツ血統は世界的な成功を収めているのではないかと思います。

現代における最も重要なドイツ血統は、1974年に誕生した Surumu でしょう。「スタミナはあるが重く、道悪が上手でスピードに乏しい」といった旧来のイメージから脱した、現代性を帯びたドイツ血統です。スピードがあり、堅い馬場も苦にしません。Surumu の2代母 Suncourt はテスコボーイの母でもあります。Monsun は、母の父にSurumu があってこそ世界的な成功を収めることができたのだと思います。
http://www.pedigreequery.com/monsun

ドイツ血統については、『栗山求 Official Website』の「Works」に収められた「ドイツ・ダービーの父系」をご参照ください。エイシンフラッシュの母の父 Platini についても触れています。
http://www.miesque.com/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/23947970

勢力を拡大するドイツ血統を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!