2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
くりやま もとむ Profile
大学在学中に競馬通信社入社。退社後、フリーライターとなり『競馬王』他で連載を抱える。緻密な血統分析に定評があり、とくに2・3歳戦ではその分析をもとにした予想で、無類の強さを発揮している。現在、週末予想と回顧コラムを「web競馬王」で公開中。渡邊隆オーナーの血統哲学を愛し、オーナーが所有したエルコンドルパサーの熱狂的ファンでもある。
栗山求 Official Website
http://www.miesque.com/

« 若駒Sはヒルノダムール快勝 | メイン | サンテミリオンに漂う大物感 »

2010年1月24日 (日)

アグネスタキオン×ホワイトマズル

1月21日のエントリーで採り上げたヴィクトリーマーチは、日曜京都6Rの新馬戦(芝1600m)を勝ち上がりました。着差はクビ。もう少し弾けても……という感じでしたが、池添騎手は「余裕を持ちすぎて内から来た馬に一瞬ヒヤッとしましたが、すぐに伸びてくれました」(ラジオNIKKEI)と語っており、まだ余力を残していたようです。

同じアグネスタキオン産駒で配合的に注目したいのは、日曜中山6Rの新馬戦(ダ1200m)を勝ち上がったハッピーダイアリーです。「アグネスタキオン×ホワイトマズル」は配合的におもしろいところがあります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2007102864/

まず、Halo≒Drone 3×5という定番のニックスが生じます。サンデー系とダンシングブレーヴ系の相性のよさはここに秘密があります。
http://www.pedigreequery.com/halo
http://www.pedigreequery.com/drone

ホワイトマズルは、父がダンシングブレーヴで、母の父 Ela-Mana-Mou はピットカーンの息子。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1990109700/

これは、リトルアマポーラ(エリザベス女王杯)の母リトルハーモニーとよく似ています。リトルハーモニーの父はダンシングブレーヴの息子コマンダーインチーフ、母の父はピットカーンの全弟ヴァリィフォージュです。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1995101613/

両者の血統を簡略化すると以下のようになります。構成がよく似ています。

        ┌ダンシングブレーヴ ┌ Petingo
ホワイトマズル―┤   ┌ピットカーン┤
        │ ┌○┘      └ Border Bounty
        └○┘ 

          ┌ダンシングブレーヴ
        ┌○┘         ┌ Petingo
リトルハーモニー┤ ┌ヴァリィフォージュ┤
        └○┘         └ Border Bounty

アグネスタキオンとリトルハーモニーの間にリトルアマポーラが誕生したのなら、リトルハーモニーとよく似た血統構成のホワイトマズルもアグネスタキオンと好相性を示すのでは? と想像することができます。

アグネスタキオンとリトルハーモニーの組み合わせが成功した理由のひとつは、前者に含まれるリマンドと、後者に含まれるヴァリィフォージュの関係にあるのではないかと思います。両者とも3代以内に Alycidon、Fair Trial、Chanteur を持っており、血統的にきわめて近い関係にあります。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a0002ae/ リマンド
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a0004e5/ ヴァリィフォージュ

           ┌ Alycidon
         ┌○┘
リマンド―――――┤   ┌ Fair Trial
         │ ┌○┘
         └○┤ ┌ Chanteur
           └○┘

             ┌ Fair Trial
           ┌○┘
         ┌○┤ ┌ Alycidon
ヴァリィフォージュ┤ └○┘
(=ピットカーン)└○┐ ┌ Chanteur
           └○┘

前述のとおり、ホワイトマズルにはヴァリィフォージュの全兄ピットカーンが含まれています。したがって、リマンドとヴァリィフォージュの組み合わせでリトルアマポーラが誕生したように、リマンドとピットカーンの組み合わせが生じる「アグネスタキオン×ホワイトマズル」にも期待できるわけです。

もうひとつ、アグネスタキオンの母の父ロイヤルスキーと、ホワイトマズルの2代母 Autocratic が似ていることも見逃せません。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a0003c6/ ロイヤルスキー
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a00977d/ Autocratic

          ┌ Bold Ruler
        ┌○┤ ┌ My Babu
ロイヤルスキー―┤ └○┘
        │ ┌○┐
        └○┘ └○┐
              └ Lea Lark

          ┌ Bold Ruler
        ┌○┤ ┌ My Babu
Autocratic―――┤ └○┘
        └○┐
          └○┐
            └ Lea Lark

つまり、「アグネスタキオン×ホワイトマズル」の組み合わせには、Halo≒Drone 3×5、リマンド≒ピットカーン4×5、ロイヤルスキー≒Autocratic 3×4という鍵が潜んでいるわけです。過去にこの配合馬は2頭しかデビューしていません。そのうちの1頭、エミーズスマイルはアネモネS(OP)を勝ちました。もう1頭、シュガーヴァインはフィリーズレビュー(G2)6着、クイーンC(G3)6着という成績を残したほか、準OPまで出世しました。ニックスと呼んでも違和感のない成績ではないでしょうか。

今回、新馬戦を勝ち上がったハッピーダイアリーは、「アグネスタキオン×ホワイトマズル」の組み合わせから誕生した3頭目の競走馬です。血統的にはダート短距離馬という雰囲気はありませんが、「フットワークが硬い」(横山典弘騎手)とのことでダートにも適性があるようです。『web競馬王』に出した予想ではもちろん◎を打ちました。◎▲で馬単8970円的中です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/427673/23079071

アグネスタキオン×ホワイトマズルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

競馬王 2011年11月号
『競馬王11月号』の特集は「この秋、WIN5を複数回当てる」。開始から既にWIN5を3回的中させている松代和也氏の「少点数に絞る極意」、Mr. WIN5の伊吹雅也氏が、気になる疑問を最強データとともに解析する「WIN5 今秋の狙い方」、穴馬選定に困った時のリーサルウェポン、棟広良隆氏&六本木一彦氏の「WIN5は『穴馬名鑑』に乗れ!」、オッズから勝ち馬を導き出す柏手重宝氏の「1億の波動(ワオ!)」、亀谷敬正氏&藤代三郎氏が上位人気の取捨を極める「迷い続ける馬券術」、夏競馬期間中WIN5を6戦3勝している秘訣を探る「赤木一騎の次なる作戦」など、この秋、一度ならず二度、三度とWIN5を的中させるための術が凝縮されています!! また「大穴の騎手心理」では、世界を股にかけるトップジョッキー・蛯名正義騎手をゲストにお迎えしました。その他、今井雅宏氏の「新指数・ハイラップ指数大解剖」や、久保和功氏の「京大式・推定3ハロン」など、盛り沢山の内容となっています!!