2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« ハンソデバンドがOP特別勝ち | メイン | 馬事文化賞 »

2010年1月 7日 (木)

千島俊司「ジョッキーの血」

久しぶりに『週刊Gallop』を買ってみたところ、「ジョッキーの血」という連載がありました。作者の千島俊司さんは、1970年代に道営競馬の天才ジョッキーとして名を馳せた故千島武司さんのご子息。

千島俊司さんは以前、父武司さんを題材とした作品で「Gallopエッセー大賞」を受賞されました。そのテーマをさらに深く掘り下げた作品のようです。

故千島武司さんは、道営競馬で年間130勝の新記録(当時)を樹立するなど、72年から77年までの6年間に5回リーディングジョッキーに輝きました。ミスダイリンとのコンビで大井競馬場の全日本アラブ大賞典をレコード勝ちした記録もあります。77年の暮れ、1歳馬の馴致調教中に馬に蹴られるアクシデントにより死去。25歳の若さでした。

7年前に『競馬最強の法則』で「埋もれた地方の天才たち」という文章を書いたとき、故千島武司さんについて触れたことがありました。ただ、当時の資料から再構成したものだったので、通り一遍の内容でしかありません。

千島俊司さんの作品は、まさに当事者の生々しい記録なので興味が尽きません。70~80年代の道営競馬の空気がありありと浮かんできます。連載11回目の今回は、最近読んだ競馬に関する文章のなかで群を抜いて素晴らしいと思いました。この続きを読むために来週も『週刊Gallop』を買うでしょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/22843421

千島俊司「ジョッキーの血」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!