2023年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 各国別のサイアーランキングを見て | メイン | アグネスタキオン×ホワイトマズル »

2010年1月23日 (土)

若駒Sはヒルノダムール快勝

若駒Sは毎年のように切れ味勝負となるのですが、ラスト2ハロンの11秒1-11秒0は歴代でみてもズバ抜けて速いラップです。ここで馬群から抜け出した1、2着馬は完全に力が上でした。2分02秒0の勝ちタイムは05年の2分00秒8(ディープインパクト)、91年の2分01秒4(トウカイテイオー)に次ぐレース史上3番目の好時計です。

『web競馬王』に出した予想は、◎ヒルノダムール、○ルーラーシップ、▲エクセルサスで完全的中。予想文を転載します。

「◎ヒルノダムールは『マンハッタンカフェ×ラムタラ』という組み合わせ。母系にブラッシンググルームを持つマンハッタンカフェ産駒は成功しており、サンディエゴシチー、メイショウレガーロ、メイショウクオリア、ココナッツパンチ、オリエンタルロック、ベストメンバーなど多数の活躍馬が出ている。母が持つニジンスキー≒ザミンストレル2×3という4分の3同血クロスは、これらの血がブラッシンググルームとニックスの関係にあるので、マンハッタンカフェとブラッシンググルームの関係を強化するものとして好感が持てる。母の父ラムタラは、ノーザンダンサー2×4、フレーミングページ≒スプリングラン2×4など、現代の主流血統が色濃く流れているので、父マンハッタンカフェが母系に抱える異系の血とフィットするだろう。配合レベルは高い。ちなみに、先日のシンザン記念(G3)を勝ったガルボ(父マンハッタンカフェ)は、母系にニジンスキー≒ファーノース(ザミンストレルの全兄)3×3を持っているので、ヒルノダムールと血統構成の骨格がきわめてよく似ている。こうした点からもヒルノダムールの配合レベルの高さは裏付けられる。前走のラジオNIKKEI杯2歳S(G3)は、ハイレベルなメンバー構成のなかで差しづらい展開を差して4着。新馬戦を勝ったばかりの馬よりも信頼できる。」

http://db.netkeiba.com/horse/ped/2007100727/

ヒルノダムールとガルボの配合の共通性については、1月11日のエントリーで触れたとおりです。今回はスタートでミスをしなかったこと、少頭数で馬群がさばきやすかったことが勝因です。皐月賞トライアルや本番では今回のような少頭数は望めません。後ろから行く以上、展開頼みになるのは避けられませんし、外を回せばラジオNIKKEI杯2歳Sのようなレースになる危険性があります。そこをどうやって切り抜けるか、藤田騎手の腕が問われるところです。能力自体は世代トップと遜色ないレベルだと思います。

ルーラーシップは直線で進路を立て直す不利が痛かったですね。ただ、それ以前に馬に力みがあり、勝負どころでモタつくシーンもありました。一言でいえば経験不足です。負けるべくして負けたといえるでしょう。こうした点はキャリアを重ねるうちに解消してくるはずです。追い出されてからの豪快なフットワークはさすがといえるもので、やはり並の馬ではありません。馬が完成したときの到達点は高いと思います。コーナーの加速がイマイチなので、広くて直線の長いコースが合っているのではないでしょうか。問題は今後のローテーションです。まだ1勝馬だけにしっかり賞金を積み重ねていかないと皐月賞挑戦に黄信号が灯ります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/23070691

若駒Sはヒルノダムール快勝を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!